いま,見ておきたいウェブサイト

第127回 2015年特別編 2014年の特徴,2015年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

新年あけましておめでとうございます。

Lançamento - Website, What a Wonderful World!を運営しているLançamento(ランサメント)です。

『いま,見ておきたいウェブサイト』では,2014年も国内外のウェブサイトやウェブサービスを,さまざまな方向から解説してきました。2015年の初回は「特別編」と題して,2014年に登場したウェブサイトとその周辺・特徴などを振り返りながら,2015年への展望を語っていきたいと思います。

特徴その1 ウェブサイトの対象は,モバイルデバイス中心へ

2014年は,ウェブサイトが"モバイルデバイスからのアクセス"を本格的に意識するようになったと感じさせられる年でした。ウェブサイトのコンテンツは,アクセス数が減少してきたPCではなく,普及が急速に拡大してきたモバイルデバイスへの対応が必須となっています。

このため,あらゆるデバイスに対応できる「レスポンシブWebデザイン」の重要性はさらに高まりました。結果として,多くのウェブサイトやウェブサービスが,モバイルデバイスへの最適化を進めていきました。

図1 ⁠レスポンシブWebデザイン」に対応したウェブサイトのひとつヤンマー

図1 「レスポンシブWebデザイン」に対応したウェブサイトのひとつ『ヤンマー』

モバイルデバイスの普及の拡大は,コンテンツにも大きな変化をもたらしています。縦に長いスクロールや次から次へとコンテンツが読み込まれるような,スマートフォンやタブレットの操作方法に合わせて制作されたウェブサイトも数多く登場しました。

図2 モバイルデバイスで使われるようにデザインされたUIが使われているGogoro - Introducing the world's first and only Smartscooter?

図2 モバイルデバイスで使われるようにデザインされたUIが使われている『Gogoro - Introducing the world's first and only Smartscooter』

また,"ハンバーガーボタン"で有名な「スライドアウトメニュー」など,モバイルデバイス対応のウェブサイトで標準的に使用されているUIが,PC対応のウェブサイトでも採用されるなど,モバイルデバイス側のデザインが,PC側へと導入されるケースも出てきています。

今後,コンテンツを消費する中心は,各個人の持つモバイルデバイスへと移行していきます。モバイルデバイスに対応したコンテンツを最優先に考える流れによって,今までPCを中心に考えられていたウェブサイトのデザインは,大きく変わっていくのかもしれません。

特徴その2 動画を見る時間は,より少なく,濃密に

近年,ウェブサイトでも,背景全面を利用した動画の再生が増加しています。2014年は,こうした定番の使用方法に加え,短い動画を連続再生するといった,ユーザーの興味を持続させる動画の使い方が登場しました。

背景には,⁠興味がなければ,長い動画は見ない」という,ユーザーの行動の変化が挙げられるでしょう。気に入らなければウェブサイトを離れたり,スキップボタンを押して別の動画へと移動したりと,ユーザーはわずか数秒で動画の良し悪しを厳しく判断します。

図3 2014年に大流行となった,最大6秒の動画共有サービスVine

図3 2014年に大流行となった,最大6秒の動画共有サービス『Vine』

YouTubeの動画再生前に登場するインストリーム広告も,"最初の5秒"でユーザーに注目させるよう,ここ1年間で質が大きく変化しています。また,動画共有サービス「Vine」の大流行は,こうしたユーザーの動画に対する意識の現状を表したものではないかと考えています。

ウェブサイトでコンテンツとして動画を利用する場合,ユーザーのアクションと組み合わせたり,動画内にインタラクティブな仕掛けを用意したりと,単純に動画を再生することなく,今までもさまざまな工夫が重ねられてきました。

図4 Reebok MOVE FALL/WINTER 2014でも,動画を見せるために,ユーザーにアクション(クリック&ドラッグ)を要求している

図4 『Reebok MOVE  FALL/WINTER 2014』でも,動画を見せるために,ユーザーにアクション(クリック&ドラッグ)を要求している

こうした工夫だけでなく,"動画再生の最初の数秒で注目させる"という傾向は,今後ますます強くなります。そう考えれば,ユーザーの意識の変化に対して,ウェブサイトでの動画の使用方法にも,さらに新たな工夫が求められていくことでしょう。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入