いま,見ておきたいウェブサイト

第154回 2018年特別編 2017年の特徴,2018年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2018年が始まってから,早くも3ヶ月。みなさま,いかがお過ごしでしょうか。Lançamento - Website, What a Wonderful World!を運営しているLançamento(ランサメント)です。

『いま,見ておきたいウェブサイト』では,2017年も国内外のウェブサイトやウェブサービス,アプリなどを紹介しながら解説してきました。2018年の初回は「特別編」と題して遅ればせながら,2017年に登場したウェブサイトやウェブサービスの周辺環境などを振り返りながら,2018年への展望を語っていきたいと思います。

特徴その1 Amazonの進出とその影響

四半期ごとに公表される決算を見てみると,Amazonという会社は営業利益率も低く,売上高の割にあまり儲かっていない企業のように思われます。しかし,実際には得られた利益のほとんどを新しい技術やサービス,企業の買収へと先行投資しながら,自らの活動する領域を拡大し続けている特異な企業です。

2017年は,そのAmazonが新たな分野へと事業を拡大し,影響力をさらに拡大していった年でした。

図1 Whole Foods Marketは,全米に約400店舗を展開するオーガニック系の高級スーパーチェーン。Amazonは,このスーパーを137億ドル(約1兆5000億円)で買収した

図1 Whole Foods Marketは,全米に約400店舗を展開するオーガニック系の高級スーパーチェーン。Amazonは,このスーパーを137億ドル(約1兆5000億円)で買収した

2017年6月,Amazonは高級スーパーマーケットのWhole Foods Marketを買収しました。実店舗を持つWhole Foods MarketをAmazonが買収することには,何かメリットがあるのでしょうか。

あるデータによれば,⁠全米にあるWhole Foods Marketの店舗の周囲約16km圏内には,Amazon Prime会員の約9割が住んでいる」ということで,現在Amazonが行っている「AmazonFresh(Amazon Prime会員向けの生鮮食料品を2時間以内に自宅に宅配するサービス)⁠AmazonFresh Pickup」をさらに強化できます。またWhole Foods Marketの実店舗から得られる販売データを利用して,逆にeコマースサイトで新たな施策を実行することも可能でしょう。

オンラインで注文した生鮮食料品を,わずか15分後には店舗に立ち寄って受け取れるようにするAmazonの「AmazonFresh Pickup」を説明した動画。 Whole Foods Market買収後は,こうした形で利用される店舗も増え,サービスがさらに拡大するだろう

こうした実店舗から獲得できるのは,eコマースからは得られない貴重なデータです。インターネット上から得られる情報にも価値があるのですが,それ以上に⁠自分たちしか手に入れられない独自データを新たな方法で獲得し,それを活かしながら事業を発展させていく⁠ことが,これからの企業のビジネスにおいて大きな優位性を発揮する時代になっています。

Amazonの進出する業界はさらに広がりを見せそうです。噂が上がっているだけでも医薬品販売,物流,広告事業,保険事業,金融など対象となる領域は拡大する一方です。またAmazonGoのような,今までに誰も実現したことのない新たなサービスにも積極的に挑戦しています。

元はeコマースを中心とした会社であったAmazonも,ここ数年で新たな領域に参入しながら,確実に事業を拡大しています。Amazon自体も事業の拡大とともに大きく変貌する時を迎えているようです。

特徴その2 新技術で進む,アパレル業界の効率化

シーズンごとの商品の入れ替わりや移ろいやすいユーザーの嗜好の変化,流行といった予測不能な要素と在庫管理の難しさなど,安定的な企業運営を行うのが非常に難しい業界のひとつがアパレル業界です。

こうした不安定な要素が多いアパレル業界では,ここ数年インターネット販売やショッピングセンターでの値引きといった低価格競争によって,さらなる利益の低下に陥り多くのブランドが経営状況を悪化させています。

企業側もこうした状況を改善させようと様々な施策を行っています。まず,商品を販売する店舗や百貨店,ショッピングモールなどの販売網の拡大です。実店舗だけでなくWalmartやAmazonなど,eコマースへの商品供給にも積極的に進出しています。2017年には今まで自らの運営するeコマースサイトにしか商品を提供しなかったアパレルメーカー大手のNikeが,Amazonとの販売契約を結んだことが話題となりました。

こうした努力が続く中,2017年には,アパレル業界でも新技術の採用による効率化が進められてきました。

新技術の採用という点では,3Dプリンターの利用が挙げられます。3Dプリンターは,これから多くの業界で積極的に使われていくことが予測されている技術のひとつです。特に製造業では,商品開発から実際の商品提供まで,製造工程の多くで大きな恩恵を受ける技術といわれています。

過去にもアパレル業界で3Dプリンターを使った事例はありましたが,プロモーションの一部といった,あくまで実験的な使われ方が多かったと感じます。そうした事例とは異なり,2017年には3Dプリンターを使って実際に販売できる製品を制作できるレベルにまで技術を高めています。

adidasの「FUTURECRAFT 4D」を解説した映像。Carbon社の3Dプリンターを利用して,約5000足の3Dプリントシューズを量産することに成功。2018年度,adidasはこうした3Dプリントシューズを数十万足も量産する予定

効率化という点では,季節ごとに商品を揃えなければならないアパレル業界にとって,最も問題となるのが在庫管理です。3Dプリンターを使って製品の少量多品種化が低コストで実現できるだけでなく,ユーザーの要望に対応した商品を素早く提供できる可能性が高まります。技術を高めることで,顧客が欲しがる分だけを確実に製造することができるため,製作コストの削減と利益率の向上も見込めます。

本連載でも紹介しましたが,3Dプリンターによる製品はすでに販売されており,今後も多くの製品が登場することでしょう。新技術の導入によって,今まで薄利多売で凌ぎ合い,利益率も低いと考えられてきたアパレル業界が少しずつ変わっていきそうです。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入