WSEA(Web Site Expert Academia)

第2回 『関心空間』とWiki(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

左:関心空間代表取締役 前田邦宏氏。
右:独立行政法人産業技術総合研究所 江渡浩一郎氏。

左:関心空間代表取締役 前田邦宏氏。右:独立行政法人産業技術総合研究所 江渡浩一郎氏。

Webとの出会い

前田:

僕は昔,音楽の道を志していたことがあって,それがきっかけでコンピュータに接する機会がありました。15年くらい前のマルチメディアブームがきっかけでデジタルコンテンツの制作に携わり,まだ学生だった友人のバスケ君※1「HumanWeb※2)」という今でいうSNSを作ったことがWebサイト開発の最初のきっかけとなりました。この「HumanWeb」のコンセプトをとても気に入って,これをビジネスにしたいと思って作ったのが『関心空間』です。

江渡:

その時代からちょっと遡って,僕はsensorium project※3に入っていました。インターネットワールドEXPO '96※4のテーマ館だったのですが,3つくらいWeb上の作品があって,12月に完成したんです。96年の1年間展示するものなのに,完成が12月(笑)。96年以降も展示していて,'97年にアルス・エレクトロニカ賞※5グランプリを受賞しました。そのときにこの業界の色んな人と知り合うことができたんです。バスケさんとも,同じ時期にICC※6で仕事を一緒にしましたね。

当時からWebそのものに興味があって,Webをどのようにメディアにしていくか意識していました。当時は,人と人とのつながりでコンテンツを作るなんてことはマイナーでしたよね。みんな上を見ていたというか,有名人を連れてきてコンテンツを書かせたり,雑誌みたいなすでにあるコンテンツをWebにのせようとしてみたり。でも,実際には一番人気があったのが『2ちゃんねる』だったりして(笑)。

で,その後にやっていることは,実は10年前からあまり変わっていませんね(笑)。いまだにWebのことばかりやってます。2002年に産総研に移ってからは,とくにWikiに興味が出て力を入れているという状況です。

※1
本名,鈴木陽介氏。http://saryo.org/basuke/。現関心空間取締役。
※2
クリエイター向けのソーシャルネットワーキングサービス。
※3
http://www.sensorium.org/。同氏はこのプロジェクトでWebHopperを発表している。
※4
INTERNET 1996 WORLD EXPOSITION
※5
Ars Electronica。オーストリアのリンツで開催される芸術や技術に関するフェスティバル。
※6
NTTインターコミュニケーション・センター

ユーザが書き込む―『関心空間』とWikiの可能性

『関心空間』のコンセプト

前田:

“関心空間”という言葉は,もともと都市計画学の用語を引用しています。現在慶応大学で先生をされている武山助教授の昔の論文からいただきました。

都市というのは,Cityという物理空間とアーバニズム(都市性)との組み合わせで形成されていますよね。それを分離して視覚化している,という意味合いを持っています。

このアーバニズムだけを抽出して視覚化する…たとえば,「東京らしさ」だけで「東京」に見せるとか。この発想がおもしろくて,プロジェクト名にしたのが始まりです。テーマは名前につきる,と。(僕自身)名前から入るので(笑)。

ちょうどそのときに伊藤穣一の論文※1にも衝撃を受けました。「これからはコンテンツじゃなくてコンテクスト※2だ!」という。そのコンテクストを可視化するということにはまりました。インターネットの魅力もいまだにそこの部分に感じていますし,『関心空間』もそこをテーマにし続けています。

※1
『Aesthetics of the Internet - Context as a Medium』 Joichi Ito
※2
「文脈」を表す語。ここでは情報と情報の関係性を指している。

Wikiと建築物

前田:

僕が最初に雑誌※1にコラムを書いたとき,たまたまその前のページにWikiが掲載されていたんですよ。そこで初めてWikiの存在を知りました。でも,ある人から「Wikiを知らないのに関心空間を作ったのはすごく不思議だ」と言われたりして。

たしかにすごく似ているんですけど,何かが違うんですよ。それが表現しにくくて言葉にできない。はっきりしないのが魅力でもあるのですが,説明できなくて困るので今日は江渡さんにWikiを定義してもらえるとありがたいです(笑)。江渡さんが初めてWikiに触れたきっかけは何ですか?

