スマートフォン時代のユーザビリティの考え方

第6回 「直感的にわかりやすいUI」は,本当に使いやすいのか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

なぜ,子どもは大人にとって思いがけない操作をするのか

筆者には保育園に通う息子がいます。彼の最近のお気に入りは,筆者のPCで画像検索をして,昆虫や海の生物を描くことです。筆者が家で仕事をしていてもおとなしく絵を描いてくれているのはいいのですが,筆者の仕事用のデスクにイスを持ってきて,デュアルディスプレイで使っている24インチの画面に画像を大写しにして占有するので,筆者はせっかくのデュアルディスプレイにも関わらず,MacBook PRO本体の画面しか使えず困っています。しかし,ゲンゴロウを書いていたと思ったら,参考にしていたのがエゾゲンゴロウモドキでゲンゴロウではなかったり,突然マラリア蚊を書き出したり(息子のもう1つの趣味は,有毒生物について調査することです)と,日々面白いことも起こるので,ついつい許しています。

そんな息子は,画像検索(操作は基本的に筆者がしている)で目的の画像がスクロールして消えてしまうと,タッチデバイスのように指で引き戻そうとします。子どもがタッチデバイスではない画面を指で操作しようとしたり,テレビなのに「もう一度再生して」と言ったりする(うちの息子もやります)のは,よく聞く話ではありますが,実際に目の前でやられると,やはり「それがあたりまえ」という感覚は凄いと痛感します。さすが小さい頃からiPadを触っていただけのことはあります。

一方で,1ヶ月ほど前,小さい子どもにコンピュータを触らせるということという記事が話題になりました。これは子どもに初めてコンピュータ(タッチデバイス)に触れさせると,大人にとってはまったく思いがけない操作を始めるというお話です。つまり,タッチデバイスの操作は子どもにとっては決してわかりやすいものではないということです。

これらの出来事から,筆者は以下のことを感じました。

  1. これからの若い世代のデバイスに対する感覚は,筆者の世代とは著しく異なるため,正直ちょっとコワイ
  2. 自分たちが⁠直感的⁠と思っている操作方法は,じつはそんなに直感的ではなく,学習によって得られたものである

このうち1.については,かなり深刻というか,我々のような非デジタルネイティブ世代が仕事をしていく中で,彼らとどう向き合っていくのか,この先どうなるのかといった不安は非常に大きくありますが,本連載の主題とはずれるためちょっと脇においておきます。今回考えたいのは2.についてです。

我々の感覚は決して一般的なものではない

2010年のiPadのCMでは"You Already Know How To Use It"というコピーが使われました。Appleらしいメッセージですが,この言葉にも象徴されるように,スマートフォンやタブレットのようなタッチデバイスが登場したことによって,以前と比べてデバイス(やPCなどのコンピュータ)の操作は非常に直感的なったと言われてきています。しかし,実際にはまだ本質的な⁠直感的⁠からはまだ遠いのではないかということです。つまり,我々が直感的と感じている操作は,我々がこれまでのUI操作によって学習してきたことから操作を類推できるようになっているだけで,それが万人にとってわかりやすいものだとは限らないのです。

というと「何をあたりまえなことを」と思われるかもしれませんが,筆者やおそらくこれを読まれている皆さんは,PCやスマートフォンなどを比較的よく利用するユーザー層です。我々の感覚は決して一般的なものではありません。そのため,我々が「わかりやすく,世の中に受け入れられている」と思っているものがじつは理解されておらず,それによってあなたの作っているサービスやアプリが使いづらくなっている可能性があるのです。

直感的になったというのは,言い方を変えると「覚えることが少なくてすむようになった」ということだと思います。もちろん,コンピュータは昔に比べればはるかに直感的に使えるようになりました。タッチデバイスが登場する前も,GUIが登場したことで,コマンドをいちいち打ち込まなくてすむようになりましたし,コマンドラインインターフェイスだって,その前に存在したものよりは使いやすくなっています。しかし,やはりまだ「覚えなくてはならないこと」は当然残っています。そして,我々が「普通の人はここまでは覚えているだろう」と思うその閾値が,実際の状況とで異なっている場合があり,それがサービスやアプリの使いづらさにつながってしまうわけです。

ドロワーメニューは本当に使いやすいのか?

