いま,見ておきたいウェブサイト

第94回 Kindleストア,Red Bull Stratos,本の書き出し

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

朝晩だけでなく,日中でも本格的に温かい飲み物の美味しさが増してきた今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

スタートした,"本命"の電子書籍ストア

Amazon.co.jp: Kindleストア

2012年10月25日にオープンしたAmazon.co.jpの電子書籍ストア,⁠Amazon.co.jp: Kindleストア』です。

図1 日本でも始まった「Kindle」向けの電子書籍ストア「Kindleストア」

図1 日本でも始まった「Kindle」向けの電子書籍ストア「Kindleストア」

「Kindleストア」は,Amazonの販売する電子書籍端末「Kindle」向けの電子書籍ストアです。5万冊以上の日本語書籍をそろえ,無料の「Kindle」アプリを利用すれば,iPhone,iPad,Androidなどの端末でもサービスが利用できます。

図2 新品や中古,電子書籍などの価格が,一度に比較できる

図2 新品や中古,電子書籍などの価格が,一度に比較できる

幅広いジャンルの商品を取り扱っているAmazon.co.jpでは,実際の書籍も販売しています。このため,紙の書籍の新品価格だけでなく,自社サービス「Amazonマーケットプレイス」での中古価格,⁠Kindleストア」の電子書籍版の価格を同時に比較しながら,書籍が購入できるようになっています。

自社サービスも連携させる,Amazonの強み

こうした仕組みは,すでに紙の本と電子書籍の両方を扱っている電子書籍ストア(例:「honto」⁠楽天ブックス」⁠紀伊國屋書店BookWeb」など)で行われているため,目新しい感じはありません。ただし,日本における電子書籍サービスでは,Amazonは後発のサービスとなるため,大規模なセールを開始したり,Kindleストアで本を出版する「Kindle Direct Publishing」をスタートさせたりと,⁠Kindleストア」の開始に合わせ,さまざまな手を打っています。

図3 書籍の販売ページに設置された「Kindle化リクエスト」ボタン

図3 書籍の販売ページに設置された「Kindle化リクエスト」ボタン

特に有効だと感じたのは,まだ電子化されていない書籍の販売ページに設置された「Kindle化リクエスト」ボタンです。このボタンにあるリンクをクリックすると,ユーザーが書籍の電子書籍化を希望していることを,Amazonを通じて発行者(出版社)に知らせるという仕組みです(⁠honto」は,すでに導入済み)⁠

現段階では,他の電子書籍サービスを圧倒しているとは言えない「Kindleストア」の日本語書籍の品ぞろえですが,こうしたデータが集まることで,ユーザーからの要望・意見を伝えるだけでなく,発行者にKindleストアでの書籍販売を促す効果も期待できるという,非常に素晴らしいアイデアだと思います。

多くの人が期待を抱いている「Kindleストア」ですが,電子書籍端末の販売や自社サービスとの連携など,単なる電子書籍ストアとして勝負しないという,強みとしたたかさが感じられます。これから日本の電子書籍サービスや実際の書店,そして,出版社や作者にどんな影響を与えるのか。自身の読書環境の変化を含め,その展開を楽しみにしていきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入