江渡:

Wiki※2の存在は割と昔から知っていたのですが,実際に触りはじめたのは結構遅かったんです。そのころの自分の方向性は,今から考えると間違っていて,Webから多少外れていたんです。WebHopperみたいなものを作っていた時期から,徐々に会場があってそこにインスタレーション※3を設置して見せるという方向性に進んでいって…。

Webで何かを作るという方向性はありつつも,実際に作るのは,なんというかデジタルデザインとかインタラクティブアートみたいなもので,だからWikiの存在は知っていてもそっちには踏み込めなかったんです。

実際に使い始めたのは,2002年に産総研に移ったときに,オフィスの情報はWikiで共有せよと言われたのがきっかけです。最初の印象は正直悪かった(笑)。すごく情報がゴチャゴチャしていて使いにくいなぁと。でもあるとき気付いたんですよね,そのページも自分で書き換えられるんだと。それで,自分なりにまとめていったらすごく使いやすくて。自分で書き換えてるんだからあたりまえなんですけど,これは衝撃的でしたね。Webに最初に触れたときの感触と近かったです。これはいつかブレイクするな,と。

その後東京芸大で非常勤講師をやることになって,Wikiを取り入れてみたら大成功で,教授も生徒もみんな書き込んで,学校の中のポータルみたいなものになりました。Web 2.0じゃないけど,いったん情報が集まるとさらに強くなるという構造が見えました。他人の書いた文章も含めて編集できるというWikiのラジカルさを学生が体験しつつ,いろいろ細かいトラブルがあったりして,そのうちに定着してきたという一連の流れが私にとっては興味深かったです。これを体験して,将来Wikiが来るなと思いました。この「体験」を言語化するのは容易ではないですね※4)。

※1
『月刊アスキー』のコラムにて。
※2
Wikiという概念は,Ward Cunninghamが開発した「WikiWikiWeb」に遡る。一番最初のWikiは,'95年に公開された「Portland Pattern Repository」で使われた。
※3
現代美術の表現手法の1つ。会場全体までを作品として扱うもの。
※4
後日補足として「使っていたのは,PukiWikiなので,最初から今までのページの編集履歴は保存されていて,過去から現在までを見ることは本当は可能なはずなんですよね。いつかやってみたいと思ってます」と,江渡氏からコメントをいただいた。

Wikiの定着から成功へ

江渡:

でも同時に,必ずしも成功にならない部分も見えてきて。それを成功に導くにはどういうパターンがあるんだろうと考えて,メーリングリストと統合したWikiというコンセプトで作ったのが“qwikWeb”です。

最近になって,Wikiが良いというのはわかったんだけど,そもそもWikiって一体何なんだろうという疑問が出てきた。自分でWikiエンジンを作ってみてよくわかったのは,機能を追加すれば良くなるとかそういうものじゃないということです。

たとえば,“WikiName※1”を書くと自動的にリンクになるんですけど,日本語は使えないし,英語でも「C Language」「CeeLanguage」と書かなくちゃいけないとか破綻している。それでよく任意の文字列を使えるようにするんだけど,そうするとユーザビリティは下がるし,Wikiらしさはなくなってしまう。でもそのWikiらしさって何?と聞かれても答えるのは大変難しい。

そこで,“WalWiki”を作っている塚本さんと“SocieWiki”を作っている島田さんに協力してもらって,Wikiとはなんぞやという論文を書いて「Linux Conference 2006」で発表しました※2)。その論文を要約すると,実はWikiの発明者であるWard Cunninghamは,プログラミング界ではデザインパターンやXP※3の生みの親の1人としてスーパースターなんですよ。でもそれとWikiとの関係はあまり理解されてなかった。知ってはいるけど,つながっているとは考えてなかった。

