モバゲーオープンプラットフォームに挑戦!――面白法人カヤック流モバゲーオープンプラットフォーム企画と開発のイロハ

第5回 モバイルアプリでPvPに挑戦!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,1月27日にリリースしたモバイルアームズについてご紹介したいと思います。

モバイルアームズ

「RPG」カテゴリー
URLhttp://pf.mbga.jp/12000039/

画像

モバイルアームズとは?

モバイルアームズは,ジャンルとしては近未来を描いたSFゲームになります。将来資源が枯渇するであろう地球で生き延びていくために,システム開発会社サイバーインフィニティが開発したバーチャル空間「アナザーグラウンド」を舞台としています。

バーチャル空間に入るためには,サイバーアンドロイドと呼ばれる義体に意識を転送します(これがゲームのスタートとなります)⁠アナザーグラウンドは現実世界を模倣したパラレルワールドであり,時間,場所を問わずいつでもアクセスできる世界です。

しかし,そのバーチャル空間の開発途中で起きたエラーはいろいろなバグを生み出しました。このことが発端になり,アナザーグラウンドでは2つの軍ができあがり内紛が起こりました。主人公のプレイヤーはバグと戦い,内紛を治めることをミッションに戦っていきます。

これがモバイルアームズ内のストーリー設定です。

図1 モバイルアームズのイメージ1

図1 モバイルアームズのイメージ1

図2 モバイルアームズのイメージ2

図2 モバイルアームズのイメージ2

図3 モバイルアームズのイメージ3

図3 モバイルアームズのイメージ3

モバイルアプリで『PvP』に挑戦!

モバイルアームズの醍醐味は『PvPコンテンツ』です。PvPとは,Person Versus Personの略称でプレイヤー対プレイヤーの対戦ゲームのことを言います。1対1の対戦や集団対集団の対戦もあります。1対1でユーザー同士が協力したり対戦するようなアプリはこれまでにもありますが,集団対集団で対戦するPvPはモバイルアプリではまだメジャーとは言えません。また,モバイルではオンラインゲームと同じPvPの仕組みを実装することはできませんでした。なぜなら,オンラインゲームでは,集団対戦の場合同じ画面にグラフィカルに見えるので,チームでゲームを行っている感覚がつかみやすいのですが,モバイルサービスの場合このような視覚的な演出ができなかったからです。

そこで,誰かと一緒にやってる感覚を演出するために,次に紹介するような,対戦ゲーム,領土制,地域戦争といった機能を開発し取り入れています。

戦いに勝つための前提条件。ステータスを上げる

まずスタート時に,対立関係にあるプロキス軍とハブリオン軍という2つの軍のどちらかに加わることを,プレイヤーに義務づけています。そして対戦し勝っていくことをゲーム攻略の中心コンセプトに据えています。これにより,プレイヤーはゲームに勝つためのアクションを起こす必要があります。

まず,プレイヤーのステータスアップです。プレイヤーの初期のステータスは弱いので,レベルを上げることが必要条件となりますが,そのためには,バグと呼ぶモンスターを倒し経験値を獲得します。バグとの対戦はflashのミニゲームを行います。バグを倒すとMAGというゲーム内の通貨を獲得することができMAGで武器や防具を揃えることができます。それによってステータスが徐々にあがっていきます。

図4 戦闘シーンへ

図4 戦闘シーンへ

図5 戦闘中のイメージ

図5 戦闘中のイメージ

著者プロフィール

松尾憲(まつおけん)

面白法人カヤック ディレクター。

慶應義塾大学総合政策学部を卒業後,証券会社を経て,2005年面白法人カヤックに入社。学習型広告マッチングシステム「CMキング」,携帯サービス「ポケットフレンズ コンチ」など,Webサイト,ブログパーツ,モバイルといったさまざまなプラットフォームにおけるサービスの企画開発のディレクションを担当する。現在はソーシャルアプリのチームに所属。

http://www.kayac.com/member/matsuo

コメント

コメントの記入