キーパーソンが見るWeb業界

第15回 インタラクションデザインとWebの概念

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

画像

今回は株式会社アクシス岡村祐介氏をゲストにお迎えし,インタラクションデザインとデザインプロセスの観点から見たWebというテーマから,レギュラーメンバーの3人とともにデバイスとWebの概念について語って頂きました。

岡村 祐介(おかむら ゆうすけ)
株式会社アクシス インタラクションデザイングループ マネージャー

株式会社アクシス インタラクションデザイングループ マネージャー 1996年慶應義塾大学大学院政策メディア研究科卒業。同年株式会社アクシスに入社。約4年間Webサイトのシステム開発を経験し,その後,Webサイトの企画,ディレクションを担当。2006年に現在のインタラクションデザインチームの前進となるデザインプランニングチームを設立。現在は,インタラクションデザインチームのマネージャーとして,携帯電話や情報端末等を中心にUIデザイン,サービス企画や研究開発を行っている。東京インタラ クティブ・アド・アワード銅賞,アックゼロン・アワードグランプリおよび総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。

阿部 淳也(あべ じゅんや)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカで車内のユーザインターフェース設計を約7年間手がけた後,IT部門で約4年間Webデザイン,Flash,CG制作とともに,テクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmoInteractive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサー,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にクリエイティブプロダクション「ワンパク(1PAC.INC.)」を設立し独立。「インターネットとリアルな世界を融合させ相乗効果を生むコミュニケーションをつくる」を合い言葉に,さまざまなクリエイティビティあふれるHOTな作品をリリースし続けている。

長谷川 敦士(はせがわ あつし)
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(Ph.D)。ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年株式会社コンセントを設立。情報アーキテクチャの観点からWebサイト,情報端末の設計など幅広く活動を行っている。著書に『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』,監訳に『デザイニング・ウェブナビゲーション』などがある。武蔵野美術大学非常勤講師。情報アーキテクチャアソシエーション(IAAJ)主宰。NPO法人人間中心設計推進機構(HCDNet)理事,米Information Architecture Institute,ACM SIGCHI,日本デザイン学会会員。株式会社AZホールディングス取締役。

森田 雄(もりた ゆう)
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年8月同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月よりめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。広告電通賞審議会選考委員。米IAInstitute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。Webby Awards,NewYorkFestivals,WebAwards,アックゼロヨン・アワード グランプリおよび内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

AXISのインタラクションデザインへの取り組み

岡村:アクシス(AXIS)という会社は大きく3つの業務領域に分かれています。1つ目はコンシューマ向けの領域で,具体的にはショップやギャラリーです。2つ目はプロフェッショナル向けで,現在刊行している雑誌『AXIS』や商用フォントなど,3つ目が,私が属しているデザインコンサルティングの領域になります。

さらに,デザインコンサルティングの中に3つのグループがあります。グラフィック・Webデザイン,インタラクション・プロダクトデザイン,スペースデザインの3つです。私はインタラクションデザイングループに所属していて,リサーチャー,プランナー,デザイナー,エンジニアで構成される6名のチームになっています。これまでの実績としては,本誌でも取材していただいたモリサワさんのコーポレートサイト制作などがあります。

他に,Hiromura DesignOfficeのサイト,GzGEARや,Touch Sessionという民族楽器のケータイアプリなどの実績があります。

森田:AXISでは何か成果物をつくるとき,運用までは行わないんですか?

岡村:インタラクションデザイングループでは,1つのクライアントと業務は継続しますが,プロジェクトは最終アウトプットを納品して終わるケースが多いです。組込み系のGUIなどでは,Webと比べて品質管理・品質評価が非常に厳しく,製品として出荷するタイミングが明確です。継続的に運用し改善していくWebの流れとはずいぶん違う側面もあると思います。

Webとインタラクションの違い

森田:組織で気になったところとして,Webデザイングループとインタラクションデザイングループの違いは何ですか?

岡村:スタッフは,どちらのチームでも活躍できる能力を持つ人が多いですが,Webデザイングループは,PC上で完結するようなWebを得意とし,インタラクションはセンサーなどさまざまな入出力を使うようなものを得意としています。

阿部:そうすると案件によってWebだけで閉じない場合は,グループが横断的に組むケースもありますか?

岡村:そういうケースを積極的に作ろうとしています。たとえば,新しいネット上のサービスを検討してほしい,というような先行開発の依頼では,プロダクトとインタラクションの横断的なプロジェクトとし,利用経験全体を考えられるようにします。

長谷川:それはつまり,最終納品物とプロトタイプというイメージで分けることができますか?グラフィックやWebデザインは「最終納品物」という形で納品し,インタラクションデザインは「プロトタイプ」という形で納品する,という分け方です。ちなみに,コンセントはそういう切り分け方をしています。

岡村:たしかに。インタラクションデザインは,Webデザインと比べると,製品化前提のものだけでなく,プロトタイプという形で,メーカやデザインセンターとの先行開発の仕事が多いです。具体的な数字は出せませんが,ビジネスサイズとしても,比率は大きくなっています。

プロトタイプの意味

阿部:Webだけをやっている人はUI設計に対しての意識が低い場合も見られるのですが,インタラクションやプロダクトデザインの分野ではUI設計をきちんとする人は多いですか?

岡村:多いと思いますが,デザイン視点を持った設計者はまだ少ないかもしれません。逆に,これからはWeb制作の経験の中で,培ったデザイン視点をきちんと持った人たちが,製品UIを設計する機会が訪れると思います。そうすると,今までにはない新しいデザインが増えてくるのではないでしょうか。

森田:阿部さんが指摘した点はわかりますね。つまり,Webデザインをする人の中にテンプレートを利用してそれでOKという人たちが増えてきてしまって,UIを設計するという意識が抜けてしまっているのです。

阿部:それもあります。そして,そもそもWebデザインの場合,プロトタイプという考え方がなくて,成果物=納品物というパターンになりがちですよね。プロダクトデザインのように,プロトタイプという形で,試して何かつくるという発想がほとんどありません。

森田:Webデザインでそうなっている理由の1つは,とくに僕たちのように黎明期からWebデザインに関わっている人間の場合,前例がないために仕事自体がプロトタイプという状況だからでしょう。その仕事自体が試している部分も多くて。そして,今のWebデザインでは,受発注というビジネスモデルなので,試す以前にオーダーが入らないと何もできないという状況はあります。

長谷川:また,プロトタイプと一口に言っても,プロトタイプには2種類あって,1つはリサーチのためのプロトタイプ,1つは現実のためのプロトタイプです。これに当てはめると,Webは現実のためのプロトタイプと言うことができるかもしれません。つまり,極端な例で言えば2つの(プロトタイプに相当する)パターンをつくり,それを選ぶというプロセスです。ある企業の公募では,ノンデザイナーデザインという手法を使っていて,これは,いくつかの成果物から,効果のあるものだけを残していくというものです。

ただ,この考え方はプロダクトデザインでは難しいですね。一度できあがったものを変えるのが難しいからです。これは,先ほど岡村さんもおっしゃっていったように,PL法などの基準,品質担保,安全性の確保といった理由が挙げられます。デザインや開発に対して神経質だとも言えます。

森田:逆の見方をすれば,Webはつねにプロトタイプなのかもしれませんね。というのも,Webは直しやすいメディアだからこそ,プロトタイピングにコストをかけず,いったん成果物として出してしまいます。そして,何かあったときに修正を加えていけます。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入