WEB DESIGN WORKSHOP「正しいウェブデザイン」

第3回 Raising CVR「コンバージョン率を上げる」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ウェブサイトの目的・目標を達成するためには,サイトで取り扱うサービスや製品を求めるアクティブユーザー※1をSEOやリスティング広告を通じて集客し,必ずウェブサイトへたどり着けるようにすることが重要である。しかし集客を行うだけでは目的・目標は達成されない。集客したユーザーを効率よく目的のアクションへと誘導し,実行させる配慮や仕掛けを用意することが必要である。

ウェブサイトを訪れたユーザー数に対し,目的のアクションを実行したユーザー数の比率をコンバージョン率と呼び,このコンバージョン率をいかに上げられるかがウェブサイトの成功の鍵を握る。ウェブサイトを訪れたユーザーに対し,以下の対策を行うことでコンバージョン率を高めることができる。

  • ツールの設置
  • インセンティブの明確化
  • モティベーションの演出
※1 アクティブユーザー
積極的に情報を求めてサイトを訪れるユーザー。

ユーザーの目的に合わせた専用ツールを設置

効果的に目的のアクションをユーザーに実行してもらうためにはそのアクションを簡単に実行できるツールを提供する必要がある。ツールが提供されて初めてそのアクションが起こせる事を認識するユーザーも多い。目的に合わせたツールをウェブサイトに設置することがユーザーをアクションの実行へと導くのだ。メールフォームを利用したアクションを例に以下の活用方法で効果的なツールをユーザーに提供することができる。

メールフォームの利便性

問い合わせに提供されているツールがメールアドレスへのリンクだけの場合,ユーザーはメールの文面を起こさなければならない。よりアクションの実行を促すためには,ユーザーがフィールドというガイドに従い情報を入力することができるメールフォームを提供する事が効果的である。さらに,ユーザーがアクションを起こし,完了するまでの作業をスムーズに行えるような仕掛けと心遣いが必要となる。

情報を入力する際には,なるべく考える必要が無く手間がかからないものが好ましい。しかし,単純に必須項目を最低限にし,連絡先と問い合わせ内容だけのような自由なフォーマットではユーザーに情報の整理を行わせる結果となり,メールアドレスへのリンクと変わらない。フォームを設定する際にはユーザーが伝えたいと思う必要最低限の情報をフィールドに分け,わかりやすくレイアウトする事が重要だ。

画像

メールフォーム提供のタイミング

メールフォームなどのツールをコンテンツ導線上の何処に設置するかもとても重要である。コンテンツを閲覧しているユーザーに対してどのタイミングで情報の入力を行わせるか。

例えば,サービスやオンライン決済が行えない製品等を紹介しているページでは,コンテンツ領域に問い合わせボタンを設けることが重要だ。コンテンツを読み,検討しているユーザーに対し,コンテンツ領域にボタンを設置することで,よりそのアクションをアピールすることができる。

さらに,アンケートを実施する際,プレゼントキャンペーンなどの個人情報入力後に表示をすると,ユーザーは既に入力を行った労力を惜しみ,アンケートを積極的に答えてくれ,回収率が高まる。この順番を逆にした場合はアンケートだけでなく,プレゼントキャンペーンへの応募自体の回収率も低くなってしまう。このようにツールを提供するタイミングも目的・目標を達成するためには重要となる。

ツールの連携

目的が個人情報取得であればユーザーニーズに合わせた複数のツールを設置し,情報取得の窓口を増やす事も効果的だ。問い合わせ,メールマガジン購読,会員登録など,ユーザーの全てのニーズを想定し,それらをカバーするツールを提供することで,確実にユーザーを目的のアクションへと誘導できる。また,会員登録の際にメールマガジン購読のオプションをチェックボックスで提供するなど,ツール間の連携もとても重要である。 さらに,目的のアクションがリアル店舗への誘導など,オンラインで完結できない場合には地図や店舗情報を携帯電話に送るツール等,ユーザーのプロセスを簡略化するツールを提供する必要がある。様々な目的からユーザー視点に立ち,どのようなツールが必要か,機能が重複するものも含めて,全てリストアップしよう。

上記のような対策で積極的にアクションを実行する意思のあるユーザーを効果的に誘導することができる。しかしより受動的(パッシヴ)なユーザーを目的のアクションへと誘導するには明確なインセンティブ※2を提示し,モティベーション※3を補助する必要がある。

※2 インセンティブ
ものごとに取り組む意欲を,報酬を期待させて外側から高める働き。意欲刺激。誘因。
※3 モティベーション
やる気を起こさせる内的な心の動き。

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

FICC inc. 代表。ファッションブランドのアートディレクターを勤め,ウェブプロデューサーとして様々なブランドや企業のウェブプロモーションを手がける。デザインポータルAnotherbookmarkの運営や雑誌連載の執筆など,幅広い活動を行っている。

URLhttp://www.ficc.jp/

コメント

コメントの記入