いま,見ておきたいウェブサイト

第92回 Welcome to the new Myspace!,TheFWA,TOPSHOP UNIQUE LIVE

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

スポーツや読書をするのにもってこいの気候が,何よりも食欲を刺激してくる今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

復活をかけた,リニューアル

Welcome to the new Myspace!

音楽やエンターテインメントを中心としたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である「Myspace」の刷新を知らせるウェブサイト,⁠Welcome to the new Myspace!』です。

図1 Myspaceの刷新を知らせる『Welcome to the new Myspace!』

図1 Myspaceの刷新を知らせる『Welcome to the new Myspace!』

ウェブサイトでは,⁠新しいMyspaceは,ユーザーの望む方法で自己表現の力を与えるというルーツを守りながら,ゼロから構築されている」というメッセージとともに,リニューアル後の「Myspace」を紹介する「Preview the new Myspace」へのリンクが表示されています。

図2 ⁠Preview the new Myspace」では,新しい「Myspace」を紹介した動画が視聴できる

図2 「Preview the new Myspace」では,新しい「Myspace」を紹介した動画が視聴できる

「Preview the new Myspace」では,新たなUIで刷新された「Myspace」の様子が動画で紹介されます。動画の終了後には,メールアドレスを登録することで,サービスへの参加を促すリンクが表示されます。

「Myspace」の復活はなるか

音楽やエンターテインメントに強いSNSという特長を生かし,一時は,若者を中心に熱気と勢いを持っていた「MySpace」ですが,現在では「Facebook」にその座を奪われています。特にここ数年は,ロゴ刷新の失敗や経営不振など,あまり良い話題がありませんでした。

新しい「Myspace」を紹介する動画

The new Myspace from Myspace on Vimeo.

こうした中で実施された「MySpace」のリニューアルですが,動画を見る限りでは,現在話題になっているSNSのデザインやインターフェースを上手に取り入れながら,強みである"音楽とエンターテインメント"に特化していこうという方向性が感じられます。

ただし,新しい「MySpace」が以前のような活況を取り戻せるかどうかは疑問です。⁠MySpace」が停滞している間に,⁠Facebook」のユーザーが拡大しただけでなく,多彩な音楽・動画サービスが生まれたことで,必ずしも「MySpace」が音楽とエンターテインメントに強いとは言えない現状が生まれているからです。

とはいえ,個人的には,動画は「一度試してみたい」という気分にさせてくれる内容です。それが現実のものなのかは,実際に使えばわかるでしょう。新しい「MySpace」が正式にスタートする時期はわかりませんが,今からメールアドレスを登録して,新しいサービスの開始を待ちたいと思います。

"適材適所"が生んだリニューアル

TheFWA

技術やデザインに優れた,先進的なウェブサイトを日々紹介するウェブデザインポータルサイト『TheFWA(Favourite website awards)⁠です。

図3 リニューアルされたウェブデザインポータルサイト『TheFWA』

図3 リニューアルされたウェブデザインポータルサイト『TheFWA』

credit:group94

"Big shout to group94 for the start of the huge transition of thefwa.com into HTML"ということで,今までFlashで制作されていた『TheFWA』が,まだ一部対応していないコンテンツもあるものの,HTMLベースのウェブサイトとして生まれ変わり始めました。機能的に大きく変化した部分はありませんが,Flash版と比較して,ナビゲーションはより軽快に動くようになりました。

図4 画像のスライドなど,Flashで行われていた動きはJavaScriptで代替されている

図4 画像のスライドなど,Flashで行われていた動きはJavaScriptで代替されている

さらに進む,使用技術の選択と使用

『theFWA』では,内容を説明するテキストと複数のキャプチャー画像を使ってウェブサイトを紹介しています。単純に考えれば,⁠テキストと画像が扱える技術」が使えれば,ウェブサイトが成立することになります。

もちろん,閲覧に便利な機能の実現や最低限の演出など,ウェブサイトには「動かすための技術」も欠かせませんが,それらを実現するために「Flashが絶対に必要ではない」ことを,リニューアルされた『theFWA』が証明しています。

図5 HTMLベースのため,iPadでも閲覧できるようになった

図5 HTMLベースのため,iPadでも閲覧できるようになった

「FWAで紹介されるウェブサイト=Flashで制作されたもの」という時期もありましたが,現在では,HTMLベースで制作されたウェブサイトが紹介される回数も増えています。⁠theFWA』のリニューアルは,ウェブサイト制作で使用される技術の適切な選択と使用が,さらに進んでいることを示す事例のひとつではないでしょうか。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入