SwapSkills Build(Vol.34)「上手に進行するためのGitHub入門」イベントレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

SwapSkills Buildの34回目となる上手に進行するためのGitHub入門が,2013年7月25日(水)⁠東京都中央区の大槻社労士事務所にて開催されました。本稿では本イベントのレポートをお届けします。

今回のイベントは,コマンドが打てない方向けのGitHub入門として開催されました。データのバージョン管理として有名なGitHubは,コマンドの記述が必要ですが,GUIツールの導入で記述を不要に出来ます。ハードルが高かったWebディレクターやWebデザイナーもこれを機に導入することが出来るのではないでしょうか?

データ管理の事故を防ぐためのGItHub。何時間もかけて書いたCSSを誤って消してしまった。複数人で同時制作をしていてデータが先祖帰りしてしまった。データ管理が重要だからこそ,誰でも利用できるようになるよう,講師のWeb Directions Eastの菊池 崇氏が解説しました。

画像

Gitとは何か?

画像

GitとはLinuxの生みの親でもある,Linus Benedict Torvaldsによって作られました。データがすべて消えてしまった経験からデータ管理をするツールを作ったのです。Linux同様Unix系なので,Unix系のOSを使用しているMacには元々入っていますが,Windowsはダウンロードする必要があります。

分散型とは?

Gitは,分散型バージョン管理システムであることが特徴として挙げられます。

分散型のGitであれば,会社以外でも作業が可能です。また,オフラインでも作業ができ,差分(Diff)を取ってアップできます。Gitがデポジトリ(データの貯蔵庫のようなもの)を各自で持って居ることから,それらを可能にしています。

ローカルで管理できる個人のデポジトリをリモートデポジトリと呼びます

画像

以前は,集中管理型が多く使われていました。分散型が使われるようになった理由のひとつとして,集中管理型にはサーバのホスティングについての問題があることです。会社独自のサーバで管理している場合は,会社以外で作業はできない等の問題があります。

バージョン管理システムとは?

バージョン管理システムとは,データの状態を管理するものです。例えば,データをサーバにアップロードし,そのデータをローカル環境にダウンロードして修正を加え,アップロードする。このような作業工程で,同じデータを別の人が作業してしまい,自分の作業分がなぜか消えてしまっていた,というような事故を経験された方もいるのではないでしょうか?

データの状態を常に管理することで,これらの事故を防ぐことができます。

GitHubが広く利用された理由は?

GItHubはGitに特化したホスティングサービスです。元々,オープンソースの会社の3人が開発したもので,無料版でアップした内容はすべて公開されてしまいます。有料版にすると非公開にすることも可能です。多くのプラグインを利用することでより便利にもできます。

ワークショップ

ワークショップでは,会場で一斉に確認しながら作業致しました。

アカウント作成

実際に作業する上で,アカウントを所有していない方は,GitHubサイトにて,アカウントを作成します。

画像

GUIツールのダウンロード

Mac用のGUIツール,GitHub for Macをダウンロードします。アプリケーションに移動させ,起動してサインインします。

画像

GitHub for Macは,Terminalを使用せず,簡単にGitHubで作業できます。

※Terminal
UNIX系(OS)の端末エミュレーター。アップルが開発。GUIでおこなっているものをコマンドを入力して実行できる。ファイルを開いたり,コピーしたり,HELPをひらいたりできるので慣れると便利。不慣れの場合は覚えるのに時間がかかることが多い。

リモートからリポジトリを作成する

実際の手順で,リポジトリを作成します。

  1. GItHubサイト上のメニューバーから,自分のアイコンをクリックします。開いたページにある3つのタブメニューから,Repositoriesを選択します。

  2. 緑色のボタンをクリックすることで,リモート,ローカルそれぞれのディレクトリを指定します図1)⁠

    図1

    図1

  3. ローカルでGitHub for Macが起動し,許可を求めます図2)⁠

    図2

    図2

  4. リモートにも反映され,リポジトリができました図3)⁠

    図3

    図3

他にも,以下のようなGItHubの基本操作を確認しました。

  • ローカルからリポジトリを作成する
  • コミットする(中央でデータ管理する人がデータマージする)
  • フォークする(このタイミングで欲しいと思ったデータをチェックしておく)

最後に

GitHubの成り立ちの背景や基本的な仕組みを知り,データ管理の重要性をより意識したGitHub入門編でした。

菊池氏は最後に,本日の内容はあくまで基本的なことであり,プラグインの導入や複数人で実践するには,より多くのことを学ぶ必要があると話し,本イベントを終了いたしました。

著者プロフィール

SwapSkills

都内でWebプロフェッショナル向けに講座の開催をしているallWebクリエイター塾主催の勉強会。allWebクリエイター塾では「UX&UI設計講座」を2013年9月20日(土)に開催。

コメント

コメントの記入