いま,見ておきたいウェブサイト

連載開始特別編 2008年の特徴,2009年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

みなさん,はじめまして。BlogLançamento(ランサメント)を運営しているLançamentoです。

この連載では,個人的に感じた国内外のウェブサイトの特徴や素晴らしい部分を,さまざまな角度から一歩踏み込んで解説していきたいと思います。

さて,初回は2008年の素晴らしいウェブサイトを振り返りながら,そのサイトに見られた特徴をお話ししていきます。

特徴その1 操作はわかりやすく,目的はシンプルに

FONTPARK 2.0 | MORISAWA

さまざまなフォント製品で有名な,株式会社モリサワのモリサワフォントを使用したグラフィック制作/参加型新規コンテンツサイト,「FONTPARK 2.0」です。

図1 株式会社モリサワのグラフィック制作/参加型新規コンテンツサイト FONTPARK 2.0

図1 株式会社モリサワのグラフィック制作/参加型新規コンテンツサイト FONTPARK 2.0

produce: AXIS Inc., design: tha ltd.

サイトでは,"フォントを構成する要素を分解し,取り出して再配置する"という簡単な操作で,グラフィック作品を制作することができるようになっています。さらに制作した作品は,投稿することで評価を受けることもできます。

図2 作品制作に必要な操作方法を,丁寧にアニメーションで説明してくれる

図2 作品制作に必要な操作方法を,丁寧にアニメーションで説明してくれる

投稿作品を一覧できるギャラリーもあり,ここでは見たい作品を選択すると,作品の制作過程を最初から最後までをリプレイしてくれます。どのような文字の,どの要素を使って作品が作られていったのかがよくわかり,非常に興味深いです。

図3 投稿作品を一覧できるギャラリー。ユーザーの作った見事な作品が並ぶ

図3 投稿作品を一覧できるギャラリー。ユーザーの作った見事な作品が並ぶ

ユーザーを参加させるポイントとは

ウェブサイトの制作の目的として, "情報を発信する"という部分があると思います。とはいえ,情報を用意して表示するだけでユーザーに伝えたいことが伝わるかというと,世の中そう甘くはありません。そこで,伝えたいことを理解してもらうことを目的として, "ユーザーを参加させる場を提供する" という考えに行き着くのですが,ただ場を作るだけでうまくいくわけではありません。

今年の傾向から,ユーザーを参加させる方法を読み取るとすれば,以下のポイントが挙げられるでしょう。

  • 目的がシンプル
  • 操作(やり方)が分かりやすい
  • ルール(覚えること)が少ない
  • 他のユーザーが参加しているのがわかる

これらのポイントを満たすことで,ユーザーに「これならできそうだ」と思わせ,参加意識を高めることに成功していると思います。

もちろんそれだけではなく,この「FONTPARK 2.0」では,tha ltd.の中村勇吾さんの制作するサイトに共通した特徴である,マウスでの"触感"(個人的にはこう呼んでいます)やフォントの要素をつまんだ時の"動き方"など,触って気持ちよい直感的かつ自由度の高いインターフェースのが加わり,非常に素晴らしいサイトとなっています。

関連サイト

高橋酒造株式会社│shiritori-ring しりとりで人のわをつなげよう!

高橋酒造株式会社のスペシャルサイト。"しりとり"という誰もが知っている遊びを使ったこと,目標をみんなで達成しようという場の作り方が秀逸です。

図4 高橋酒造株式会社のスペシャルサイト

図4 高橋酒造株式会社のスペシャルサイト

produce: Ogilvy & Mather Japan K.K., OgilvyOne Japan K.K., design: KAYAC Inc.

NOODLE ON NOODLE みんなで,宇宙をめざして

日清CUPNOODLEのスペシャルサイト。"カップヌードルを積み上げ,宇宙を目指す"という単純な目標を,アクセスしている人たちと一緒に目指している感覚が気持ち良いです。

図5 日清CUPNOODLEのスペシャルサイト

図5 『日清CUPNOODLEのスペシャルサイト

UT LOOP!

UNIQLO「UT」のキャンペーンサイト。音と映像をタイムライン上で組み合わせ,サウンドを完成させていきます。非常に簡単でわかりやすい操作方法が,参加意識へのハードルを低くしています。

図6 UNIQLO「UT」のキャンペーンサイト

図6 UNIQLO「UT」のキャンペーンサイト

design: tha ltd.

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入