キーパーソンが見るWeb業界

第16回 ソーシャルメディアの次の展開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

画像

今回は株式会社グランドベースにてディレクターとして,デザインポータルサイトCBCNETやデザインカンファレンスAPMTを担当する栗田洋介氏をゲストにお迎えし,2010年のWebの振り返りと2011年の展望について,レギュラーメンバーの3人と語っていただきました。

栗田洋介(くりた ようすけ)
株式会社グランドベース ディレクター

1981年生まれ。GrandbaseInc代表。デザインポータルサイト「CBCNET」やデザインカンファレンス「APMT」の企画・運営を行なう。またそうした活動から,デザインプロジェクトのディレクションやアーティストのコーディネーションなども広く手がけている。

阿部 淳也(あべ じゅんや)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカで車内のユーザインターフェース設計を約7年間手がけた後,IT部門で約4年間Webデザイン,Flash,CG制作とともに,テクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmoInteractive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサー,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にクリエイティブプロダクション「ワンパク(1PAC.INC.)⁠を設立し独立。⁠インターネットとリアルな世界を融合させ相乗効果を生むコミュニケーションをつくる」を合い言葉に,さまざまなクリエイティビティあふれるHOTな作品をリリースし続けている。

長谷川 敦士(はせがわ あつし)
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(Ph.D)⁠ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年株式会社コンセントを設立。情報アーキテクチャの観点からWebサイト,情報端末の設計など幅広く活動を行っている。著書に『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』⁠監訳に『デザイニング・ウェブナビゲーション』などがある。武蔵野美術大学非常勤講師。情報アーキテクチャアソシエーション(IAAJ)主宰。NPO法人人間中心設計推進機構(HCDNet)理事,米Information Architecture Institute,ACM SIGCHI,日本デザイン学会会員。株式会社AZホールディングス取締役。

森田 雄(もりた ゆう)
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年8月同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月よりめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。広告電通賞審議会選考委員。米IAInstitute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。Webby Awards,NewYorkFestivals,WebAwards,アックゼロヨン・アワード グランプリおよび内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

Webデザインの第三世代

栗田:僕は1981年生まれの29歳です。デザイン系の学校を出て,2002年にポータルサイトCBCNETを立ち上げました。また,2005年からは,デザインカンファレンスのAPMTというのを開催するなど,WebからスタートしてWeb以外の領域まで横断的に取り組んでいます。

また,僕の所属するグランドベースというのは,制作事業が半分,メディア事業が半分という事業展開をしています。

皆さんと比較すると,僕はWebデザインの第三世代にいるのかなと思っていて,20歳当時,Webがちょうど伸びてきそうなところだったので,この分野なら新しいことができるんじゃないか,そう思って足を踏み入れました。また,デザイナーが発信できる時代でもあり,そこに魅力を感じていました。まだブログブーム,SNSブームなんて想像もできない時期でした。

CBCNETを立ち上げたのも,デザイナーの発信力に注目していたからで,メディアアートとか,既存の文脈で語られない,作り手目線で発信していくことを目指したんです。

さらに昔のWebデザイナーって,プログラミングからデザインまで何でもできる雰囲気があって,そこに注目してAPMTというリアルのイベントを開催しました。ちなみに,最近はそういうイベントが増えてきていたんで,2010年は開催しませんでした。

コメント

コメントの記入