圏外からのWeb未来観測

第3回 主夫でWebサイト自営という生き方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

画像

今回のゲスト,阿部昭敏君は,ずっと前に私の部下として一緒に仕事をしていた人です。今はみんなのシフト表というSaaSSoftware as a Serviceサービスを一人で開発し自営しているのですが,同時に「主夫」として家事や子どもさんの世話をしているという非常にユニークな働き方を実践している人です編注)⁠

(撮影:平野正樹)
編注)
本インタビューはホテルグランドヒル市ヶ谷内の喫茶店「カトレア」で行いました。

「みんなのシフト表」とは

中島:本当に久しぶりですね。

阿部:ご無沙汰しています。お会いするのは17年ぶりですね。

中島:もうそんなになりますか。今日は,阿部君の働き方や生き方についてじっくり聞きたいんですが,まずは,⁠みんなのシフト表」について紹介してもらえますか。

阿部:はい,⁠みんなのシフト表」は,シフト勤務を管理するシステムです。店長の人がパソコンからシフトを登録して,バイトの人が携帯からそれを見て確認できます。

中島:メインのユーザは飲食店ですか?

阿部:そうですね。あと,ドラッグストアとかクラブで使っていただいているところもあります。

中島:ビジネスモデルとしては?

阿部:基本は月額課金なんですが,ほかに,カスタマイズ版をライセンス販売する形もあります。具体化したものとしては,⁠株⁠東光オーエーシステムさんの「NBS4.1」というASPサービスの一機能として採用していただいています

中島:そうか。すでにユーザベースがあるところにくっつけるという形ですね。

阿部:SaaSサービスを提供されるところでは,自社で全部作る必要は特にないので,買ってきてくっつけて提供できるものであれば,納期,コスト両面で安上がりですよね。

中島:システム構成はどんな感じですか。

阿部:いわゆるLAMPパッケージ,Linux,Apache,My SQL,PHPです。あと,Ajax周りはjQueryを使っています。

中島:一番の王道ですね。

阿部:ほかにもいろいろ選択肢はあると思うんですけども,一番ポピュラーなものを使ったほうがスタック注1を用意する手間が一番軽いですよね。カスタマイズ版を提供するときも,⁠PHPならうちにも技術者がいるよ」と安心してもらえます。

中島:運用は?

阿部:今は,Amazon EC2を使ってます。

中島:もうEC2を使っているんですね。最初からですか?

阿部:最初は普通のレンタルサーバを使ってたんですけど,レンタルサーバは共有SSLSecure Socket Layerを使うところが多くて,専用SSLじゃないと携帯からは使えないんですね。専用サーバやVPSをいろいろ調べたんですけど,一番安かったのがAmazon EC2だったんで,1年前くらいに乗り換えました。

中島:更新履歴を見ると,すごくこまめにバージョンアップしてますね。あれはかなりユーザの方の要望を受け入れてですか?

阿部:そうですね。自分がやりたいことはたくさんあるんですけれども,お客さんの要望優先で実現していけば,ほかのお客さんにも喜んでいただけるだろうという気持ちです。

注1)
ソフトウェアを動作させるのに必要なOSやミドルウェアの集まり。

主夫になるまで

中島:で,これを阿部君が全部一人で開発運用しているんですよね。

阿部:そうです。つい最近まで,妻がフルタイムで働いて,私が主夫として家事と,小学生と保育園の子どもの世話をするという生活を3年間ほど続けていて,主夫の仕事の合間に開発,運用していました。

中島:今日はそこをじっくり聞きたかったんだけど,まずは,そこまでのキャリアを簡単に教えてください。最初に,うちの会社(㈱ブレーン)に入ったのは新卒でしたよね。

阿部:はい。中島さんの部下として2年ほどお世話になりました。そのあとは,3年ほどフリーのエンジニアをしていました。その中でノンバンクのシステム部に声をかけていただいて,そこで,システムのお守りをしていました。そのあとは,業務パッケージを売る会社でコンサルタントをやっていました。

中島:主夫になった経緯というかきっかけは?

阿部:会社に勤めていた約12年という期間の最後のほうは,うつ病を診断されまして,薬飲みつつ休職と復職を繰り返している状態だったんですね。それを妻が見かねて「私が働くから,あなた子どもみてちょうだい」って(笑)⁠それで妻にはフルタイムで外で働いてもらって,私が主夫という生活になったんですね。

中島:奥さんは,たしか中国の人でしたよね。

阿部:そうです。ITエンジニアで日本に来て働いていました。で,そういう生活になってからも,本当にうつで一日中うちでぐったりしてるような状態だったんですけども,ちょっとずつ何か始めたいっていう気持ちが起きて…小さいころから古本屋が好きだったんですね。で,ネットで古本屋がやりたいと思って,最初は,既存のパッケージを使ってたんですけど,やってるうちにこれだったら自分で作ったほうが安上がりだと思って作りはじめて…。

休んでいて原点を見つめ直す

中島:その古本屋のサイトの次が「みんなのシフト表」ですか?

阿部:その前に受託の仕事を探してて,提案としてちょっとしたデモを作ったんですね。その仕事は取れなかったけど,せっかく作ったのにもったいないからこれ公開してみよう,という感じで…。

中島:あ,先に作っちゃったんだ?

阿部:そうです。本当に簡単なものですけど,ベータ版が2,3ヵ月ぐらいで,そのあと本稼働しました。会社員のときはコンサルティングみたいなことをやってて,ずっとプログラミングから離れてたんですけども,やっぱり根がプログラミング好きっていうのがあるのか,自分で作ってみたいっていう欲求がわいてきまして。それで主夫業のかたわらちょろちょろ作り始めたという形ですね。

多分,本当にうつな状態で一日中寝たような状態の中で,本当にやりたいことをやってみたいと思ったときに,自然にそうなっていったような感じです。

著者プロフィール

中島拓(なかじまたく)

ソフトウェア技術者として,汎用機上での大規模プロジェクト,ミニコンによる制御システム,パソコン用のパッケージソフト,オープンソースソフトウェア(Amrita,ReviewableMindなど)といった,幅広い分野での開発に携わる。アンカテのブロガーとして,2006年アルファブロガーに選出される。現職 株式会社ブレーン 研究部長

アンカテ:http://d.hatena.ne.jp/essa/

コメント

コメントの記入