Webゆえに考える テキスト編集のテクニカルコンセプト

第2回 可読性を高める(1)情報を分かりやすく整理する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

言うまでもなく,文章はメッセージを文字を使って伝達するコミュニケーション手段です。読み手が途中で閲覧を断念しないように,少しでも読みやすく,分かりやすく,読み手にストレスを与えない状態にすることは,編集/ライティングにおける最低限のタスクです。また,文章の可読性を高めることは,ユーザビリティの基本でもあります。

読みやすい文章をスラスラと書けるようになるにはそれなりの経験が必要ですが,意識すべきポイントはそれほど多くはありません。これから数回に分けて,その要点について説明していきます。

細かな部分の調整は最後に行う

文章を手直しするとき,多くの人は,言葉じりの調整だけで何とか済ませようとします。しかしそれは,作業全体の労力を考えると,あまり上手な進め方とは言えません。

なぜなら,文章の読みにくさ/分かりにくさは,構造的な問題から生じていることが多いからです。ビジュアルデザインにおいて,バランスに欠けたレイアウトを踏襲したまま上手に造り込むのが難しいのと同様に,細部を調整するだけでは満足できる状態になかなか到達しません。

まずは以下の点をふまえ,情報を分かりやすく整理しておきましょう。ときに広範囲に及ぶ書き直しも必要になりますが,後の作業はぐっと楽になります。

細かく見出し分け,段落分けする

分かりやすさの基本は言葉の通り「分ける」ことです。文章は適度に見出し分け,段落分けしておきましょう。見出しは本文の"目次"として読者の理解を助け,段落は意味の"切れ目"となって一度に把握しなければならない情報量を減らします。

とくにWebは,印刷物よりも目が疲れやすい上,スクロール操作を余儀なくされるなどページの一覧性に劣ります。"休み休み"読み進められる状態が望ましいので,一般の印刷物なら"しつこさ""ぶつ切り感"を生じる程度まで細かく分けておくくらいで,ちょうど良いはずです。

図1

i のように,ずっと連続した文章は読みにくい。ii のように小見出しに分けたり,iii のように段落を分けるなどして,情報のツブをはっきりさせるようにしたい

また,多数の情報を列挙する場合には,無理に一続きの文章として説明するのではなく,箇条書きを使って本文から切り離してしまいましょう。

情報の列挙には箇条書きを使う

図2 情報の列挙には箇条書きを使う

情報の1ブロックは1つの意味でまとめる

人は説明のまとまりに,論理的なまとまりを期待します。説明が話の途中で切れていたり,余計な情報が混ざっていたりすると,論理性が破綻して理解を妨げてしまいます。情報の1ブロックは1つの意味でまとめておきましょう。

i. 意味の切れ目で分け直す

図2 i. 意味の切れ目で分け直す

ii. 余分な情報は別に切り分ける

図3 ii. 余分な情報は別に切り分ける

著者プロフィール

松下健次郎(まつしたけんじろう)

Webを中心に活動するフリーランスの編集ライター。自著に"プロフェッショナルWebライティング"(技術評論社)がある。バイクとお酒をこよなく愛する子年生まれの乙女座O型。

ブログ:松下健次郎のブログ

コメント

コメントの記入