Windows上でゼロからPHPサイトを作る! PHPユーザのためのMicrosoft WebMatrix入門

第1回 WebMatrixことはじめ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2011年1月13日,マイクロソフトから無料のWeb開発ツール「WebMatrix」がリリースされました。WebMatrixとは,Windows上に動的Webサイトをすばやく構築することができる無償ツールです。WebMatrixを利用することによって,HTMLやCSSを使用した静的なWebサイトはもちろん,C#やPHP,あるいはデータベースを利用した動的なWebアプリケーションを簡単に構築できます。さらに,データベースの管理ツールやSEOチェックツールまで付属しているので,WebMatrixだけで,本格的なWebサイト構築が可能です。

本連載では,WebMatrixを使用したWebアプリケーションの開発からホスティング環境への配備までを行ってみます。

WebMatrixの導入

それではさっそく,WebMatrixをインストールしてみましょう。WebMatrixのWebサイトにアクセスし,「今すぐダウンロード」ボタンをクリック図1),そして「Get the Microsoft Web Platform」ボタンをクリックすると図2),インストーラーをダウンロードすることができます。

なお,ここで最初にインストールされるのはWebプラットフォーム インストーラー(Web PI)で,WebMatrixはWeb PI上からインストールされます。すでにWeb PI 3.0が導入されている場合は,Web PIを再度インストールする必要はありません。

図1

図1

図2

図2

インストールが完了すると自動的にWeb PIが起動し,WebMatrixのインストール画面図3が表示されるので,「インストール」ボタンをクリックします。すると,インストールされるコンポーネントの一覧が表示されるので,「同意する」ボタンをクリックします図4)。

図3

図3

図4

図4

しばらく待つと,インストール完了のメッセージ図5が表示されるので,ウィンドウの真ん中にある「起動」リンクをクリックすると,WebMatrixが起動します図6)。これで,WebMatrixのインストールは完了です。

図5

図5

図6

図6

WebMatrixの起動時に表示される「クイックスタート」ウィンドウには,「個人用サイト」,「Webギャラリーからサイトを作成する」,「テンプレートからサイトを作成する」,「フォルダーからサイトを作成する」という4つのメニューが表示されています。WebMatrixでは,Webサイトをゼロから開発するだけでなく,「Windows Webアプリケーションギャラリー」に登録されている,WordPressやXOOPS CubeなどのオープンソースソフトウェアをベースにしたWebサイトを構築することもできます。

著者プロフィール

漆尾貴義(うるしおたかよし)

京都大学総合人間学部を卒業後,2003年4月からマイクロソフト株式会社でプリセールスSEとして勤務。法人向けに.NETやOfficeなどによるソリューション提案を行う。2006年6月にマイクロソフト株式会社を退社し,くらふとわーくす株式会社を設立。現在はクラウド型eラーニングサービス「eden」の開発・販売を行っている。主に使う言語はPython,JavaScript,C#。

コメント

コメントの記入