Webゆえに考える テキスト編集のテクニカルコンセプト

第7回 好まれる"話し方"でユーザに接しよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

文章は"会話"を文字に写し取った物です。読者に情報を伝えると同時に,書き手の人柄=パーソナリティ性が色濃く反映されます。

「店員の話し方がイマイチ気に入らなかったから,その店で買うのは止めにした」…誰にでもこんな経験があることでしょう。これと同じことがWebサイトにも当てはまり,テキストコンテンツを読んで感じる"好き嫌い"は,ページビュー数/コンバージョン率/リピート率など,ランディング以降のサイトパフォーマンス全般に大きく影響します。

パーソナリティ性を自由自在に操れるようになるには,かなりの経験が必要ですが,嫌われないようにふるまうだけなら,配慮すべきポイントはそう多くありません。まずは以下にあげるポイントを念頭に,読者の気持ちを考えながら筆を進めてみてください。

はっきりと表現する

文中に「~などには」「~したいと思います」といった曖昧な表現が多いと,自信の無さや,何かごまかし・隠し事があるかのような印象を,読者に与えてしまいます。日常会話では問題のないレベルでも,文章にすると目立つ傾向があるので,できるだけ「~には」「~します」といった,はっきりした表現に変えておきましょう。

図1

図1

否定的な表現を避ける

文中に「~ですが」「~ありません」「~出来ません」といった否定的な表現が多いと,陰気で神経質な性格に見えやすくなります。できるだけ「~です」「~なので」「~出来ます」といった肯定的な表現を用いるようにしましょう。とくに「~出来ないから~しなければならない」といった,否定から始まる論理展開は,押しつけがましい印象を与えてしまうので要注意です。

図2

図2

相手と同じ言葉を使う

人は誰しも,ものの見方や考え方が似ている相手=同じ地平にいる相手を好むものです。文中で使用する単語や表現,例示対象,価値基準は,出来るだけターゲットとするユーザーに合わせておきましょう。例外として,専門性の高いコンテンツや,高額なサービスのセールス文では,若干高めの地平から語る方がユーザーの信頼を得やすいようです。

図3

図3

著者プロフィール

松下健次郎(まつしたけんじろう)

Webを中心に活動するフリーランスの編集ライター。自著に"プロフェッショナルWebライティング"(技術評論社)がある。バイクとお酒をこよなく愛する子年生まれの乙女座O型。

ブログ:松下健次郎のブログ

コメント

コメントの記入