CMSのポテンシャルを引き出す─MODxで作る商用サイト

第1回 オープンソースのCMSで本格商用サイトを作ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

gihyo.jpをこよなく愛する読者のみなさん,こんにちは。

2009年夏に連載が終了した「そろそろLDAPにしてみないか?」以来の登場となります,中満英生です。あれから長男が生まれ,人間として一歩成長した気がする今日この頃です。

さて,筆者のバックグラウンドとしてはLinux/Solarisなどのサーバサイドやインフラ部分の比重が大きいのですが,今回からはこれまでと少し趣向を変えた記事をお届けしたいと思います。

突然ですが,筆者の両親は熊本県の山鹿市というところで有限会社なかみつ園というお茶屋さんを経営しています。ちなみに,山鹿市は山鹿灯籠,山鹿温泉,スザンヌの出身地として有名です。

元々,お茶の製造,販売業をはじめたのは筆者の祖父なのですが,父がその後を継ぎ,現在では主に店舗やデパートで商品を販売しています。ここで,ありがちなパターンだとは思うのですが,父から「店頭販売だけでなくネットも活用したい」と頼まれ,筆者と妻で自サイトや楽天のページをメンテナンスしています。

こちらがなかみつ園のWebサイトです。ちょっと休憩ついでに眺めてみてください(筆者はWebデザイナーではありませんので,プロから見るとまだまだという点もあるかと思いますがご了承ください……)⁠

図1 なかみつ園のサイト

図1 なかみつ園のサイト

この時期はダイエット,冷え性対策として生姜紅茶や,花粉症対策としてべにふうきというお茶が大変売れています。べにふうきとは独立行政法人……あ,話が逸れてしまってすみません。

さて,お茶屋というと,一般的にインターネットやITと離れた業種であるため,同業種の商用サイトと比較すると少しはリッチなページに仕上がっていると思っているのですが,実は見えないところでITを駆使した作りになっています。

CMS使ってますか?

まだADSLやISDNすら存在しなかったあの頃,Webサイトを構築するとなると,代表的なパターンは次の2つでした。

  • メモ帳などのエディタを使って手作業でHTMLを書く
  • ホームページビルダーなどの作成ツールを使ってワープロ感覚で作成

いずれの方法でも,コンテンツをローカルで作成した後,FTPでアップロード。ページを更新する際にも同じ作業を行っていました。しかし,現在ではCMS(Contents Management System)という言葉が浸透し,ブログを筆頭として,多くのサイトでCMSが活用されています。一部の読者の皆さんも,⁠Movable Type」「XOOPS」などを使った経験があるのではないでしょうか?

CMSの魅力は,なんと言ってもお手軽さです。エディタでHTMLを書いてFTPでアップロード~という手順は初心者にとって大変な作業ですが,CMSを使用すれば,Webブラウザを使用するだけで記事を投稿,編集することができ,リアルタイムに内容を確認することができます。

CMSの種類

CMS自体は文字通りコンテンツを管理するためのシステムですので,この大きな枠の中にさまざまなカテゴリのソフトウェアが存在します。CMSの主なカテゴリは以下のようになります。

  • 一般サイト
  • ブログ
  • ポータルサイト
  • e-ラーニング(LMS)
  • SNS
  • ショッピングサイト

CMSは大きなもの,小さなもの,メンテナンスされていないもの,オープンソース,商用など諸々合わせると,数百種以上にも及びます。CMSの種類を細かく解説するだけでも簡単な連載が組めそうですので,それぞれの特徴については,皆さん自身で調べてみてください。

数多くのCMSの中でも,主にブログ用に愛用されており,皆さんも耳にしたことがあるであろう代表的なオープンソースCMSのひとつが「WordPress」です。筆者も愛用させてもらっていますが,ブログを書く上では非常に強力なツールです。しかしその一方で,一般的な商用サイトを作成するには不向きな部分が多々あります。(とは言っても,さいたまスーパーアリーナの公式サイトはWordPressで作成されているとのことで,カスタマイズ次第ではこのような商用サイトも構築可能です)⁠

MODx知ってますか?

今回から紹介するMODxもまたCMSの中のひとつですが,2006年ごろに,当時はまだ珍しかったAjaxを活用している,ということで話題になり,それまでNucleusというCMSを使用していた筆者もMODxに乗り換えました。

さらに時は流れ,MODxは数々の進化を遂げてきました。現在ではMODxには2つのバージョンが存在し,

  • バージョン1.x系: MODx Evolution(以降Evoとします)
  • バージョン2.x系: MODx Revolution(以降Revoとします)

という名前で区別され,両方が同時にメンテナンスされています。機能的な違いについては,オフィシャルサイトのFAQにもなっていますので,興味のある方はそちらを参照してみてください。

元々,Evoも強力な管理インターフェースを持っていたのですが,Revoはさらに強力なインターフェースを兼ね備えています。たとえば,オンラインでパッケージ管理ができたり,記事の表示順をドラッグアンドドロップで変更できたりと,便利な機能が満載です。

この話の流れから想像できると思いますが,冒頭で紹介した「なかみつ園」のWebサイトはRevoで構築されています。ちなみに,皆さんが現在ご覧になっている技術評論社のポータルサイト,gihyo.jpもMODx(Evo)で運用されているとのことです。

前置きが長くなりましたが,本連載では実際の商用サイトを例に挙げ,MODx Revoを活用して商用サイトを構築することを目標とします。

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入