iOS7で考える これからの時代のUIデザイン

第1回 iOS7で何が変わったのか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

iOS7が9月18日に公開されて2ヶ月ほどがたち,既にインストールされた方も多いのではないでしょうか。

iOSで初めての大きなUIの変更でもあり,非常に注目されました。特に「フラットデザイン」が採用されたことで,賛否両論あり話題を呼んでいます。

しかし,そのフラットデザインが注目される一方で,それ以外の変更はあまり注目されていません。ですが見た目だけではない本質的なUIデザイン変更が多くなされており,フラットデザイン以外の部分にも深く注目してiPhoneアプリやスマートフォンWebの設計/デザインを行っていくことが大切になってきます。

本連載ではデザインの視点から見たiOS7の変更点を,フラットデザインだけにとどまらないこれからのUIデザインのあり方も含め,数回に分けてお送りしていきます。

スキューモフィズム(Skeuomorphism)からの脱却

iOS7での見た目のフラットデザイン化は,スキューモフィズム(Skeuomorphism)からの脱却と称されました。スキューモフィズムとは現実のオブジェクトをモチーフとし,それを模倣したデザインのことを指します。アップルはiOSを始め,OS Xなどもこのスキューモフィズムデザインを多く取り入れてきました。これは故スティーブ・ジョブズの強い思いによるものであったと言われています。

スキューモフィズムは現実の比喩を取り入れることにより,見た目の良さだけではなくアプリの使い方を伝えるためのマニュアル的な意味も担ってきました。現実に近づけることによりユーザーが先の動作を予想でき,ユーザビリティの向上にも一役買っていたのです。

例えば書籍アプリであれば紙がめくれるようなUIを採用することにより,実際の本のように紙の端をなぞることでページをめくることができるのが瞬時にわかります。

「めくる」というスキューモフィズムを取り入れたiBooks

画像

非常に優れたUIとしてスキューモフィズムを追求してきたデザインが,なぜここにきて変わったのでしょうか。

それは現実のメタファーが必要無くなったからであると言えます。

例えば今までWebやアプリのボタンのデザインは,グラデーションがかかった膨らんでいるようなデザインがずっと使われていました。これはリアルな世界にある「押せる」ボタンをモチーフとしたものです。今までのユーザーの生活の中での経験値を最大限に活かしたデザインです。

しかし既にパソコンやスマートフォンが浸透しきった現在では,ユーザーはパソコンの中/スマートフォンの中だけでも十分に習熟した経験値を持っているため,画面の中の経験値のみを頼りにしたデザインも成立すると考えられたのです。パソコンやスマートフォンの中でのUIが,既にユーザーにとって当たり前のものであり,メタファーとなる対象がリアルなもので無くなったということを示しています。

これがスキューモフィズムからの脱却を意味するところです。

最近のスキューモフィズムデザインは過剰であるとも言われ始めています。現実を模倣することにで分かりやすさを求めていたものが,時として余計なものとして扱われ,コンテンツの視認性を下げているのです。特にプラットフォームであるOSでは,その上に乗っているアプリの体験を阻害するものとなってしまいますので,より顕著にその特徴が現れたのでしょう。

現実の電卓の質感を再現したiOS6までの電卓アプリ(左)と質感を廃したiOS7の電卓アプリ(右)。リアルなボタンを模倣しなくても,電卓の機能は伝わる

画像 画像

結果としてコンテンツに不必要な要素は極力排除してSimplicity(簡素で飾り気のない)シンプルなデザインを純粋に追求していこうというアップルの姿勢が見えてきます。これは根底を大きく覆すUIデザインの改革と言えるでしょう。

フラットデザインを行う際の難点

リアルなメタファーを取り入れてきた流れの中で,いきなりそのメタファーを捨てるデザインを行うのは非常に難しいと言えるでしょう。ここでは代表的な点をいくつかとりあげてみます。

操作方法がわかりにくい

これは前述のスキューモフィズムからの脱却がそのまま直結している問題でもあります。やはり今までのリアルでの経験によるデザインでなく,今までに経験の無いモチーフである可能性が出てくるからです。

今まで自然と予測していた動作に「わかる」という動作を一段階追加するといったら良いでしょうか。iOS6までのロック画面は「ロックボタンをスライドさせればロック解除」ということが見てわかる素晴らしいデザインでしたが,iOS7では視覚伝達だけでは足りないと判断されたのか「スライドでロック解除」という補助的な文言がプラスされています。

iOS6までのロック画面(左)は,「スライドをする」というジェスチャーが見た目から予想できる。iOS7のロック画面(右)は,「スライドで」という文言が無ければロック解除の方法がわからない

画像 画像

単純なボタンでも同様で,「押せる」感をグラデーションにより膨らんでいるように見せることで今まで演出してきたのを,違う方法で「押せる」と認識させなければいけません。現実には存在しないデザインで「押せる」というリアリズムの追求が求められます。「わかりにくい」というよりは,ユーザーが新たな経験値を詰むことを求められるようになったと言えるかもしれません。

著者プロフィール

宇野雄(うのゆう)

ヤフー株式会社 UI・UXデザイナー。スマートフォンWebとアプリを中心に,UI・UX設計/デザイン/コーディングを担当。

全く新しいモノづくりよりも,既にあるモノを新しい視点でとらえるデザインが好き。犬派。昨年「親バカ」ステータスも追加。

Twitter:@saladdays

コメント

コメントの記入