いま,見ておきたいウェブサイト

第149回 adidas FUTURECRAFT,Google Earth,Introducing the New Instagram Direct

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

気温が急激に上昇したことで,扇風機を設置しながら,⁠今年の夏はこれ以上暑くなるのか」と今からうんざりしている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

未来のシューズは,3Dプリンターが作る

adidas FUTURECRAFT

adidasが進めている「Futurecraft」シリーズ(最新技術によってシューズの製造分野にイノベーションを推し進める)の集大成となる,3Dプリントシューズ「Futurecraft 4D」をフィーチャーしたウェブサイト,⁠adidas FUTURECRAFT』です。

図1 adidas の3Dプリントシューズ,⁠Futurecraft 4D」をフィーチャーした『adidas FUTURECRAFT』

図1 adidas の3Dプリントシューズ,「Futurecraft 4D」をフィーチャーした『adidas FUTURECRAFT』

ウェブサイトでは,アメリカの3DプリンタメーカーであるCARBONが開発したテクノロジー,Digital Light Synthesis(液体樹脂に光を照射して,耐久性に優れたポリマー製品を製造する技術)を用いて作られたミッドソール(靴底の中間部分で衝撃の吸収や履き心地を左右する部分)を搭載する世界初の高性能シューズ,⁠Futurecraft 4D」を解説しています。

「Futurecraft 4D」のプロモーション映像

「Futurecraft 4D」は,2017年4月に300足,2017年の秋冬シーズンに5000足以上が販売され,2019年までには10万足以上の3Dプリントシューズが量産される予定です。最終的には,顧客がadidasの店舗に立ち寄れば,その場で3Dプリンターで製作したシューズを試着できる仕組みも実現する計画です。

店舗に足を運ばせる理由が作れるか

「Futurecraft」シリーズ以外にも,adidasは店舗での商品製造を行うプロジェクトを実践しつつあります。2017年3月12日までの期間限定プロジェクトadidas Knit for youでは,来店した顧客が体のサイズの計測と好みのデザインを選択すれば,わずか4時間でカスタマイズされたニットがその場で購入できる体験を提供しています。

「adidas Knit for you」の概要を説明した動画

現在,世界中でアパレル業界の不振が続いています。メーカーにとって重要な販売拠点であるアメリカでは,有名百貨店や大型ショッピング・モール,大手小売業者の店舗閉鎖などが相次ぎ,販路が縮小したメーカーは大苦戦を強いられています。

背景には,実際の店舗だけでなく,インターネット上の店舗との価格・販売競争が激化していることが挙げられます。⁠商品を購入するだけなら,ネットで手軽に何でも買える⁠という消費者の購買行動の変化が進んでいるため,小売業者側もECサイトでの販売強化を進めていますが,まだまだ実店舗での売上減少をカバーするまでには至っていません。

消費者が利便性を求めていく中で,実際の店舗には「顧客自らが足を運ぶ意味があるのか」どうかが問われ始めています。この問いかけに対して,adidasは店舗を訪れた顧客が欲しいものを,ネットで購入するよりも早く,確実に,その場で購入できる仕組みを構築していくという答えを出しています。

これまで店舗数や販路の拡大によって売上を伸ばしてきたメーカーにとって,⁠店舗でしか味わえない購入体験⁠の提供は,大きな流れとなるでしょうか。他の業界と比べて遅れがちな効率化の問題も含めながら,今後の展開をじっくりと見ていきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入