いま,見ておきたいウェブサイト

第6回 INTERNAVI REALIZATION,NIKE AIR TROUPE design battle

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

いよいよ桜が咲き,「ホーホケキョ」とウグイスのさえずりが聞こえ,何故かウキウキしてきた今日このごろ,いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた素晴らしいサイトの特徴を,いくつかお話したいと思います。

データを可視化するということ

『Honda | インターナビ | INTERNAVI REALIZATION』

ホンダの提供するカーナビゲーションサービス「インターナビ」をあらゆる方向から可視化するサイト,『INTERNAVI REALIZATION』です。

図1 データを可視化した光の軌跡が美しい

図1 データを可視化した光の軌跡が美しい

credit: METAPHORSEMITRANSPARENT DESIGN™

日本の主要都市を移動する車の動きを光で表現した「NEURON ROAD」は,ドラッグすることで視点の変更,マウスホイールで拡大・縮小が可能となっています。rei harakamiのオリジナル曲「crane」をバックに,画面上を動く光の軌跡が非常に美しいコンテンツです。

図2 車の後方視点で展開されるDRIVE LAPSE

図2 車の後方視点で展開されるDRIVE LAPSE

「DRIVE LAPSE」は,実施のカーナビゲーションの画面を表示しながら,夜間ドライブで目的地に到着するまでを疑似体験できるコンテンツです。シーニックルートと呼ばれる,景色のいい道路やおすすめのスポットを巡る観光ルートを通りながら,次第に夜が明け,周りの景色が広がってくる映像が印象的です。

図3 スクリーンセーバーなどもダウンロードが可能

図3 スクリーンセーバーなどもダウンロードが可能

また「NEURON ROAD」「DRIVE LAPSE」を利用した,スクリーンセーバー,ブログパーツも用意されています。

可視化の質を決めるコンセプト

インターナビのユーザーから集められた位置情報を使って,各コンテンツが作られているこのウェブサイトですが,単純にデータを可視化するというだけでは,非常に味気ない表現となってしまったでしょう。

このウェブサイトでは、"ニューロン(神経細胞)がほかの細胞に情報を伝達する"というコンセプトが「NEURON ROAD」の美しい光の軌跡を生みだし,"実際に運転している映像とリンクさせる"というコンセプトが,「DRIVE LAPSE」における臨場感の向上と,ユーザーへの疑似体験感覚を呼び起こしています。

持っているデータと,それを最大限引き出すコンセプトの組み合わせで,どのように表現(可視化)するのか。ウェブサイト上の表現についても,まだまだ考えていくべき余地が,そして,大きな可能性がありそうです。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入