いま,見ておきたいウェブサイト

第40回 Flipboard for iPad,Follow Team HTC - Columbia on Google Maps,プログラミン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

暑く厳しかった夏もようやく終わりに近づき,気がつけば今年も残り3分の1となっていろいろと焦り始めている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいウェブサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

自分の,自分による,自分のための雑誌

Flipboard for iPad

TwitterやFacebookなど,ソーシャルメディアのコンテンツをiPad上で閲覧できるアプリケーション「Flipboard App for iPad」のウェブサイトです。

「Flipboard App for iPad」では,各コンテンツが雑誌のようなレイアウトで表示され,"Flip(指先などではじく)board"という名前の通り,iPadの画面上を指ではじく操作によって,次々とコンテンツを読み進められます。

図2 雑誌のようなレイアウトが美しい(iPadの画面)

図2 雑誌のようなレイアウトが美しい(iPadの画面)

またTwitterやFacebook以外に,コンテンツ画面で用意されたニュースや写真,ファッションなど,興味を持ったコンテンツを追加していくことで,自分だけの雑誌(ソーシャルマガジン)が作れる仕組みになっています。

図3 興味に合わせてコンテンツが追加できる(iPadの画面)

図3 興味に合わせてコンテンツが追加できる(iPadの画面)

Flipboardでは,投稿の情報元であるウェブサイトや動画などが同時に表示されるため,140文字の制限があるTwitterと異なり,即座に投稿された内容を理解できます。軽快な動作とレイアウトの美しさ,コンテンツの閲覧のしやすさで,今後iPadを使う人の必携アプリケーションとなる可能性を秘めています。

動画1 ウェブサイトでは,Flipboardの紹介ビデオも用意されている

“時間の流れ”以外から

コミュニケーションツールとして登場したTwitterですが,今では情報収集ツールとして使われることも多くなりました。とはいえ,流動的なタイムラインの上では,欲しい情報が時間の経過とともに流れ,埋もれてしまう可能性があります。

『Flipboard for iPad』では,インタラクション(Twitter上での相互のやりとり)の多い人の情報を画面で大きく表示します。このため,自分と関係の深い人が発信した情報を見逃がさない仕組みになっています。

図4 ⁠paper.li』の更新は1日1回のみ

図4 『paper.li』の更新は1日1回のみ

最近では,頻繁にリツイートされた記事を一覧表示するThe Twitter Tim.esや,記事を新聞形式(1日1度だけ発行)でまとめてくれるpaper.liなど,タイムラインにこだわらない情報提供を行うウェブサービスも増えてきています。

Twitterの情報を⁠時間の流れ⁠以外の切り口で提供するサービスは,これからも増えてくるでしょう。そうした新たな仕組みやサービスによって,埋もれる情報が減り,誰もが欲しい情報を簡単に入手できるようになる日も,そう遠い話ではないのかもしれません。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入