Webデザイン業界の三位一体モデル

第1回 イマジナティブ(前編) 仕事を選ぶ基準ってあるんですか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

カンヌに見る広告賞と現状とのギャップ

この原稿を書いているまさにこの時間,フランスのカンヌでは広告賞の最高峰Cannes Lionsが催されている真っ最中だ。

このカンヌのサイバー部門には,世界から選りすぐりのインタラクティブ広告がずらり居並んでいる。

その多くが,キャンペーンサイト,ブランディングサイトと呼ばれる類ものである。

リッチコンテンツと呼ばれる最新のテクノロジーやアイデアの詰まったサイトの多くは,こういったキャンペーンサイト,ブランディングサイトとして生まれている。

そこで,こうしたサイトの制作に関わっているキープレイヤー,広告主,Webクリエイター(制作会社),広告代理店,の三者のそれぞれの立場をインタビューすることで,Web広告寄りの視点,これからのWebデザイン業界の未来を探ろうというのが本連載の趣旨だ。

さて,その記念すべき1回目に登場いただくのは,Webクリエイターの立場であるイマジナティブのお二人,水藤氏と深澤氏である。

代表作にはハインツケチャップリポートケチャットライブMSN The Handshake Company日本郵政公社 テガミでリレー(公開終了)などどれも他のサイトにはない独自性をもった作品が並ぶ。

東京インタラクティブアドアワードグランプリ,Clio賞ファイナリスト,ロンドン国際広告賞ファイナリスト,など数々の実績をもった日本でももっとも注目を集めているデザイン会社のひとつだ。

まずは,インタビュー当日に発表になったばかりの2007年のカンヌのショートリストを見ながらトークをスタートさせた。

深澤さん(撮影:白石奈緒美)

画像

新野:

日本のサイトがどのくらい入賞しているかはとりあえずチェックしたいですよね。

NIKEのCosplayや,マイクロソフトのBIG SHADOWあたりは当然入ってくるでしょうね。

深澤:

ですね,ひととおりチェックしないとですね。(笑)

日本で賞を受賞したり話題になったサイトとかでもカンヌには入ってないのも結構ありますね。

あといくつか名前だけでわからないのは,バナーですかね。

新野:

結構バナー作品も多いみたいですね。

あ!!MSNのThe Handshake Companyが入ってますね。おめでとうございます!

Microsoft MSN The Handshake Company

Microsoft MSN The Handshake Company

深澤・水藤:

ありがとうございます。よかった!

新野さんもハーマンミラーが入ってますね!おめでとうございます!

新野:

おお!ハーマンミラーはバナー作品なんです。ありがとうございます。

じゃあ,今日はお互いを祝いあう会ってことで。(笑)

新野:

ところで,そろそろ本題の話をしましょうか。

カンヌの日本からの入賞作品を見ると,前評判の高かったさっきの,NIKEのCosplayBIG SHADOWそれにユニクロなどが名を連ねてますが,日本でここ1年くらいで一番多かったのは「続きはWebで」とか「○○で検索」といった類のCMから引っ張ってくる受け皿としてのサイトだったと思うんですね。

そういうサイトがまったく入賞してないっていうのはどうなんでしょうね。

深澤さん(左),水藤さん(右)。

深澤さん(左),水藤さん(右)

深澤:

そうですね。ライフカードの『カードの切り方が人生だ』ってサイトがあるじゃないですか。

あれなんて,普通の人がCMをきっかけにWebにアクセスしてくれているようになったすごいサイトだと思うんですよ。

それ以前はWebで話題のサイトって言っても一部のマニアックな人達のなかでウケていたり,話題になっているだけで,周りの普通の友達に聞いてもサイトのことなんて誰も知らなかったりしたわけですよ。

そう考えると,広告賞を受賞するサイトと実際に多くの一般の人が見てくれているサイトは別だったりする。

水藤:

そもそも,そういう「続きはWebで」のサイトとかは賞にエントリーすらしてなかったりも多いんでしょうね。

新野:

そうですね,賞を受賞したサイトが必ずしも広告効果の高かったサイトではないですね。

著者プロフィール

新野文健(あらのふみたけ)

1999年よりWeb業界に身をおき,2004年 NEC ecotonoha(エコトノハ)でアジアで初のカンヌ国際広告祭サイバー部門グランプリを獲得。2007年ハーマンミラー 「Get Real キャンペーン」バナーで,東京インタラクティブアドアワード Gold等,他受賞多数。2005年6月よりビーコンコミュニケーションズにてシニアプロデューサーとして,世界的メガブランドの日本サイト本格立ち上げに尽力。

コメント

コメントの記入