そのデザインパターンというのはパタン・ランゲージ※4から来ていることに,あたりまえなんだけど今さらながら気付いて。初期のパターンの考え方は,アレグザンダー※5「建築はそれを利用する人自身が設計するべきである」という考えをそのままに,パタン・ランゲージの助けによってユーザ自身が自分の使うプログラムを設計するというものだったんですね。そしてそれがそのままXPにつながっていきます。

こう考えてみると,パタン・ランゲージとWikiは直結しているんですよ。僕が最初に感じた衝撃の意味もこれで解けました。使いにくいと思った人が使いやすくする,そのためにはどういう環境が必要かを考えて提供する。つまりパタン・ランゲージの利用がWikiの誕生につながったということです。このことを論文※6に書きました。

前田:

その論文,すごく読みたいんですけど…※7)。建築の話とWebの話というのは,いろいろな人と話してて,いつも「ああ,わかるわかる」みたいな感じになるんです。多分ぱっと見ではわからないけど,感触でわかる…,つまり,立体的な魅力があるからかな。

“つながり”って言うと,線的なものをイメージしがちだけど,実は立体的なものであって。1個ずつ紐解いていくと,建築家の言葉とかに例えられる。これをまた文章にすると平面的になるんでしょうけど(笑)。

※1
大文字と小文字が混ざった文字列のこと(例:WebSiteExpert)。一般的にWikiで使うとページの名前として扱われる。
※2
http://lc.linux.or.jp/lc2006/で発表された「Wiki概念の多様性」という論文。http://lc.linux.or.jp/ paper/lc2006/CP-02.pdfで公開されている。
※3
XP:eXtreme Programming。プログラミング手法の1つ。
※4
Pattern Language。関連したパターンの集合を意味し,パターンの組み合わせによって体系的な解決を目指すもの。
※5
本名Christopher Alexander。ウィーン生まれの建築家。都市計画の理論としてパタン・ランゲージを提唱した。
※6
『なぜそんなにもWikiは重要なのか』(江渡浩一郎著/『Mobile Society Review 未来心理』Vol.007 06 AUTUMN/50~59ページ)http://www.moba-ken.jp/activity/msr/
※7
対談後,論文が渡された。

(つづく)

著者プロフィール

江渡浩一郎(えとこういちろう)

1971年生まれ。東京都出身。独立行政法人産業技術総合研究所に所属。

ネットワークを用いた活動歴は長く,インターネットを利用した活動や作品制作をいちはやく手掛ける。ICCプレイヴェント「IC'95on the Web―ネットワークの中のミュージアム―」では「RealPanopticon」(1995)を発表。

ネットワーク上のプロジェクトsensorium(センソリウム)にて「WebHopper」(1996)のディレクションおよび制作を行う。sensoriumuは,'97年ArsElectronica .net部門にてGolden Nica章を受賞ArsElectronicaFestivalでは「WebHopper @ AEC」(1997)を発表した。ほか「PeepHole」(1993),「DotPaint」(1995)などがある。最近ではqwikWebの開発者として有名。

URLhttp://eto.com/


前田邦宏(まえだくにひろ)

株式会社関心空間 代表取締役。1967年兵庫県宝塚生まれ。1990年より公共機関や企業向けデジタルコンテンツの企画制作ディレクションに従事。1998年ユニークアイディ設立(現:株式会社関心空間)。2001年クチコミ情報コミュニティサイト「関心空間」を発表。同年に関心空間エンジンを利用したASP事業を,また2005年よりメディア事業を開始。

受賞歴:
2002年10月「関心空間」にてグッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞。
2005年9月日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞受賞。

コメント

コメントの記入