CMSのポテンシャルを引き出す─MODxで作る商用サイト

第5回 スニペットとチャンクを制する者はMODxを制す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

待ちに待った大型連休が近づいて参りました。連休中にやることと言えば,家族サービス,そしてMODxを含む,オープンソースソフトウェアの検証です!

読者の皆さんの多くは,4/28にリリースされるUbuntu-11.04を心待ちにしていらっしゃるでしょうが,MODxのことも忘れないでくださいね。

もうすぐ母の日

ゴールデンウィークとともに,母の日も近づいてきました。感謝の気持ちを伝えるために,新茶をプレゼントしてみてはいかがでしょうか? なかみつ園では薫風という少し高級なお茶をご用意しておりますが,5月1日より新茶での提供が始まります。

備考欄に【母の日】と書いていただき,メッセージを添えていただければ,オリジナルラッピングとともにメッセージカードをお付けいたしますので,ぜひ検討してみてくださいね。

嬉しいニュースがありました

技術的な話に戻りますが,MODx Revolutionを導入するうえで,ひとつの障壁となっていたのが「CentOS-5.5におけるPHPはバージョンが低く要件を満たしていない」ということでした。そこで,本連載の第1回ではphp-5.2.xをtestingリポジトリ経由で導入し,ワークアラウンド的な対応を行っていました。

ところが,嬉しいことに最近リリースされたCentOS-5.6からは,php53というパッケージが標準リポジトリから導入できるようになりました。具体的には,CentOS-5.6上で

# yum -y install php53*

とすることで,php-5.3.3本体や関連モジュールをインストールすることができます。これまで,PHPの依存関連が原因で導入に踏み切れなかった方々は,ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

リッチテキストエディタ,TinyMCEの導入

これまで4回に分けてMODxの重要な機能を紹介してきましたが,CMSとして重要な機能をまだ紹介しきれていません。そのひとつが今回紹介するリッチテキストエディタで,環境によってはWYSIWYGエディタなどとも呼ばれています。

WordPressなどを代表とする近年のCMSの魅力のひとつは,JavaScriptによるリッチテキストエディタにより,誰でも簡単にワープロ感覚でドキュメントを作成できることです。しかし,すでにお気づきのように,MODxをインストールしたばかりの状態では,このようなエディタは含まれていません。

これは,⁠MODx Revolutionには最低限の機能しか含めず,追加機能が必要な人のみパッケージマネージャから導入を行ってもらう」というある種の美徳なのかもしれませんが,コンテンツの豊富な商用サイトを作成するうえでは,絶対に入れておきたい機能です。

例のごとく,このような追加パッケージは「システム」⁠⁠パッケージマネージャー」⁠⁠プロバイダから取得」⁠⁠TinyMCEと検索」⁠⁠ダウンロード」⁠⁠インストール」と進んで導入を行ってください。

パッケージをインストールすることで,図1のようにコンテンツ作成部分に編集用のボタンが現れ,ずいぶんと操作がしやすくなったはずです。

図1 TinyMCE導入後のリソース作成画面

図1 TinyMCE導入後のリソース作成画面

TinyMCEの設定

インストールしただけでもいろいろと便利なTinyMCEですが,なかみつ園のサイトでは,商品紹介ページなどでテーブルを多用することがあります。しかし,デフォルトの状態ではテーブル関連のボタンが無いため,少し不便です。

編集用のパーツがもう少し欲しい場合には,TinyMCEの設定を見直してみましょう。システム全体や個別パッケージに関する設定を変更,確認するには,例のごとく「システム」⁠⁠システム設定」に移り,⁠core」と表示されている部分から「tinymce」を選択して,TinyMCE関連の設定情報を表示します。

ここで,⁠キー名: tiny.custom_plugins」にテーブル用プラグインである「table」を追加し,パーツを表示するために「キー名: tiny.custom_buttons3」の内容を「tablecontrols」としておきます。最後に各コンテンツの編集画面に戻ってみると,図2のように編集パーツがよりリッチになっていることがわかるはずです。

図2 TinyMCEの拡張

図2 TinyMCEの拡張

TinyMCEが使用可能なプラグインや機能については,MODxではなくTinyMCE自身に準拠しますので,興味のある方はTinyMCEリファレンスの「Buttons/controls」の項を参考にしてみてください。

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入