Webゆえに考える テキスト編集のテクニカルコンセプト

第12回 書きやすい環境をつくるための事前確認

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

テキストコンテンツの編集/ライティングは,サイト制作の中で最もマンパワーを要する作業の一つです。これを少しでも楽に,スムーズに進められる環境を整えておくことは,工数削減の面でも,サイトの品質確保の面でも,軽視することのできない重要なタスクと言えます。

とくに,企画/ディレクションとライティングを別々の人間が担当する場合,打ち合わせを"なあなあ"で済ませてしまうのだけは禁物です。いざ作業に入った後で分からないことが続々と出てきたり,予期せぬ追加指示が繰り返されたり,せっかくでき上がったコンテンツを何度も書き直すといった事態に,必ず陥るからです。

「段取り八部」の言葉のとおり,事前の確認には十分な時間をかけ,分からないこと・曖昧なことを極力無くしておきましょう。以下,筆者が打ち合わせで心がけていることを,一通り紹介しておこうと思います。

全体の流れと役割分担の明確化

一口に編集/ライティングと言っても,実際に行う作業の内容は実にケースバイケースです。構成/肉付け/仕上げといったどの段階から担当するのかでも異なりますし,企画/ディレクション/デザイン/流し込みといった,他のクリエイターが分担する作業との重複もかなりあります。

「何を」「どこまで」やればいいのかに迷う作業ほど疲れるものはありません。全体的なワークフロー,分担する作業の内容,裁量の範囲,その他,提出期限,達成品質,校正回数,工数・予算といった細かなことまで,作業にまつわる諸条件は,最初の時点ではっきり確認しておきましょう。

なお,テキストコンテンツの作成には,とにかく時間がかかります。後で〆切に追われないよう,十分な作業時間を確保することに尽力しましょう。

表1 はっきりさせておくべき作業範囲

種別区分備考
作業の段階構成案の作成
肉付け(書き起こし)
仕上げ
前段階の作業にアラがあると,後の段階になってから問題が表出する。そのあたりのやり直しについて,誰が責任をもって行うのかも確認しておく
担当箇所サイト全体
一部カテゴリ
1ページ
一部コンテンツ
コピーライティング
パーツパーツを複数の人間で分担する場合,後で全体的な整合性を取る必要がある。その辺りの作業も全員で分担するのか,誰か一人がとりまとめるのか,良く確認しておく
他に専門家がいる作業 デザインレイアウト・配色・文字サイズ・装飾などは,テキストの担当者が指示を出す場合もある
オブジェクト作成
(写真・イラスト)
説明文に使う図版の用意は,テキストの担当者が行う場合もある
HTMLコーディング出来上がった文章のソースコードへの流し込みは,テキストの担当者が行う場合もある。初めからCMSやWEB制作ソフトを使って編集するのも一般的になった

デザインはなるべく先に固めてもらう

WebにはWebの見せ方/読ませ方があります。また,コンテンツの可読性や雰囲気は,ビジュアル性にも大きく影響されるものです。プレーンテキストの状態で文章コンテンツを煮詰めてしまうと,いざサイトの形にまとめたとき,必ず"しっくり"しない部分が出てきてしまいます。デザインイメージは個別ページの執筆に入る前に固めておくべきですし,工程上許されるのであれば,デザインテンプレートにテキストを流し込みながら編集していくスタイルが最も理想的です。少なくとも,校正や仕上げは,一通りWebサイトとして完成した状態で行う方が良いでしょう。

契約上の校正回数はなるべく1回にとどめる

一般的に,テキストコンテンツには,ビジュアルコンテンツに比べて"修正・変更が簡単"というイメージがあります。とくに,クライアントサイドの要求が厳しい場合には,校正回数をあらかじめ制限しておかないと,気が済むまで何度でも"書き直し"を要求される状況に陥りがちです。初稿の段階から具体的な修正指示が返ってくるように,契約上の校正回数は1回ないし2回にとどめておくのが理想的です。

著者プロフィール

松下健次郎(まつしたけんじろう)

Webを中心に活動するフリーランスの編集ライター。自著に"プロフェッショナルWebライティング"(技術評論社)がある。バイクとお酒をこよなく愛する子年生まれの乙女座O型。

ブログ:松下健次郎のブログ

コメント

コメントの記入