いま,見ておきたいウェブサイト

第30回 カーリル,DOMMUNE,radiko.jp

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

いよいよ本格的な桜のシーズン,いや,お花見シーズンの到来でウキウキしている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

公共サービスをより楽しく,使いやすく

『カーリル | 日本最大の図書館蔵書検索サイト』

日本全国にある4300以上の図書館/図書室から,本の貸出し状況が検索できるサービス『カーリル』です。

図1 全国の図書館から本が検索できるサービス『カーリル』

図1 全国の図書館から本が検索できるサービス『カーリル』

credit:Nota, Inc

蔵書の検索対象となる図書館を選択した後,読みたい本を検索すると,Amazonのデータベースを利用した本の表紙やレビューとともに,本の貸出し状況が表示されます。またキーワードによる検索だけでなく,「今話題の本」「作家から探す」のタブからも自分の興味のある本を探すことが可能です。検索で発見した読みたい本はリストとして保存することも可能で,印刷して図書館へ持って行くこともできます。

図2 読みたい本はリストとして保存することも可能

図2 読みたい本はリストとして保存することも可能

カーリルでは,全国のOPAC(Online Public Access Catalog)対応図書館のリアルタイム蔵書検索機能を提供する「カーリル図書館API」を使用しており,このAPI(Application Programming Interface)を用いたアプリケーションコンテストの実施も発表されています。

まだまだ満足度の低い公共サービス

インターネットで予約が可能なため,私も読みたい本があれば,地元の図書館をよく利用しています。しかしながら,図書館の検索システムが「誰もが使いやすいインターフェースで便利な機能が備わっているか」と問われれば,少し考えてしまいます。

図3 Amazon経由で蔵書を検索できる「libron」も便利なサービスのひとつ

図3 Amazon経由で蔵書を検索できる「libron」も便利なサービスのひとつ

credit:Champierre(シャンピエール)

そんな図書館のシステムよりも,便利に蔵書を検索するサービスも存在しています。例えば,Firefoxと拡張機能のGreasemonkeyを使った,Libron(リブロン)というサービスがあります。Amazon.co.jp経由で図書館の本を予約できる非常に便利なサービスなのですが,対応している地区がまだまだ少ないのが現状です。

編注
4月13日にLibronが大幅リニューアルされて,バージョン2.0となりました。Libron 2.0では,カーリルのAPI に対応することで,全国の図書館に対応するようになっています。詳細はLibronの開発ブログを参照してください。

カーリルも公共のサービスという意味では,蔵書の横断検索(複数の図書館を同時に検索する)の指定範囲が狭いこと,ISBN(International Standard Book Number:国際標準図書番号)のない資料(古書・郷土資料など)へのアクセスができないことなど,改善が求められる部分がまだまだ多くあります。

とはいえ,興味を持った本のリスト管理が可能だったり,図書館にない場合はそのままAmazon.co.jpで本が購入できたりと,いままで図書館が提供していた本を探して予約するだけというサービスの満足度をぐっと引き上げる事に成功しています。これまで以上に便利に,そしてより身近に図書館を利用することを可能にしていくさまざまなサービスに,今後も期待していきたいと思います。

毎日が“楽しい”週末

『DOMMUNE』

グラフィックデザイナー,映像作家,VJ,現代美術家,文筆家など,多分野で活躍する宇川直宏さんによって,2010年3月1日から始められたプロジェクト『DOMMUNE(ドミューン)』です。

図4 さまざまなゲストによるトークショーは夜7時から

図4 さまざまなゲストによるトークショーは夜7時から

「共同体を意味するCOMMUNE(コミューン)の先を目指す」という意味が込められた「DOMMUNE」では,Ustreamを使用して毎週日曜から木曜の夜7時からゲストによるトークショー,夜9時から豪華なDJ陣によるDJストリーミング番組「BROADJ」が配信されます。放送される番組は,渋谷にあるスタジオで実際に観覧もできます。

図5 夜9時からのDJストリーミングの視聴者は数千人にものぼる

図5 夜9時からのDJストリーミングの視聴者は数千人にものぼる

盛り上がるための巧みな仕掛け

DOMMUNEの放送時間は,いわゆるテレビ業界のプライムタイム(夜の看板番組が並ぶ時間帯のことで,日本では毎日19:00から23:00の時間帯)にかぶっているのですが,連日数千人を超える視聴者を獲得しています。ということはUstreamで良質のコンテンツを提供できれば,テレビにも負けない,しっかりとしたファン層を獲得できるメディアに成長する可能性があるのではないでしょうか。

いろいろな番組がUstreamで生放送されることが多くなってきましたが,この「DOMMUNE」では,それまで考えられなかった高音質や複数台のカメラを使用したカメラワークなどによって,クオリティの高い放送を実現しています。

また番組のアーカイブが存在しないため,視聴者は毎日の生放送に集中しなければならない状況が作られている点や,金・土曜日は放送を行わず,実際のスタジオ(クラブ)へと繰り出すように仕掛けられている点もよく考えられています。

「しっかりと作り込まれた良質のコンテンツは,多くの人々を巻き込む力を持つ」ということを,改めて教えてくれたこのプロジェクト。これからどんな展開を見せてくれるのか,毎日深夜まで,目の離せない状況が続きそうです。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入