Webゆえに考える テキスト編集のテクニカルコンセプト

第11回 公開に差し支えのある問題を無くそう(3)効率的な作業のための原則的テクニック

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

校正は何かと細かい作業です。基本的には,文章に含まれる全ての文字を"飛ばさず"に読んでいく必要がありますし,問題を問題として見つけ,それを正しく修正できるだけの様々な知識も必要になります。

だれでも楽に,完璧な校正ができるようになる"万能薬"のようなテクニックはありませんが,作業の効率や精度は工夫次第で随分と高まります。たとえば,以下のような基本的な注意を徹底するだけでも結果は大きく変わりますので,一通り頭に入れておきましょう。

別の人のチェックを入れる

自分で書いた・編集した文章は,なかなか"アラ"を見つけにくい・直しにくいものです。内容面での間違いや,言葉の誤用などはまったく気づかない場合もありますし,言葉のつながりがまずい部分も考えた末にその状態になっているわけであり,微妙だとは感じつつもそれが最善だと判断してしまいがちです。

したがって,校正作業は,基本的には一人で行うべきものではありません。チェックする人数が多ければ多いほど校正漏れは減りますので,少しでも多くのスタッフを確保しておくのが望ましいでしょう。

しばらくしてからチェックする

どうしても一人で校正をしなければならない場合には,原稿を一度"寝かして"から作業に入るようにしましょう。頭の中からその文章のことを一回消去することで,あたかも他人になったように,冷静な視点で文章のアラを見つけられるようになります。

どれだけの時間を置くべきかは,人によっても,原稿のボリュームによっても変わりますが,筆者の場合,最低でも半日以上は間を空けるようにしています。

〆切間近で急ぐときはそんなに悠長に構えていられないかもしれませんが,そのまま無理に続けるより作業の精度は間違いなく上がりますし,効率が上がる分,むしろ時間を短縮できることもあります。もちろん,はじめから"寝かす"分の時間を考えて,スケジュールを組んでおくことが肝心です。

"音読"でチェックする

校正するときは原稿を"音読"でチェックするのが理想的です。一字一句声に出すことで,流し読みすることがなくなって語脱字の見逃しが減りますし,説明のわかりにくい部分,リズム感の悪い部分もかなりハッキリとします。

静かなオフィスなど,音読するのが難しい場合もあるでしょうが,そういったときでも,心の中で声を出すイメージを持ってチェックするように心がけましょう。ただの"黙読"とは作業の質が変わってきます。

もしスクリーンリーダーなどの音声読み上げソフトを持っているなら,パソコンに音読させてしまうというのも上手なやり方です。

プリントアウトしてチェックする

一般的に,文章を一度プリントアウトして紙でチェックする方が,ディスプレイ画面上でチェックより精度の高い校正ができます。ディスプレイ画面上の文字は,印刷物よりずっと見づらいため,どんなに気をつけているつもりでも,細かい部分を読み飛ばしてしまいやすいのです。

一見,紙の無駄にも思えますが,問題を見つけたときその場所に直接指摘を書きこめること,複数の人間で校正する際にその結果をまとめやすいことなど,編集上のメリットも見逃せません。

Web編集に関する参考書のほとんどが紙での校正を推奨していますし,実際に多くのWeb制作業者が,テキストの最終チェックを紙で行っています。

各種の校正支援ツールを活用する

パソコンで文章を編集している以上,自動化できることは,極力自動化しておきたいものです。校正支援を目的としたツール・スクリプトは,有償/無償を問わず多数公開されていますので,日ごろからアンテナを伸ばしておくと良いでしょう。以下,筆者がお勧めするツールをいくつか紹介しておきます。

Microsoft Word

意識して使ったことのある人は少ないかもしれませんが,Wordには表記揺れ,ダブり,日本語表記の本則から外れる表記,タイプミスといった問題を,抽出/強調表示する機能が付いています。使い方次第で強力な校正ツールになりますので,マニュアルやヘルプページを一度よく確認しておきましょう。普段Wordでは文章を書かないのに,校正作業のためだけにインストールしているライターも,たくさんいます。

図1 Microsoft Word

図1 Microsoft Word

著者プロフィール

松下健次郎(まつしたけんじろう)

Webを中心に活動するフリーランスの編集ライター。自著に"プロフェッショナルWebライティング"(技術評論社)がある。バイクとお酒をこよなく愛する子年生まれの乙女座O型。

ブログ:松下健次郎のブログ

コメント

コメントの記入