スマートフォンは画面が小さく,一度に表示できる情報量に限りがあるため,⁠いかに多くの情報を小さな画面で見やすい形で詰め込むか」という試行錯誤が繰り返されています。その中で,広く一般的に受け入れられるようになってきたUIも数多く発明されてきました。代表的な例としてはリストを下に引っ張って更新する⁠Pull To Refresh⁠やボタンを押すと画面が横にずれてメニューが現れるドロワーメニュー(スライドメニュー)などがあります。

図1 Pull To Refreshとドロワーメニュー
ドロワーメニュー

ドロワーメニュー

 
Pull To Refresh

Pull To Refresh

こうしたUIは非常に便利で使い勝手が良く,とても普及しています。Pull To RefreshはiOSのテーブル(UITableView)には標準機能として実装されるようになりましたし,ドロワーメニューもAndroidではデザインガイドラインにきちんと載っています。このドロワーメニュー,Facebookのアプリが使い始めたことで注目され,広く普及しました。みなさんも横棒3本のアイコンがあれば,⁠これを押せばメニューが開くんだな」とわかりますよね。

でも,これって本当に,万人にとってわかりやすいのでしょうか?

「UIの使いやすさはユーザーの経験に基づく」ことを前提に考えると,自分たちはあの横三本のアイコンがドロワーメニューだと十分に知っているのでいいのですが,じつはそれほど一般的に認知されていないことが考えられます。「ドロワーメニューによって情報がきちんと整理できて,より使いやすいアプリになる」という印象も,本当にそうなのかと疑問に思えてきます。

LINEがずっとタブナビゲーションを守り,Facebookがドロワーメニューを止めた背景を考える

筆者は2012年初頭に,その時作っていたスマートフォンアプリ(iPhone/Android両方)にドロワーメニューを実装したことがあります。実装した理由は,ドロワーメニューを使うことで情報が整理できるのもさることながら,当時FacebookやPathなどがドロワーメニューを実装しており,⁠最新のイケてるUI⁠に思えたからです。⁠タブなんてもう古いぜ,これからはドロワーメニューだ」と思っていたような気がします。

でも,そういうUIは「目新しさが加味されているために,イケているように見える」ところがあります。今振り返ると,⁠実際にそれがユーザーのためになっているのかどうかをもっと考えるべきだった」と思います。

もちろん,ドロワーメニューは便利だと思います。スマートフォンという小さな画面をいかに有効に使うか,さまざまな人が試行錯誤をして,さまざまな失敗UIが生まれた中で生き残ってきているわけですから。登場の際にはすごく注目されたけど,その後結局だれもマネせず廃れたUIはたくさんあります。2011年にPath 2.0が出て,ボタンを押すとメニューが飛び出すUIは,みんなが「凄い!」と思いました。これはiOSならAwesomeMenuというライブラリを使えばかんたんに実装できますが,結局流行っていません。ToDoアプリのClearのUIも話題になりましたが,広まっているようには思えません。そういう意味では,ドロワーメニューは,少なくとも開発者やユーザーに受け入れられたUIではあると思います。

しかし,それが「万人にとってわかりやすいUI」であるかというと,また別の話です。そういったことを筆者が最初に考えたのは,LINEが頭角を現していく中で,LINEのUIがずっとタブナビゲーションを守っていることに気づいた時です。その瞬間,⁠別にドロワーメニューを使わなくたってユーザー数は伸びるし(あたりまえですけど)⁠むしろユーザー層を考えたらタブナビゲーションのほうがわかりやすいのではないか」と思ったことを覚えています。その後,ドロワーメニューを広めたはずのFacebookがiOS7対応と同時にドロワーメニューをやめ,タブナビゲーションに戻った時にも同じことを感じました。その時はドロワーメニューの是非について話題になったので,記憶に残っている方もいらっしゃると思います。

これらのアプリを見ていて思うのは,やはりドロワーメニューはライトユーザーには直感的ではないUIなのかもしれないということです。ドロワーメニューは便利ではありますが,アプリが対象としている人たちがどれくらいUIについての学習を積んだ人たちなのかによって,採用すべきかどうかの判断が変わると思います。我々のようなUIの学習の進んだユーザー向けのアプリなら,ドロワーメニューを使っても迷う人は少ないかもしれません。しかし,LINEやFacebookはターゲットがもっとずっと広いわけですから,もっとわかりやすいUIを選ぶ必要があるでしょう。

著者プロフィール

水野貴明(みずのたかあき)

ソフトウエア開発者兼技術系ライター。飽きっぽい性格だがプログラミングだけは小学3年生でに初めて触れて以来飽きることなく続いているのでつくづく性に合っていると感じてる。最近はウェブサービスやゲームのサーバサイド,スマートフォンのアプリケーション開発などが中心。訳書に『JavaScript: The Good Parts』(オライリー・ジャパン),『サードパーティJavaScript』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)など。保育園児の息子とともに眠り,早朝起きて仕事をする生活を実践中。

URL:http://takaaki.info/

コメント

コメントの記入