キーパーソンが見るWeb業界

第12回 ライフスタイルの中でのクリエイティブとプロセスにおけるツールの役割

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

画像

Flashをはじめさまざまなテクノロジーとともにユーザへリッチな体験を提供し続けるアドビ システムズ 株式会社(以下Adobe)は2010年4月に,次世代クリエイティブツールAdobe Creative Suite 5ファミリーを発表しました。

今回,アドビ システムズ 株式会社クリエイティブソリューション部Webグループフィールドマーケティングマネージャー西村真里子氏をゲストに迎えレギュラーメンバーの二人とともに,これからのクリエイティブの価値,そのために必要なツールの役割について熱く語っていただきました。

今回,レギュラーメンバーの1人,長谷川敦士氏はIA Summit 2010参加により欠席となります。

長谷川氏からのコメントは記事最後に!

西村 真里子(にしむら まりこ)
アドビ システムズ 株式会社クリエイティブソリューション部 Webグループフィールドマーケティングマネージャー

2005年マクロメディアにStudio 8プロダクトマネージャーとして入社。アドビ統合後はWeb Premium(Flash,Dreamweaver)マーケティング担当に。

愛するもの:人,技術,美術,宴会。

阿部 淳也(あべ じゅんや)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカにて電装部品のユーザインターフェース設計を8年間手がけた後,IT事業部異動。約4年間Webデザイン,Flashオーサリングなどを手がけるとともに,営業支援システムや化学物質管理システムなどのテクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmo Interactive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサ,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にワンパクとして独立。

森田 雄(もりた ゆう)
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年8月同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月よりめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。広告電通賞審議会選考委員。米IAInstitute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。Webby Awards,New YorkFestivals,WebAwards,アックゼロヨン・アワード グランプリおよび内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

Flashという一分野が築き上げられた

西村:私は,アドビ システムズ株式会社にてクリエイティブソリューション部でDreamweaver,Flash ProfessionalなどのWeb製品のフィールドマーケティングマネージャーをしております。さらにFlash PlayerやFlash BuilderをはじめとするFlash PlatformおよびAdobeのマルチプラットフォームの広がりのための訴求活動を担当しています。

森田:僕も自己紹介を改めてしますね。5月から株式会社ツルカメという,社会のデバイド解決を目指すデザイン会社を立ち上げました。読書家じゃなくなっちゃうのですけど,今後ともよろしくお願いします。

さて本題ですが,今,西村さんがおっしゃったようにマルチプラットフォームという観点でいうと,組込みFlashなども,以前からありますけど,市場的には新しい分野ともいえますね。

阿部:たとえば,最近はさまざまなデバイスや自動販売機などのハードウェア上でも採用されていますし,Flashが活躍できるフィールドが大きくなってきました。

森田:自販機でも,たとえば位置情報と絡めたりユーザが出した情報を使ったレコメンドまでやってくれるようになるとおもしろいですよね。

阿部:技術的に言えばすでに可能で,そういうことがやりやすくなってきました。また,案件としても増えてきているように思います。

元々,Flashはアニメーションツールという位置付けでしたが,それから⁠Flash職人⁠と呼ばれるような人が出てきて,たくさんのクリエイティブが生まれました。結果として,たとえば⁠Flashエンジニア⁠⁠Flasher⁠というように,1つの職種という認識が生まれたことが凄いと思っています。

森田:呼び名に関しては英語的な響きがちょっとあれなところもありますけど,たしかにインタラクションデザイナーではなくてFlashデザイナーなどと呼ばれるようになりましたよね。

阿部:実際問題として,名刺の肩書きにFlashという特定の製品を付けるのが良いかどうかという議論はあるとしても,製品名を名刺に付ける流れというか文化が生まれたわけです。その要因が,実際にFlashを扱う人たちの積み上げがあったからで,当時のMacromediaの押しつけではなかったことが驚嘆に値します。とくにFlashに関してはユーザグループの誕生も早かったのではないでしょうか。

西村:ベンダの立場としても,ユーザサイドから自発的に生まれたことが非常に大きかったと思っています。そして,ユーザの皆さんがインターネットで繋がって拡大していったことが,今のFlashという技術の発展と利用範囲の広がりを生みだしたと感じています。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入