いま,見ておきたいウェブサイト

第25回 2010年特別編 2009年の特徴,2010年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

みなさん,あけましておめでとうございます。Blog『Lancamento - Website, What a Wonderful World!』を運営しているLançamento(ランサメント)です。

本連載『いま,見ておきたいウェブサイト』では,昨年一年間,国内外のウェブサイトをさまざまな角度から解説してきました。2010年の初回となる今回は,特別編として,2009年のウェブサイト全般をいくつかの特徴から振り返っていきたいと思います。

特徴その1 AR(Augmented Reality/拡張現実)技術の爆発的拡大

『AID-DCC & Katamari - Happy New Year '09』

振り返ってみれば,⁠2009年は,"ARの年"だった」と言っても過言ではないでしょう。FLARToolKit(AR研究で開発されたARToolKitをActionScript 3で移植したライブラリ)を使用し,年賀コンテンツとして公開されたHappy New Year '09は,まさに2009年がARの年となることを予感させるものでした。

図1 ARの年となることを予感させた年賀コンテンツ

図1 ARの年となることを予感させた年賀コンテンツ

credit: AID-DCC Inc., KATAMARI Inc.

マーカーの付いた年賀状をウェブカメラにかざすことで,現実世界の上に動きのあるメッセージやグラフィックが次々とオーバーレイされるという,それまで見たことのない世界観は新鮮な驚きとウェブサイトの可能性を与えてくれました。その結果として,AR技術をキャンペーンやウェブサイトの中に採用する企業が現れました。

『GE | Plug Into the Smart Grid』

Plug Into the Smart Gridでは,スマートグリッド技術のプロモーションとして,マイクを使って息を吹きかけると画面に表示された風車(3Dモデル)の羽根が回転するというコンテンツが用意されました。

図2 GEによるスマートグリッド技術のプロモーションサイト

図2 GEによるスマートグリッド技術のプロモーションサイト

credit: Goodby, Silverstein & Partners, North Kingdom

こうした動きの中で,FLARToolKitの使用についても,ソースコードを公開せずに使用可能な商用ライセンスが用意されたこともあり,その後,AR技術を用いたウェブサイトは爆発的な広がりを見せていきます。

『Augmented Reality - Esquire Cover Augmented Reality Software and Video - Esquire』

中でも,AR技術を積極的に取り込もうとする動きが見られたのが,マスメディアの雑誌と新聞でした。アメリカの男性誌「Esquire」では,実際に発行された2009年12月号の雑誌に組み込まれたマーカーを利用して,雑誌の読者にAR技術を使ったコンテンツを提供しています。

図3 ⁠Esquire」の2009年12月号ではARが採用された

図3 「Esquire」の2009年12月号ではARが採用された

credit:The Barbarian Group,Psyop

また日本でも,新聞広告とAR技術を連動させた情熱 EARTHが公開されるなど,新聞や雑誌の新たな価値を提供する一つの方法として使われ始めました。

さて,わずか一年で急速に拡大したAR技術を使ったウェブサイトですが,その結果として,表現方法の高度化がかなりの早さで進行しています。そのため,今後は「何のためにAR技術を使用するのか」という根底の部分が,より重要視されることになるでしょう。

特徴その2 "140文字"から生まれる可能性

2009年,Blog,SNS,YouTubeと世界中で広がりを見せるソーシャルメディアの中に新たに加わったのがTwitterでした。わずか140文字で情報発信するというシンプルなシステムも特徴の一つですが,人々の考えがあっという間に文字となり,世界中へと広がっていくというリアルタイム性を利用したウェブサイトも多く見られました。

『U2 LIVE FROM THE ROSE BOWL GLOBAL LIVE WEBCAST(公開終了)』

U2とYouTubeのコラボレーションで実現した,この全世界規模の無料ライブ配信では,ウェブサイト内に用意されたTwitterの投稿画面に次々と流れていく世界中からの投稿が,生中継を誰かと体験しているという共有感と一体感を生み出しました。

図4 ⁠U2 360° TOUR』の模様が世界中に生中継された

図4 『U2 360° TOUR』の模様が世界中に生中継された

また,パソコンメーカーのDellがTwitterを利用したプロモーションでPC関連製品を約650万ドル売り上げるなど,すでに個人のコミュニケーションツールという枠を越え,ビジネスツールとしても欠かせない存在となっています。

『Audi A5 Cabriolet - Live』

日本でも,新型Audi A5 Cabrioletの報道発表会の実況中継が行われたり,⁠JINSMAN - ここはJINSの宣伝担当,JINSMANの部屋。⁠公開終了)⁠のようなマスメディア広告と連携させたプロモーションが催されました。

図5 Twitterを利用した新車発表会の実況中継が行われた

図5 Twitterを利用した新車発表会の実況中継が行われた

credit: UltraSuperNew

また,株式会社ビービットのようにTwitter上でユーザビリティに関する知識が学べたりと,Twitterは企業のマーケティングやプロモーション,顧客とのコミュニケーションを深めるためにも使用されることが多くなってきています。

企業の情報や新着情報の配信だけに使用している例もまだまだ多いのですが,つぶやきの広まる速さやリアルタイム性,現実とウェブ上の人の動きや考えが同期するといったTwitterの持つ特長を生かして,ウェブサイトとどのように連携させていくのか期待していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入