Flash画面遷移フレームワーク「Progression 4」公式ガイド

第5回 タイムラインスタイル(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

今回と次回の2回に渡り,タイムラインスタイルでの制作を紹介していきます。タイムラインスタイルはクラススタイルに比べるとスクリプトの量が少なく,その分タイムライン上で設定を行うことが多いのが特徴です。

なお,タイムラインでの制作も,第2~4回で扱ったサンプルサイトと同じサイトを制作します。

プロジェクト制作

それでは制作していきましょう。タイムラインスタイルのプロジェクトを作成して開発の初期設定を行っていきます。

1.Progressionプロジェクト起動

Adobe Flashを起動してください。続けて,画面上部にあるツールバーの[ウィンドウ]→[その他のパネル]→[Progression プロジェクト] をクリックしてください。

図1

図1 Progressionプロジェクト起動

2.プロジェクトパネル

Progressionプロジェクトを起動させると,プロジェクトパネルが表示されます。ここで,プロジェクトの作成や管理,各種設定を行っていきます。

プロジェクトパネルの左上部にある,[新規作成] をクリックしてください。

図2 プロジェクト作成

図2 プロジェクト作成

プロジェクトの [新規作成] をクリックすると,作成するプロジェクトの初期設定を決定する画面が表示されます。

3.プロジェクト基本設定

プロジェクトの基本事項を設定していきます。

[プロジェクト名]は任意で構いません。今回は「Project_gihyo_tl」としておきます。[書き出し先]の設定も任意の場所で構いません。

続いて,制作スタイルを選択します。[種類] をデフォルトの「コンポーネント」から「タイムライン」へ変更してください。

今回はWebサイトを制作しますので,[プレイヤー] の項目は,⁠Flash Player 10」を選択しましょう(⁠Flash Player 9」でも構いません)⁠

[環境設定] はデフォルトの「Webコンテンツ」のままで結構です。選択してみれば分かるように,Progressionは様々な制作のコンテンツやスタイルに対応できるように設計されています。

設定が完了したら,⁠作成する」ボタンを押してプロジェクトを作成しましょう。

図3 プロジェクトの基本設定

図3 プロジェクトの基本設定

4.プロジェクトのテスト

プロジェクトを作成すると,プロジェクトパネルが次の図のように表示されます。プロジェクトパネルにプロジェクト[Project_gihyo_tl]のファイルが表示されます。今後プロジェクトの管理はプロジェクトパネルでも行えるようになります。

では,作成したプロジェクト[Project_gihyo_tl]が問題無いかテストしてみましょう。

プロジェクトパネルの[プロジェクトをテスト]ボタンを押してください。FlashのログにProgression関連のログが表示されたらテスト成功です。

図4 プロジェクトソース一覧

図4 プロジェクトソース一覧

著者プロフィール

青木健至(あおきたけし)

株式会社CLOQUE. 所属。Flash歴半年。Progression歴半年。Progression無しでのFlash制作は不可。2009年にFlashの技術を会得するために上京し,Progressionプロダクトマネージャーの阿部氏に師事。日々精進中。

http://twitter.com/ichikaku1
URL株式会社CLOQUE

コメント

コメントの記入