いま,見ておきたいウェブサイト

第2回 HAPPY NEW YEAR '09,株式会社コルテックス,Cam with me(カム ウィズ ミー)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本格的な朝晩の厳しい冷え込みにより,毎朝"二度寝の誘惑"と戦う今日このごろ,いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた素晴らしいサイトの特徴を,いくつかお話したいと思います。

いつもと違う現実世界

『HAPPY NEW YEAR '09』

HAPPY NEW YEAR '09は,AID-DCC Inc.KATAMARI Inc.による,2009年の年賀コンテンツです。

図1 HAPPY NEW YEAR '09のトップページ

図1 HAPPY NEW YEAR '09のトップページ

credit: AID-DCC Inc., KATAMARI Inc.

四角形の黒い枠で作られたマーカーの書かれた年賀状,またはサイトでダウンロードできるPDFファイルを印刷して用意し,ウェブカメラを通して,サイト内に映し出します。すると認識されたマーカー部分が沈み込み,そこからテキストやグラフィックなど,いろいろなモノが飛び出してきます。

図2 黒い枠で作られたマーカー部分

図2 黒い枠で作られたマーカー部分

サイトでは環境の整わない方のために,実際にどうなるのかを撮影したデモムービーも用意されています。映像の中では,一度に複数のマーカーを表示させたり,体にマーカーをマジックで書いたりと,さまざまなパターンが用意されており非常に面白いです。

図3 サイトではデモムービーも用意されている

図3 サイトではデモムービーも用意されている

とはいえ,実在しないものが,そこにあるかのように見えるこの不思議な感覚。ぜひウェブカメラを用意して,実際に体験してもらいたいと思います。

ARって何ですか?

さて,このサイトを語る上で外せない技術がAR(Argumented Reality/拡張現実)です。すなわち,現実世界に情報を付け加えることができる技術です。

このAR研究のために,加藤博一さん(現:奈良先端科学技術大学院大学教授)とアメリカ・ワシントン大学HIT(Human Interface Technology)研究室によって開発されたARToolKitというC言語のライブラリがあります。

サイトでは,SaqooshaさんによってActionScript 3に移植されたARToolKitである,FLARToolKitというライブラリが使用されており,紙に印刷されたパターンをカメラで認識して,その上に3Dのオブジェクトを描画しています。

すでに海外では,企業のキャンペーンでこのAR技術が使われ始めており(例:BMW MINI Cabrioのキャンペーン),個人的には,今年は日本でも同じような体験ができるのではないかと,非常に期待している技術でもあります。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入