Webデザイナーなら知っておくべき サーバ知識相談室

第1回 サーバやクラウドサーバってどんなもの?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Webデザイナーになったばかりの皆さん,次のような不安を感じたことはありませんか?

「デザイナーとしてWeb業界にいるのに,サーバのこと分からないままでいいのかな?」

「サーバにうまく接続できない…こんなことで質問したら,エンジニアに馬鹿にされないかな?」

この連載では,「IT系にいるけれどITには詳しくない」というWebデザイナーに向けて,知っておくことで業務がよりスムースに進み,本業以外のところでつまずかないで済む「サーバ」の基礎知識を分かりやすくお届けします。サーバに対して抱いている疑問や不安感を一つ一つ解きほぐして,プロのWebデザイナーとして必要なスキルを一緒に積み上げていきましょう。

それでは第1回,「サーバやクラウドサーバってどんなもの?」の始まりです。

プロローグ:後輩デザイナーに「サーバってなんですか?」と聞かれたら

さて,ここは企業のWebサイト構築を専門としているA社の一室。ここには人に言えない悩みごとを抱えたWebデザイナーと,その駆け込み寺となっているインフラエンジニアがいました。

Webデザイナー 「あああああ,どうしよう。助けて!助けてくれよ!」

エンジニア「なに? 冷や汗だらだらかいてどうしたの!?」

Webデザイナー「後輩にサーバってなんですか?って聞かれたんだよ。うまく誤魔化して逃げてきたけど,ど…どう説明すればいい?」

エンジニア「俺も分かんないって素直に言えばいいじゃない」

Webデザイナー「言えないよ! Webデザイナーとして働いて何年目だと思ってんの。 サーバに接続してファイルアップしたりとか,散々してるのに,サーバってなんだか分からないとか言えないよ」

エンジニア「プライドあるもんねぇ」

Webデザイナー「絶対言えない! どうしたらいい?」

エンジニア「分かった。きっかり30分後には『サーバってなんですか?』にサクッと答えられるようにしてあげる」

Webデザイナー「でも小難しいこと言われると寝るかも…」

エンジニア「大丈夫,小難しくしないから。任せて!」

そう,この記事を読み終わる頃には,あなたも「サーバってなに?」という質問に,サクッと答えられるようになっているはずです。

サーバってなに?

Webデザイナーにとって,サーバは割と身近な存在です。Webサーバ,DBサーバ,アプリケーションサーバ,ステージングサーバ,テストサーバなどの名前を聞いたり,資料で見たりしたことがある方は多いと思います。また,サーバが落ちたとか,サーバが重いとか言いますよね。

でも,サーバって何でしょう?

簡単に言うと,サーバとはクライアントに対してサービスを提供するもののことです。

非常にぼんやりとした表現ですね。「サービスを提供するもの」と言われても分かりにくいですが,たくさんある「サーバ」と名前がつくものの中で,皆さんにとって身近で想像しやすいものがあります。それは,ビールサーバです!

ビールサーバもサーバの一種!

画像

先ほどのサーバの説明に当てはめると,「ビールサーバとは,客に対してビールを提供するもの」となります。簡潔です。違和感もありません。急に分かりやすくなってきました。

ではビールサーバが分かったところで,Webデザイナーの仕事と密接にかかわるWebサーバはどうでしょう? ビールサーバと同じように,Webサーバも先ほどの文に当てはめてみると「Webサーバとは,客に対してWebページを提供するもの」となります。

つまり,ビールサーバもWebサーバもその実態はServerの直訳である「給仕する人,仕える人」という意味そのままなのです。

サーバの姿を見たことはありますか?

サーバが「クライアントに対してサービスを提供するもの」ということが分かったところで,頭の中でサーバの姿を思い浮かべてみてください。はっきりと想像できますか?

これがパソコンの姿ならば,次のように想像しやすいと思います。

パソコンのイメージ

画像

ではサーバはどうでしょう。思い浮かばない方がほとんどだと思います。そこで実際の「サーバ」の姿を見てみましょう。

A社で使っているサーバ(写真はDELLのPowerEdge R320)。この形状のサーバをラックサーバと言う

画像

パソコンと同じように,サーバにも種類はいろいろありますが,この写真のサーバのように,物理的な実体があるサーバのことを物理サーバと言います。

「物理的な実体がある」と言いましたが,逆に,物理的な実体がないサーバがあるなんて思わないかもしれません。しかし,そういう実体がないサーバがあるんです! この物理的な実体がないサーバのことを仮想サーバと言います。もしかしたらもう一つの名前,クラウドサーバのほうが聞き覚えがあるかもしれません。

著者プロフィール

堀越良子(ほりこしよしこ)

株式会社アイ・エム・ジェイのインフラエンジニア。ウェブインテグレーションの下支えとなるサーバホスティングサービスの構築と運用を担当している。

モバイルサイトのエンジニア,SIerとソーシャルゲームの広報を経て,2013年より現職。「分からない気持ち」に寄り添える技術者になれるように日々奮闘中。

コメント

コメントの記入