もっと知りたい!「これからはじめるMovable Typeの本」

第4回 シックス・アパートに会社訪問してきました!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんにちは,#fc0(エフシーゼロ)のやまもといずみです。

もっと知りたい!これからはじめるMovable Typeの本の最終回は,#fc0がMovable Type(以下:MT)の開発元であるシックス・アパート株式会社に会社訪問をしてきた模様をお届けします!

やまもと・ふじかわとも,シックス・アパートに行くのは今回が初めて。到着早々,社内のみなさま(特にMTチームのみなさま)から熱烈大歓迎を受け,代表取締役の関さんまでわざわざあいさつに見えられて,二人とも大恐縮して緊張マックス!そんな中,前半は今回書籍の監修をしていただいたMT製品企画マネージャーの上ノ郷谷さんに,後半はMT開発チームディレクターの吉松さんも加わっていただき,インタビューをしてきました!

すごくほめられてドキドキです

やまもと(以下:や)「これからはじめるMovable Typeの本」の執筆中は,ほんまお世話になりました!

上ノ郷谷さん(以下:上)ちゃんとお手伝いできたかどうか・

や:いえいえ。ほんまいろいろな場面で助けてもらいました。執筆中,ほんま心強かったです!

ふじかわ(以下:ふ)この本を読んでみてどう思いました?率直な意見を聞かせてください。

上:カスタマイズガイドの多いMovable Typeの本ですが,この本は違いますよね。ほんますばらしい本だと思います!僕たちもこれからMovable Type を始める方にオススメしたいです。

や・ふ:わー!そこまでほめてもらって本当にうれしいです!

や:さて,上ノ郷谷さんは,Movable Type(以下:MT)のドキュメントを作られているんですよね?

図1 Movable Typeドキュメント

図1 Movable Typeドキュメント

上:そうです。現在公開されているドキュメントは,インストールや,アップグレード,MTをカスタマイズするためのリファレンスという意味ではある程度カバーできていると思います。Movable Typeを提供する側としては,ユーザー視点で書いてあるこの本は僕もすごく参考になりました!

ふ:そうなんですね。私もドキュメントにはとてもお世話になっています!

上:実はこの本を監修させていただいたあと,ドキュメントの手直しをはじめたんです。

や・ふ:えー!本当ですか!?

上:はい!いろいろ気付くことがありました。ドキュメントを作る上で,どうしても開発者視点になりがちになってしまうので。あとこの本を読んで思ったことは,この本のターゲットの方(初心者の方など)はWeb上のドキュメントだけでなく,こういった「取扱説明書」的な書籍があることで,さらに安心して楽しみながらMTを使ってもらえるんじゃないかと思います。

ふ:ありがとうございます!そうなんですよね。ドキュメントは「この項目はこういったものです」など機能の説明を伝えるものだと思います。この本のように「ここをクリックするとこうなるよ」という,「ひとつひとつの手順を伝える」となると,Web上のドキュメントでは難しいと思います。そういう面から,やはり書籍の方が向いていると私たちも思って,この本の企画を思いついたんです。

上:あと,実際のユーザーからの声を反映しているだけあって,この本のいろいろな説明を読んでみて「ここがユーザーには解りにくいのかな?」ということを改めて知ることができました。今後,この本のターゲットの方にとってもっと解りやすくできる仕組みとかが作れたらなと思いました。

や:おぉー!マジですか?!Movable Typeの開発に役立てるかもしれないなんて光栄すぎます!

「Webサイトを作る道具」としてMTを使ってもらいたい

ふ:MTを提供する側からみて,どういう人にMTを使ってもらいたいですか?

吉松さん(以下:吉)誰にとってMTがいいのか,というのは考えていなくて,Webサイトを作りたいという人すべてですね。

上:そうですね。

吉:ブログブームがきて,個人がWeb上で情報発信することが簡単になりました。その結果,テレビや雑誌などのメディアだけでは知ることのできなかった情報が,Web上でさらに知ることができるようになりました。

や:ほんますごいことですよね。

吉:それでも,依然としてWebが自分たちの思いや考えを伝えるツールとして使えるということを知らない方が,まだまだたくさんいます。

ふ:私たちもそこは実感しています。

吉:Webで情報を発信することができるための道具はたくさんあります。たとえば,Dreamweaver(以下:DW)もそのうちのひとつです。それ以外に,MTのようなHTMLやCSSなどをあまり気にしないでできる「簡単パブリッシングツール」があります。なので,「まだWebで情報発信をしたことがない人」に特に「Webサイトを作る道具(ツール)」として,MTを使って情報発信をもらえたら,と思っています。

上:「Webサイトを作る道具」としても,Movable Typeは充分な機能を持っていますので,さらに多くの方に,Webサイトを作る道具のひとつとして選択肢に入れてもらえたらと思っています。もちろん DWといったアプリケーションとも組み合わせて使えますよ。

や:そうですね。私たちもこの本をきっかけに,情報発信の道具としてMTを選択して使ってもらえたらと思っています!

著者プロフィール

Web Creation Unit #fc0

やまもといずみ・ふじかわまゆこによるWeb制作ユニット。2007年に結成し,Web制作全般の業務を行いながら,講師,執筆業も行う(特に初心者向けの内容を得意とする)。2008年11月より株式会社化。もっと多くの人にとっての「Webへの入口」を作るため,全力でがんばる予定。

URL#fc0 Webサイト


ふじかわまゆこ

#fc0リーダー(写真右)。金勘定担当。パソコン通信時代からのネット歴20年目に突入。掲示板,メール,SNSなど,ネット上で人とのコミュニケーションにはまるうちに,ネット上で夫と仕事と共同経営者を見つけてしまう。ネット上で人が集まる場所には果敢に飛び込み,人を巻き込んで楽しむ。教育系業界出身。2009年の抱負は「余裕を持つ」。


やまもといずみ

#fc0キャプテン(写真左)。盛り上げ担当。会社員→OAインストラクターを経て,Web制作の道へ。会社員時代は社内でPCの電源の場所を教え,インストラクターでマウスの持ち方を教え,現在はWebの楽しさを教える,と,気づけば「イチ(位置)から教える」エキスパート。大阪商人家系。2009年の抱負は「全力で応援する」。

コメント

コメントの記入