いま,見ておきたいウェブサイト

第67回 みんなのビジネスオンライン,Kerning.js,The 9/11 Tapes

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

最近の朝晩の冷え込みで,冷凍庫のアイスが消え,温かい飲み物がとても美味しく感じられるようになってきた今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

中小企業のウェブサイトが変わる

みんなのビジネスオンライン

国内の中小企業を支援することを目的に,Googleによって提供されるウェブサービス,⁠みんなのビジネスオンライン』です。

図1 ⁠みんなのビジネスオンライン』

図1 『みんなのビジネスオンライン』

『みんなのビジネスオンライン』では,ウェブホスティングサービスJimdoを利用することで,専門的な知識や技術がなくても,ウェブサイトが簡単に作成できます。

『みんなのビジネスオンライン』でのウェブサイト制作を説明した動画

もちろん,細部のデザインやコンテンツの質(ウェブサイト内の文章や写真など)を考えれば,⁠使える」というレベルですが,各業種に最適化されたデザインテンプレートの利用や独自の.jpドメイン取得も可能なうえ,さらに1年間無料で試せるというのは,非常に魅力的なサービスです。

誰が,いちばん得をする?

『みんなのビジネスオンライン』について,Google Japan Blogでは,国内企業の99.7%を占める中小企業の76%がウェブサイトを保有しておらず,消費者や他の企業などとビジネスでつながる可能性を逃してしまっている現状があると発表しています。

そうした中小企業にしてみれば,さまざまな理由で開設が難しかったウェブサイトが,"1年間無料で利用できる"このサービスのメリットは大きいでしょう。実際にウェブサイトを制作して,成果がなければ,利用をやめればよいですし,成果があれば「もう少し費用と時間をかけてみよう」と気軽に試せるのも魅力です。

また,中小企業のウェブサイト開設の手始めとして,このサービスが利用されることで,ウェブ制作会社にも新たなチャンスが生まれるでしょう。ウェブサイトの作成がすぐ利益を生むわけではありませんし,実際にどう利用・運営していけば良いのか,相談されるケースも増えるでしょう。

『みんなのビジネスオンライン』の概要を説明した動画

多方面に恩恵を与えそうなこのサービスですが,個人的には,実在するにも関わらず,検索結果にも表示されない,インターネット上では"存在しない"ことになっている,中小企業の各種データを入手できる「Googleのメリットが,最も大きい」と思っています。今後,獲得したデータを利用して,Googleがどんなサービスを生み出すのか,既存のサービスにどう生かしてくるのかに注目したいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入