OpenLaszloでマルチデバイス対応RIAを作ろう

第1回 OpenLaszloの紹介とインストール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

OpenLaszloとは

OpenLaszloとは,XML形式のソースファイルからリッチインターネットアプリケーション(RIA)を作るオープンソースソフトウェア(OSS)です。RIAアプリの実行形式としてFlashかDHTMLのどちらかを選択できます。FlashアプリであればFlash Playerプラグインがインストールされたブラウザ,DHTMLアプリであればJavaScriptが動くブラウザがあれば良く,どちらにしてもこれといって特殊なプラグインを必要としないので,たいていのブラウザやデバイスで動作します。特にDHTMLアプリとして開発した場合は,iPhoneなどFlash非対応のデバイスでも動作させることができます。1つのソースからFlashあるいはDHTMLを作れるのはOpenLaszloの最大の特徴です。

OpenLaszlo開発に必要なもの

  • JDK
  • Tomcat
  • OpenLaszlo

筆者のOSはWindows 7です。これにOpenLaszloをインストールする手順を記述します。

OpenLaszloはJavaサーブレットとして提供されています。これを動作させるにはサーブレットエンジン,たとえばTomcatが必要になります。そのTomcatを動作させるにはJDKが必要となります。つまり,OpenLaszloの開発環境に必要なのはJDKとTomcatとOpenLaszloです。OSはWindowsでもLinuxでもMacでも何でも,Tomcatが動作すればOKです。

プログラムを書くには,文字コードをBOMなしUTF-8で保存できるテキストエディタがあればOKです。作成するソースファイルは拡張子がlzxのテキストファイルになります。

インストール手順

JDK,Tomcat,OpenLaszloを個別に入れる方法をおすすめします。このほうが複数のバージョンのOpenLaszloを同時に稼働させたり,バージョンアップするのが簡単になります。

JDKのダウンロードとインストール

Java SEダウンロードページから最新版をダウンロードします。

画像

(1)JDKダウンロードボタンを押します。

画像

(2)Windowsを選んでContinueボタンを押します。

画像

(3)ファイル名をクリックしてダウンロードを開始します。記事執筆時点の最新版はJDK 6 Update 22でした。ファイル名はjdk-6u22-windows-i586.exeで,サイズは約76MBです。

ダウンロードが終わったらjdk-6u22-windows-i586.exeをダブルクリックしてインストールを開始します。途中の画面でインストール先など聞いてきますが全部デフォルトのままでOKです。

画像

(1)次へを押します

画像

(2)次へを押します

画像

(3)次へを押します

画像

(4)完了を押します

著者プロフィール

ason(あそん)

京都の在宅ITエンジニア。サーバやネットワーク系が得意。初めて触った言語はOpenLaszlo。現在WebプログラマとしてHTML,CSS,PHP,CMSに詳しくなってきたところ。デスメタルドラマー。

URL:http://xtter.openlaszlo-ason.com/

コメント

コメントの記入