いま,見ておきたいウェブサイト

第90回 Amazon Election Heat Map 2012,Old Spice Muscle Music on Vimeo,Milwaukee Police Department

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ようやく夜中の寝苦しさから解放されつつあるものの,まだまだ残暑が厳しい今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

選挙の結果は,本に聞け

Amazon Election Heat Map 2012

2012年11月6日のアメリカ大統領選挙に向けて,Amazon.comが開始した『Amazon Election Heat Map 2012』です。

図1 政治関連書籍の販売データから作成される『Amazon Election Heat Map 2012』

図1 政治関連書籍の販売データから作成される『Amazon Election Heat Map 2012』

『Amazon Election Heat Map 2012』は,アメリカのテレビネットワークなどが大統領選挙で使用する「赤(共和党)⁠「青(民主党)⁠で色分けされた地図と同様に,Amazon.comにおける,直近30日間の政治関連書籍の販売データを利用して,アメリカの各州で「赤」「青」のどちらが優勢なのかを単純に表現したマップです。

図2 政治関連書籍の販売データによって,各州が塗りつぶされる

図2 政治関連書籍の販売データによって,各州が塗りつぶされる

描画されているマップの基本データは,Amazon.comが分類した「赤の本(共和党寄りの政治関連書籍)⁠「青の本(民主党寄りの政治関連書籍)⁠各250冊の販売数と購入先(本の送付先)です。電子ブックリーダー「Kindle」版の書籍やオーディオブックもランキングの上位に登場するなど,日本との電子書籍環境の違いも感じられます。

データが生み出す,新しい考察

選挙結果の予測としては,マスコミなどが行う世論調査やアンケートなどによる方法が一般的ですが,⁠Amazon Election Heat Map 2012』のように,書籍の購買データから,全く畑違いの政治分野の予測をするという試みは,非常に面白いと思います。

図3 各州における書籍の売り上げも確認できる

図3 各州における書籍の売り上げも確認できる

ただし,冷静に考えれば"本の購入者が実際の支持者"なのか,⁠赤の本」⁠青の本」といった書籍の分類方法は正しいのかなど,基準となるデータの設定条件にも曖昧な部分もあります。このため,Amazon.comのプレスリリースでは,"Books aren't votes(本は票ではありません)"として,あくまで大統領選挙における会話の一つとして役立てて欲しいと述べています。

とはいえ,こうした大企業が持っているデータを活用することで,今までにはない視点や考え方から,物事の予測や検討ができるのではないかという可能性も否定できません。⁠Amazon Election Heat Map 2012』のように,新たな可能性を感じさせる大量のデータを使った事例がこれから広がるのかどうか,注目していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入