スマートフォン時代のユーザビリティの考え方

第8回 「気持ちいいUI」の追求に熱心になりすぎて,空回りしてませんか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回は,気持ちいいUIを構築する方法を開発者の視点から捉え,「開発者が面倒くさくてやらなかったことが,利用者の面倒くささの蓄積につながるのではないか」,そしてユーザーの面倒くささを解消してあげる方法の1つとして「ユーザーが何もしなくて良い状態を作る」ことがよいのではないか,という意見を提示しました。今回はその考察をさらに発展させ,技術者がついついやってしまいがちな「やりすぎ」について考えてみたいと思います。

チュニジアで痛感したGoogleマップの出来の良さ

筆者は8月末にチュニジアに行って来ました。チュニジアはアフリカ大陸の地中海沿岸に位置しており,アフリカの中では比較的発展を遂げている国です。フランス人などのリゾート地としても有名です。今回は家族を連れて,チュニジア人の元同僚を訪ねての旅だったのですが,筆者は基本リモートで仕事をしているため,仕事を完全にストップさせず,毎日家族が寝ている早朝(チュニジアは8時間の時差があるため,早朝は日本だと昼すぎになります)に仕事をしていました。

出発前に,その元同僚は「チュニジアはネット速いから大丈夫だよ」と言っており,たしかに想像していたよりは全然速かったのですが,やはり日本と比べれば(当然ですが)遅いもの。しかも,ホテルのネット環境は,たくさんの人が使う午後から夜にかけては輻輳が激しかったですし,外に出れば公衆WiFiはさほど存在していませんでした。さらに,持参していたSIMロックフリーのスマートフォンの調子が途中で悪くなってしまい,日本のSIMロック付きのiPhoneで何かを調べたり,情報を保存したりすることが増えたため,本連載でも触れたようにネットワークの遅い地域や,まったくつながらないタイミングが生まれることを考慮したサービス,アプリかどうかを非常に敏感に感じ取れる状況でした。

さて,旅先で非常に便利なサービスといえば,Googleマップですよね。Googleマップさえあれば,自分がどこにいるかも,どこに向かっているかも,ホテルまでどうやって帰ればいいのかも,タクシーがわざと遠回りしていないかも,電車やバスで降りる駅をすぎてしまっていないかも,把握することができます。この便利さは本当にありがたくて,最近では「Googleマップがスマートフォンで見られなかった時って,どうやって道を調べていたんだっけ?」とふと思ってしまうほどです。

そして,Googleマップは比較的キャッシュがしっかりしており,一度アクセスしておくと,しばらくの間はネットワークに接続していなくても問題なく地図が表示されるため,ホテルなどWiFi環境のあるところであらかじめ行きそうなところを表示しておくと,あとは外に出ても意外と問題なく使うことができます。これはさすがというか,ニーズをきちんと汲み取った結果と言えます。

ただし1点だけ,あまりキャッシュが古くなると,ネットワーク接続していなくても突然キャッシュが切れてしまい,何も表示されなくなるという問題があります。できればネットワーク接続がない場合はキャッシュアウトしないようにしてほしいところです。筆者は,この訪問で1回だけ,バスに乗っている時に突然キャッシュが切れて,ちょっと冷や汗をかきました。

なぜ,宿泊するホテルや飛行機の時間が自動的にマップ上に表示されるのか?

そんな便利なGoogleマップですが,見ている時に,あることに気づきました。それは,自分が宿泊する予定のホテルや搭乗予定の飛行機の時間がマップ上に表示されているのです。

図1 Googleマップ上に泊まる予定のホテルや乗る飛行機の時間が表示されている

図1 Googleマップ上に泊まる予定のホテルや乗る飛行機の時間が表示されている 図1 Googleマップ上に泊まる予定のホテルや乗る飛行機の時間が表示されている

最初は,Googleカレンダーの情報を表示しているのかと思いました。しかし,そうした予定をカレンダーに記録した記憶もなかったので,「なぜ,Googleがそんな情報を知っているのか……」と,最初はかなりビックリしました。

少し考えてみると,一番怪しいのはGmailだと気づきました。今回はホテルはExpediaやAgoda,飛行機は航空会社のWebサイトで直接購入しており,Gmailに確認などの各種メールが届いています。その中の情報を読んでいる可能性が高いと思い,調べてみると,(筆者が知らなかっただけですが)GoogleマップにはGmailとの連携機能があり,2014年7月にiOS版でもその機能が追加されていたのです

みなさんはこの機能,どう思われるでしょうか?

わかってしまえば「なるほど」と思う機能ですし,泊まるホテルの位置や出発する空港の場所もひと目でわかるので,非常に便利な気もします。しかし,いきなり表示されると,かなり面食らうのではないでしょうか。しかも,とりたてて説明もありません。人によっては「勝手にメールの内容を読んでいるのか!」と怒るかもしれませんよね。デフォルトでオンにするには,ちょっとまだ時代が追いついてきていない機能である気がします。

「何もしなくていい」「余計なお世話」の境目は人によって違う

開発者として,「ユーザーが何もしなくていい状態を作る」ことを第一に考えた時,こうした自動連携は「ユーザーにとって便利な機能」」として提供したくなってしまいます。せっかく予約情報も自分たちが提供するサービス(この場合はGmail)に記録されているのだから,そしてそれを自動識別できるのだから,マップに自動で表示してあげればどんなに便利だろうかと。それはたしかに事実で,実際に色々わかってしまえば便利だと考えることもできます。しかも,そういった機能は,往々にして技術的にもおもしろいチャレンジだったりするので,ついつい夢中になって作ってしまいがちです。

しかし,闇雲に「便利さ」「ユーザーが何もしなくていい状態」を追いかけてしまうと,「気持ちのいい」状態を通り越して,「薄気味悪い」「余計なお世話」の世界に突入してしまうかもしれないことを,このGoogleマップの例は示しています。

しかも,その「薄気味悪さ」「余計なお世話」の感覚の閾値は人によってさまざまであり,自分が特に気持ち悪くなかったからといって,それがほかの人も同じかどうかはわかりません。たとえば,国民総背番号制の導入も,「気持ち悪い」と考える人も,「便利になっていい」と考える人もいます。同様に,サービスがさまざまなことを勝手にやってくれるようになった時,どの段階で「気持ち悪い」と考えるかは人それぞれです。したがって,自分の感覚だけに頼らず,ほかのユーザーの意見なども参考にしながら,慎重に進める必要があります。

著者プロフィール

水野貴明(みずのたかあき)

ソフトウエア開発者兼技術系ライター。飽きっぽい性格だがプログラミングだけは小学3年生でに初めて触れて以来飽きることなく続いているのでつくづく性に合っていると感じてる。最近はウェブサービスやゲームのサーバサイド,スマートフォンのアプリケーション開発などが中心。訳書に『JavaScript: The Good Parts』(オライリー・ジャパン),『サードパーティJavaScript』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)など。保育園児の息子とともに眠り,早朝起きて仕事をする生活を実践中。

URL:http://takaaki.info/

コメント

コメントの記入