いま,見ておきたいウェブサイト

第21回 U2 LIVE FROM THE ROSE BOWL GLOBAL LIVE WEBCAST,The Red Bulletin - Inside the World of Red Bull: Print 2.0,Big Warm-up : Lands' End

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

朝晩めっきりと冷え込みが厳しくなり,そろそろ年賀状の準備でも始めようかと考える今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

全世界同時プロモーション

『U2 LIVE FROM THE ROSE BOWL GLOBAL LIVE WEBCAST』
(YouTube - U2official's Channel)

2009年10月25日,世界的なロックバンドであるU2とYouTubeのコラボレーションによって実現した,全世界規模の無料ライブ配信がYouTubeのU2公式チャンネル上で行われました。

図1 多数のアクセスにもかかわらず,配信された映像は非常に美しい

図1 多数のアクセスにもかかわらず,配信された映像は非常に美しい

アメリカ・ロサンゼルスのRose Bowl Stadiumで開催された『U2 360° TOUR』の模様をまるごと放送するという,YouTubeにとっても初めての試みは,アメリカ,日本,イギリス,フランスなど,合計16か国にライブ配信されました。

図2 ライブ配信終了後はすぐ再放送が開始された

図2 ライブ配信終了後はすぐ再放送が開始された

U2のパフォーマンスの素晴らしさはもちろんですが,一度も途切れることなく中継されたライブ映像の質の高さや,生中継の終了直後に再放送が開始されるなど,YouTubeの配信能力の高さを改めて感じさせるイベントとなりました。この2時間21分のライブの模様は,『U2 on YouTube - Live from the Rose Bowl』としてYouTube上で現在公開されています。

“一体感”を作る仕組み

インターネット上でコンサートのライブ配信が行われたのは初めてではありません。しかし,今回のU2のライブ配信では,一人で視聴しているにもかかわらず,誰かと一緒にライブを楽しんでいるかのような一体感を感じるライブ配信となりました。

世界的な人気を持つU2のライブというのもその原因の一つですが,個人的にとりわけ効果的だったと感じたのは,サイト内に用意されたtwitterの投稿画面です。

図3 放送中のtwitterへの投稿は途切れることがなかった

図3 放送中のtwitterへの投稿は途切れることがなかった

生中継が行われている時間には,#u2webcastというハッシュタグ(先頭に#を付けた単語で投稿されたつぶやきのテーマを表現する)を使ったtwitterの投稿が,ウェブサイト上に滝のように流れていきました。その世界中からの投稿を目にすることで,他の誰かと生中継を同時に体験しているという共有感と一体感が生まれました。

今回のイベントでは同時に1000万人のユーザーが視聴したと言われており,またこの直後にもアメリカのロックバンドFoo Fightersが発売するベストアルバムのプロモーションとしてライブ配信を行っています。時間と場所を一気に飛び越えるインターネットの特長を生かした,世界的規模でのプロモーションのひとつの方法として,一般的となる日も近いかもしれません。

雑誌の新たな可能性

『The Red Bulletin - Inside the World of Red Bull: Print 2.0』

Red Bullがサポートしているスポーツ活動全般を扱った広報誌「The Redbulletin」とAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を融合させた"Red Bulletin Print 2.0."のウェブサイト,⁠The Red Bulletin - Inside the World of Red Bull: Print 2.0』です。

"Red Bulletin Print 2.0."は,⁠The Red Bulletin」を用意(持っていない場合はウェブサイト上で公開されているPDF形式の冊子を実際に印刷する)し,ページに用意された"Bull's Eye"と呼ばれるマーカーをウェブカメラで認識させることで,内容に関する映像が流れるという仕組みです。ウェブサイト内ではその流れを ビデオで紹介しています。

図5 実際にRed Bulletin Print 2.0.を試している映像

実際の映像では,紙の上では決してできない表現を見事に実現しています。AR技術を使うことで,これから雑誌にどんな表現方法を加えられるのかと考えると非常に興味深いものがあります。

インターネットをどう取り込むか

長年続く出版不況の影響を受け,2009年に入ってからも 休刊・廃刊となる雑誌が後を絶ちません。その理由の一つとして,⁠インターネットを経由して,ユーザーが安価で手軽に情報を手に入れることができる時代となった」ことを否定することはできません。

しかし,⁠雑誌の休刊・廃刊の理由のすべてがインターネットのせい」とすることはできません。実際にインターネットでは手に入らないモノを提供したり,ウェブサイト以上の体験・価値を読者に提供することで,しっかりと売り上げを伸ばす雑誌も少なくありません。

今回の「The Red Bulletin」の試みでは,インターネットで使われている技術とユーザーを上手に取り込むことで,これからの雑誌が生み出す新たな可能性の一端を見せてくれています。⁠紙⁠という枠に縛られることなく,雑誌がどう生まれ変わっていくのか。大きく変ぼうしていくこれからの雑誌の姿に期待したいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入