いま,見ておきたいウェブサイト

第13回 Eternal moonwalk - A tribute to Michael Jackson.,Audi A5 Cabriolet - Live,WORST SELLER - 売れない商品ランキング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ムシムシとした梅雨も明け始め、いよいよ夏本番となりビールのおいしい今日このごろ,いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた素晴らしいサイトの特徴を,いくつかお話したいと思います。

"ムーンウォーク"は終わらない

『Eternal moonwalk - A tribute to Michael Jackson.』

2009年6月25日に亡くなった世界的なスーパースター,Michael Jacksonをトリビュートしたウェブサイト,『Eternal moonwalk』です。

図1 Michael Jacksonのムーンウォーク動画からスタート

図1 Michael Jacksonのムーンウォーク動画からスタート

credit: group94, Mortierbrigade

"Eternal moonwalk(永遠のムーンウォーク)" というタイトルの通り,Michael Jackson の代名詞とも言えるムーンウォークの映像が,次々とリレー形式でつながりながら再生され続けるという内容です。

図2 いろいろなムーンウォークの動画がある

図2 いろいろなムーンウォークの動画がある

また,ユーザーが撮影した動画も投稿できるようになっており,アニメーションや人間以外のムーンウォーク(!)なども楽しめるウェブサイトとなっています。

"Viral(バイラル)"と呼ばれる速さ

『Eternal moonwalk』が公開されたのは,Michael Jacksonが亡くなってから,わずか一週間後のことです。シンプルなアイデアとはいえ,こうした考えがすぐにウェブサイトという形になることに,まず驚きます。

それ以上に驚いたのは,インターネット上での広がりの速さです。『Eternal moonwalk』を制作したgroup94のクリエイティブディレクターであるPascal Leroyが,ウェブサイトの公開をTwitterで発表したのが7月3日。それからTwitterやBlogなどを通じて,世界中にウェブサイトの情報が爆発的に広がっていきました。

図3 AlexaによるEternal moonwalkのトラフィックランキングの推移

図3 AlexaによるEternal moonwalkのトラフィックランキングの推移

Alexaのトラフィックランキングのピークだった7月8日には,Pascal LeroyのTwitterに,「Currently setting up server nr5 for www.eternalmoonwalk.com. (現在,eternalmoonwalk.comのための5番目のサーバを準備している。)」と書かれており,アクセス数のすごさが伺えます。

Michael Jacksonが世界的なスーパースターということを差し引いても,このような世界的レベルで行われる人的な情報の広がりと共有のされるスピードの速さ,そしてウェブサイトの力を改めて感じる出来事でもありました。

企業がTwitterを使う理由

『Audi A5 Cabriolet - Live』

2009年7月13日,新型Audi A5 Cabriolet(カブリオレ)の報道発表会の生中継を行ったウェブサイト,『Audi A5 Cabriolet - Live』です。

図4 ウェブサイト上で行われた報道発表会の生中継

図4 ウェブサイト上で行われた報道発表会の生中継

credit: UltraSuperNew

アウディ ジャパンにとって初の試みとなるこのライブ中継では,まずAudi A5 Cabrioletのプレゼンテーションが行われ,その様子が映像としてウェブサイト上に流されただけでなく,Twitterを使っての実況中継も行われました。

図5 Twitterを利用した実況中継

図5 Twitterを利用した実況中継

さらにプレゼンテーション終了後には,ユーザーからの質問を製品担当者がチャット形式で回答するという「Live Q&A」が行われました。

※なお,この発表会の模様は現在も視聴が可能です。

ユーザーとの関係をどう作るか

アウディ ジャパンのニュースリリースでは,今回の試みについて以下のように説明しています。

お客様とのコミュニケーションを図る貴重な機会と捉え, "Vorsprung durch Technik(技術による先進)"を掲げるアウディにとっての「Vorsprung(先進)」のひとつの体現と考えております。

今や,新製品などの発表会をウェブサイト上で生中継することは,決して珍しいことではありません。しかし,今回アウディ ジャパンが行った,Twitterを使った報道発表会の実況中継は今までなかったものです。

ユーザーに発表会の中継をウェブサイトまで見に来てもらうという従来の方法ではなく,事前にアウディ ジャパンのTwitterをフォローしている(興味を持っている)ユーザーに対して,リアルタイムで情報を送信し,さらに質問を受け付けることで,より良い印象を確実に与えることができたと思います。

図6 Twitterでフォローも受け付けた

図6 Twitterでフォローも受け付けた

"ユーザーがコンタクトしてくるのを待つ"という受け身の姿勢ではなく,"積極的にユーザーとの関係と信頼を深めていく"という企業の新しい姿勢が,今後ユーザーとの新たなコミュニケーションの基準となることを期待したいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入