2010年版SEO体得講座

第6回 検索アルゴリズムを分析してみよう! (3) 分析ツールの紹介(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今回は検索アルゴリズムを調べるための分析ツールである「ALGO BUSTER」⁠アルゴバスター)の概要を説明します。

アルゴバスターを知る

Yahoo!やGoogleの検索アルゴリズムが今どうなっているかを調べるのはとても大変です。本連載の中では検索アルゴリズムを調べるためのツールを使いながら解説をしてきました。今回はその分析ツールである「ALGO BUSTER」⁠アルゴバスター)の概要を説明します。アルゴバスターは次の4つのステップでSEO対策に役立てられるように構成されています。

  1. 最近の検索順位変動状況をグラフで確認する。
  2. 現在の検索アルゴリズム全体の傾向を数値で把握する。
  3. 設定したキーワードにおけるSEO競合状況を数値で把握する。
  4. 設定したキーワードにおける上位10サイトと,設定したURLの違いを数値で確認し,SEO対策の指針とする。

アルゴバスターを起動したときのダッシュボード画面は図1のようになっており,全体のサマリーが一覧できるようになっています。

図1 アルゴバスターのダッシュボード画面

図1 アルゴバスターのダッシュボード画面

画面上部にYahoo!とGoogleのスイッチがあり,クリックすることで画面を切り替えられます。まず最初に,キーワードとURLの組を設定します。この図では,キーワードが「SEO内部対策」⁠URLがhttp://talabagani.jp/になっています。それでは1~4を順番に見ていきましょう(今回の前編では1,2を,次回の後編では3,4を解説します)⁠

1.最近の検索順位変動状況をグラフで確認する

画面上部には2つのグラフが表示されています。そのうち上のグラフは,設定キーワードにおける設定URLの順位の推移を表したグラフです。この図では,3月15日に8位であったものが上下を繰り返して4月12日時点で11位になっている様子が表示されています。これはみなさんお馴染みのいわゆる順位グラフです。

下のグラフはちょっと変わっています。平均順位変動幅グラフと呼んでおり,設定キーワード(図では「SEO内部対策」⁠の上位100サイトの順位が,前日の順位と比べて何位動いたかを調べ,その平均値を棒グラフにしたものです。このグラフを見ると黄色い棒グラフが普段は低いのですが,Yahoo!検索アルゴリズムアップデートなどがあると突然高くなります。そのときは「Y」という文字で赤いマークが表示されます。

このように対象サイトの順位だけでなく,検索エンジン全体の順位変動状況も毎日把握できるようになっています。アルゴバスターは,SEO対策を日々の業務としている方に毎日確認していただくツールとして作られており,まずチェックするのがここの部分です。Yahoo!, Googleともに,順位に大きな変動がなく,また順位変動幅も小さければ,その日の確認作業は終了してよいでしょう。

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。

コメント

コメントの記入