SwapSkills FreeEvent(Vol.13)「ユーザーエクスペリエンス(UX)のための人間中心設計(HCD)」10月15日開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ユーザーエクスペリエンス(UX)のための人間中心設計(HCD)の基本が理解できる勉強会

2012年10月15日(月)に,allWebクリエイター塾(東京都)主催のマンスリー勉強会「ユーザーエクスペリエンス(UX)のための人間中心設計(HCD)⁠を渋谷ヒカリエ DeNAで開催いたします。

画像

UX(ユーザーエクスペリエンス)やUXD(ユーザーエクスペリエンスデザイン)という言葉を最近では耳にすることが多くなってきました。しかし,それを学ぶための方法がわからなかったり,書籍だけでは理解することが難しいこともあります。UXに関わる人でも間違った概念を持っている方も多数います。今回で13回目となるSwapSkills FreeEventでは,今後UX/UXD/HCDを学んでいきたい方々のために,基本的な概念を理解できるように,また,今後の学びのガイドラインになるような内容を予定しています。

UXはWebだけのものではない

UXという言葉は"ユーザー体験"と日本語訳されます。ユーザー体験とはもちろんWebだけのものではなく,もっと幅広い意味を持っています。そのため解釈が異なり誤解を生んでしまうことがあるようです。

今回はHCD-Net認定 人間中心設計専門家である松崎希氏を招いてUXについてご紹介いただきます。

WebでもUXに注目されている理由

パソコンサイトの設計の上でもUXの存在は重要とされ,どのように体験を構成する必要があるのかが問われてきました。

「擬似的な体験をした」⁠面白い体験をした」⁠嬉しい体験をした」⁠驚いた体験をした」など,ネットから様々な情報にアクセスし,交流することでパソコン画面上でそれらの経験をしてきました。

しかし,スマートデバイス(スマートフォン,スマート家電,スマートTVなど)が誕生し,今までとはWebの体験は変化しようとしています。

スマートフォンにはユーザーエクスペリエンス(UX)の設計が重要

パソコンでWebにアクセスする方法と,スマートデバイスからの利用方法では明らかな違いがあります。今やスマートデバイスからのアクセスが多くなっている時代では,スマートフォンに対応した設計を考えることが重要になってきました。ユーザーの利用シーンを想定して設計に落とし込むことの重要性が高くなり,人間中心設計(HCD)という観点からサイトを制作する必要がでてきました。

今後は,ユーザー(人間)の立場に立ってWebサービスを設計する,ユーザーエクスペリエンス(UX)を考えたUI設計方法の手順を知る必要があります。

今回の勉強会は,これらの考え方の基本をご紹介いたします。

イベント名ユーザーエクスペリエンス(UX)のための人間中心設計(HCD)
日時2012年10月15日(月)19:00~20:30(18:30開場)
会場渋谷ヒカリエ DeNA
講演者松崎希(HCD-Net認定 人間中心設計専門家)
参加費無料
定員150名
twitterタグ#swapskills
Facebookhttp://www.facebook.com/events/121291264688236/
詳細ページhttp://swapskills.info/free/13.html

著者プロフィール

SwapSkills

都内でWebプロフェッショナル向けに講座の開催をしているallWebクリエイター塾主催のマンスリー勉強会 。スマートフォンを中心にあらゆるデバイスを1つのHTMLで実現する最新のレスポンシブウェブデザイン講座も2012年11月18日(日)に開催!

コメント

コメントの記入