キーパーソンが見るWeb業界

第6回 「アクセシビリティ」とは?(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は「アクセシビリティ」をテーマにお話しいただきました。

昨年12月に,W3CのWCAG(Web Content Accessibility Guidelines)2.0が勧告され,国内では今年JIS X 8341-3が改正される予定です。

こういった動きとともに,Webサイトのアクセシビリティというものに改めて注目が集まっています。

今回,NPO法人しゃらくにてさまざまな活動を行っている小嶋新氏をゲストに迎え,Webアクセシビリティについて語っていただきました。

小嶋 新(KOJIMA Arata)
特定非営利活動法人しゃらく,ITサポート担当

野村證券株式会社を経て,2006年特定非営利活動法人しゃらくの設立に参画する。NPO法人などを中心にWebサイトの制作・運営に従事する一方,Web標準やアクセシビリティの情報発信も積極的に行っている。

森田 雄(MORITA Yuu)
株式会社ビジネス・アーキテクツ取締役,Quality Improvement Director

東芝EMI,マイクロソフトなどを経て,ビジネス・アーキテクツの設立に参画,2005年より取締役。XHTMLやCSSなどのフロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。 CG-ARTS協会委員。文部科学省ホームページリニューアルアドバイザー委員。広告電通賞審議会選考委員。著書(共著)『Webデザイン -コミュニケーションデザインの実践-』など。

阿部淳也(Abe Junya)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカにて電装部品のユーザインターフェース設計を8年間手がけた後,IT事業部異動。約4年間Webデザイン,Flashオーサリングなどを手がけるとともに,営業支援システムや化学物質管理システムなどのテクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmo Interactive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサ,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にワンパクとして独立。

長谷川敦士(HASEGAWA Atsushi, Ph.D)
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科修了。ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年に株式会社コンセントを設立。インフォメーションアーキテクトとして大規模サイトの設計やプロデュースに携わるかたわら,人間中心設計推進機構(HCD-Net)理事を務めるなど,IA(情報アーキテクチャ)研究や啓蒙活動を牽引している。

しゃらくの活動

――はじめに,今回のゲストである小嶋氏が所属する「特定非営利活動(NPO)法人しゃらく」について,どのようなコンセプトでどういう活動をしているかお話しいただきました。

小嶋氏:私はNPO法人しゃらくという組織に所属しています。しゃらくは,ゆとりあるライフスタイルを提案し,心のバリアフリーを推進するという理念のもと,シルバー層,シニア層と呼ばれる年輩の方を対象に,しゃらく旅倶楽部という旅行のサポートやいきがい.ccという兵庫県を中心とした地域SNSの運営などを行っています。

その中で,ホームページ制作などを通じて,シニアの方にもフレンドリーなWebサイト制作,運用を行っています。そこで,アクセシビリティに関しても積極的に取り組んでいます。

画像

コメント

コメントの記入