2010年版SEO体得講座

第1回 SEOツールを使いこなそう!(1)検索順位チェックツール―「順位チェック300」と「SEO Talk」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

検索順位チェックツールの紹介

はじめまして。株式会社ディーボの藤沢です。今回から当コラムを担当させていただきますのでよろしくお願いします。コラムの内容ですが,当社でリリースしているSEOツールがたくさんありまして,そのツールの紹介をするのがひとつ,もうひとつは,毎月の検索エンジンのアルゴリズム動向を当社で継続調査しておりまして,そのレポート記事です。この2つを交互に出していこうと思っておりますのでよろしくお願いします。

今回はSEOツールのご紹介で,検索順位チェックツールです。

SEO対策は検索順位の向上を目指すものですので,その成果を確認するためには,検索結果の順位をこまめにチェックする必要があります。しかし,検索結果の画面で,対象のサイトが何位になっているかを確認するのは手間がかかります。これを簡単に行えるのが検索順位チェックツールです。当社では無料で使える2つの検索順位チェックツールをリリースしています。

順位チェック300http://ohotuku.jp/rank_checker/

1つ目は順位チェック300というツールです図1)⁠これは,キーワードとURLを入れると,Yahoo!,Google,Bingの3つの検索エンジンでの順位を調べてくれるものです。キーワードは一度に3つまで入力でき,300位まで調べてくれます。関連情報として,画面の一番下に,最新のYahoo!検索アップデートのニュースへのリンクが付いています。

図1 順位チェック300

図1 順位チェック300

SEO Talkhttp://seotalk.jp/

2つ目のツールはSEO Talkです。順位チェック300が現在の順位をチェックするだけのツールであるのに対し,SEO Talkは,設定すれば毎日自動的に順位を調査し,その結果をグラフで確認できます。SEOTalkが特徴的なのは,実際に行ったSEO施策の内容をメモとして順位グラフに貼り付けられることです。行った施策と順位の関係がグラフ上で確認できるのです。

図2 SEO Talk

図2 SEO Talk

図2がSEO Talkの中の1つの順位グラフです。このような,キーワードとURLの組のグラフを最大10セット無料で登録できます。それでは画面を上から順番に見ていきましょう。

画面上部には,まず左側に設定されているURLとキーワードが表示されています。その右には最高順位が表示されています。これは過去のYahoo! JAPAN,Googleそれぞれの最高の順位です。次の最新順位は本日の順位を示しており,前日の順と比較して上下したかどうかの矢印が表示されます。この下に順位グラフが表示されます。Yahoo! JAPANが赤色,Googleが青色の折れ線グラフです。表示期間は最初は1ヵ月間ですが,右上のリンクで期間を3ヵ月,6ヵ月,12ヵ月に変更できます。

グラフ上にマウスカーソルを持っていくと,その日の順位がポップアップで表示されます。またその日に施策メモがある場合は,施策メモの概要もポップアップ表示されます。またグラフ上には赤いY!アイコンが表示されることがあります。これは期間中にYahoo!のアップデートがあり大きな順位変動が起こった場合に表示されます。この図では12月7日にYahoo!アップデートアイコンが表示されています。

順位グラフ上でクリックすると,その日付の施策メモを入力できる画面が表示されます図3)⁠この画面では,SEOの施策がいくつかの種類に分けられており,増やした,減らしたなどを選んでメモを入力します。メモの設定が終わると,グラフ上にメモアイコンが表示されます。

図3 施策メモを入力できる

図3 施策メモを入力できる

このグラフの右上には,エクスポートボタンがあり,順位データと施策メモのデータをエクセル形式でダウンロードできます。またグラフの下にはグラフの数値,すなわち毎日の順位が数字で表になっています。

検索順位グラフに施策メモを貼れるようにしたことで,施策の履歴と各施策の成否が直感的にわかるようになりました。このツールをSEO Talkと名付けたのは,将来的に,どんな施策に効果があったのかをディスカッションできるSNS的な場にできたらいいなあ,という思いからです。どうぞご期待ください。

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。

コメント

コメントの記入