Webゆえに考える テキスト編集のテクニカルコンセプト

第4回 可読性を高める(3)"音のつながり"をきれいにしよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

しどろもどろのスピーチを聴くのは誰でも苦痛なものです。文章も同様に,読んでいて"息苦しさ"や"テンポの悪さ"を感じさせるポイントがあると,読者は強いストレスを感じます。単に"分かる"ようにするだけでなく,"音のつながり"を美しく整えておくことは,文章の可読性を考える上で最も重要な課題の一つです。

人は頭の中で声を出しながら文章を読んでいきます。まずは以下を参考に,実際に声に出してみたときに不自然な部分をなくしていきましょう。誰もが"流ちょう"だと感じるレベルまで美しくするのは大変ですが,閲覧を妨げるほど"聴くに堪えない"状態からはすぐに抜け出せるはずです。

読点は出来るだけ少なめに,適切な位置に

はじめに注意したいのが読点「,」の数と位置です。読点は文意を区切るだけでなく,無音の1文字=いわば文章の"4分休符"としての役割も持っており,数が多すぎたり,誤った位置にあると,読み上げたときのリズム感が大きく崩れます。そうはいっても,読点を全く打たないのも"息苦しさ"の原因になります。

例文のように無いと読み間違える・紛らわしさが出る部分にはしっかりと打って,あとは出来だけ減らすように心がけましょう。慣れないうちは読点をいったん全部消してから,改めて打ち直してみると上手くいくはずです。

【例】
むやみに打たない
  • 「防水性の,高い製品なので,どんな大雨でも,安心です」
    「防水性の高い製品なので,どんな大雨でも安心です」
無いと言葉の切れ目がはっきりしないときに打つ
  • 「当社でははっきりとした対応を~」
    「当社では,はっきりとした対応を」
情報を列挙するときに打つ
  • 「この商品のサイズは高さ90cm幅130cm奥行き100cmです」
    「この商品のサイズは,高さ90cm,幅130cm,奥行き100cmです」
接続詞の後に打つ
  • 「そしてこの商品の最大の特徴が」
    「そして,この商品の最大の特徴が」

一文は短めに区切る

次に注意したいのが,句点「。」で区切られる一文の長さです。一文が長いと読点を打つ量も増え,読点の位置を決めるのが難しくなります。また,一文は「どんな・何が~どうだから・どうした」というメッセージの最小単位であり,あまりに長すぎると理解の妨げにもなります。一般的には,大体40~60字程度におさえるのが良いと言われていますが,字数にとらわれる必要はありません。「なるべく短く,細切れにならない程度に」と意識しておきましょう。

【例】
  • 「忙しい毎日を頑張っているお父様のために,毎月1回,専門医が直接ご家庭に訪問して,健康診断と栄養指導を実施するとともに,万一の入院時にはなんと2日目から休業保障が付くなど,とにかく"安心"を第一に考えてご用意した保険プランです。」(113字)
  • 「忙しい毎日を頑張っているお父様のために,とにかく"安心"を第一に考えてご用意した保険プランです。毎月1回,専門医が直接ご家庭に訪問して,健康診断と栄養指導を実施。万一の入院時にはなんと2日目から休業保障がつきます。」(48字 32字 26字)

接続詞は出来るだけ減らす

説明的な文章ではついつい接続詞を多く使ってしまいがちです。接続詞が多いと"ぶつ切り感"が出て文章のリズムを崩します。話の展開が大きく変わる部分を除いて,出来るだけ削ってしまいましょう。そもそも接続詞は前後の文の因果関係をハッキリさせるために使うものであり,大半は無くても意味が通じるはずです。

著者プロフィール

松下健次郎(まつしたけんじろう)

Webを中心に活動するフリーランスの編集ライター。自著に"プロフェッショナルWebライティング"(技術評論社)がある。バイクとお酒をこよなく愛する子年生まれの乙女座O型。

ブログ:松下健次郎のブログ

コメント

コメントの記入