Webゆえに考える テキスト編集のテクニカルコンセプト

第13回 執筆に煮詰まったときの対処策

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

編集/ライティングの作業をしていて一番つらいのは,筆が進まない"行き詰まり"に陥った時です。体力・気力を大きく削がれますし,予想外に時間を消費してしまい,その先の作業を更に圧迫して,強い悲壮感の中で延々と書き続けなければならない最悪の状況をまねいてしまうことさえあります。

こうした袋小路から短時間で脱出するためのスキルを身につけておくことは,文章力を磨くのと同じぐらい重要です。今回は,筆者が執筆に煮詰まったときに行っている対処策を,いくつか紹介しましょう。

構成作りが上手にいかないときの対処策

ページ構成/見出し構成を考えるとき,何度練り直しても上手にいかず,むしろ,どんどんおかしなポイントが増えていってしまうことが良くあるものです。その多くは,無理に整った構造を作ろうとすることが原因で起こります。

説明対象について十分な知識があれば,難なく正規的な構成を組むことができる場合もありますが,内容によっては,分けるべき項目の数やそれぞれの情報量に,違いがあるのも当然のことです。

「説明しやすい形が一番伝わりやすい」このことを念頭に,多少の不揃いには目をつむる勇気を持ちましょう。

ボリュームを無理に揃えない
全体的なバランスを整えようとするあまり,下位カテゴリ数/ページ数/文字数などのボリュームを無理に揃えようとしていないでしょうか? 情報量に大きな差がある場合,ボリュームにバラツキがあるのは当然の事なので,あまり神経質になるべきではありません。
階層の深さを無理に揃えない
同様に,階層の深さをキッチリ揃えようとするのも不毛です。構成案の上で上手にできあがったように見えても,1カテゴリ/1ページ/1項目として書くほどの内容が無くなったり,導線が延びてユーザービリティを損なう場合もあるので,あまりこだわるべきではありません。
無理に構造化せず平たい階層にする
並列する項目の数が多くなるときには,少数の大カテゴリにまとめたくなるものです。しかし,項目ごとの性質の差が大きい場合には,無理にまとめたところで,不自然な構造しかでき上がりません。下手にまとめようとせず,平たい階層のままにしておきましょう。
最終手段は思い切って削る
構成を練っていると,全体的には上手にまとまっているのに,どうしてもいくつかの"余り項目"が出てしまう場合があります。これらを無理に配置しようとして,カテゴリ分けをしなおすと,今度は別の項目が余って…という悪循環に陥りがちです。もし,その"余り項目"がそれほど重要なものでなければ,思い切って削ってしまいましょう。あるいは,最低限,どこかに記載しておかないとまずいようなら,「その他」として一括りにするとか,比較的近い意味合いを持つ項目に「余談」として混ぜるといった"逃げ方"もあります。

"次の言葉"が出てこないときの対処策

同じようなテーマの文章を読む・類義語辞書で調べる

「言いたい言葉がどうしても出てこない」というときには,他の人が書いた同じようなテーマの文章をいくつか読んでみましょう。言いたかった言葉がそのまま見つかることもありますし,似ている言葉をいくつか眺めていれば,もっとも相応しいものが自然と頭に浮かびあがってくるものです。類義語辞書で調べてみるのも良い方法です。

先の部分を書いてから繋げてみる

文章は,書き起こすより"直す"方が断然楽なものです。上手に言葉が出てこない部分は飛ばしてしまい,後でリライトするようにしましょう。日本語として成り立たない状態のままでも構いません。不思議なもので,前後のつながりさえ決まってしまえば,その穴を埋める言葉はすんなり出てくるものです。

思い切って書き直す・構成から見直す

ときに数時間,丸1日悩んでも,説明が先に進まないことがあります。このような場合は,問題箇所に至るまでの説明に,何かしらの無理が生じているはずです。書き上げたものを捨てるのは忍びないでしょうが,はじめから書き直してしまいましょう。ときに構成レベルでの見直しも必要になりますが,今まで悩んでいたのが不思議になるぐらい,スムーズに先に進むはずです。

著者プロフィール

松下健次郎(まつしたけんじろう)

Webを中心に活動するフリーランスの編集ライター。自著に"プロフェッショナルWebライティング"(技術評論社)がある。バイクとお酒をこよなく愛する子年生まれの乙女座O型。

ブログ:松下健次郎のブログ

コメント

コメントの記入