WSEA(Web Site Expert Academia)

第20回 リニューアル直前!特別編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

毎回,さまざまな分野の方をゲストに迎え『関心空間』代表取締役 前田邦宏氏との対談をお届けする『Web Site Expert Academia』。

今回は,連載リニューアル直前の特別編ということで,本連載の振り返りや2007年のWeb動向について,本誌編集長 馮と対談していただきました。

奥:関心空間代表取締役 前田邦宏氏。(撮影:蝦名悟)

奥:関心空間代表取締役 前田邦宏氏。(撮影:蝦名悟)

編集部注)
本対談は2007年11月28日に行われたものです。

連載振り返り

馮:

まず最初に,これまでの連載を振り返ってみて,どのような感想でしょうか。

前田:

僕自身,この企画をいただいたおかげで出会えた方もいますね。

僕らが思うに情報空間というものは,まだ狭い。もうちょっと外があるんじゃないかと。でも振り替えって空を見れば宇宙があるわけで,情報空間を広く捉えようと思えば宇宙にまでつながる,そういうことがすごく新鮮でしたね。話の中の断片的なものをつなぎ合わせると,具体的にどんな方法論や仕組みにいくのか,ということを整理すればいろんなことが見えてくるんじゃないかと思いました。

馮:

なるほど。近接領域の概念ですね。それから,去年はとくに検索エンジンに注目が集まっていた印象があります。使い方1つで,情報の広さも狭さもどっちの方向にも振れることができます。

たしか水島先生の回のお話で「一番良い情報が,検索結果の前から3ページ目の下のほうに出てきてしまう可能性がある」とおっしゃっていました。現段階では,この部分はまだ改善されていなくて,その補助的な技術として,レコメンドのような概念が生まれてきました。こういう流れを見ていると,検索を使うユーザは,自分で探せる範囲の情報だけではなく,その先を求めているのかな,と思います。

今振り返っていただいたように,上を見れば宇宙があったり,(前回のような)医療の方向につながっていったり……。結局のところ,情報の広がりはインターネット上で探すだけではなくて,リアルの部分で意識を変えることで広がっていくんだということを,これまでの対談を拝見して強く感じました。

前田:

そうですね。そして前回の話題のテーマが医療・肉体の話で。これ実はすごくWebと関係があるんですよね。

たとえば我々のビジネスの一部は広告ですが,広告というのは認知機会がないと成立しないコンテンツですよね。広告主やエージェントからの依頼で,ユーザにどういうインプレッションを与えるかということは皆さんすごく技術をしのいでいる。

けれども,それは我々が起きていて,かつ,意識が向いた瞬間という,非常にうまくタイミングをキャッチしないと見つけられない。体調が悪かったらそこにいくら良いコンテンツがあっても意識が始動しないし,悲しい気持ちでいたらいくら楽しいメッセージをされても受け取れない。そういう意味ではすごく肉体的にも精神的にも支配されていますし,検索エンジンで言うと自分の検索能力にも制約を受けていますよね。

結局は自分のツール下におけるスキルアップ/自己拡張がどうやって可能なのか? 自己を拡張させるためにはWebは何ができるのか? という話がずっと続いてきたという気もしますね。

馮:

自己拡張の考え方があった一方で,ここ数年のWeb業界は,CGMのように自然発生的に生まれてくるという考え方も強調されていましたよね。結果として,何もしなくても話題が出てくるんじゃないかという誤解的な感覚を持ってしまったユーザも増えてしまったんじゃないかなと思います。

その考え方に対して,Webというものは,自分から発信していくなり入っていくなりしないと,広げることもできないし距離を縮めることもできない。そういうこともこの連載を通じて感じました。

著者プロフィール

前田邦宏(まえだくにひろ)

株式会社関心空間 代表取締役。1967年兵庫県宝塚生まれ。1990年より公共機関や企業向けデジタルコンテンツの企画制作ディレクションに従事。1998年ユニークアイディ設立(現:株式会社関心空間)。2001年クチコミ情報コミュニティサイト「関心空間」を発表。同年に関心空間エンジンを利用したASP事業を,また2005年よりメディア事業を開始。

受賞歴:
2002年10月「関心空間」にてグッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞。
2005年9月日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞受賞。

コメント

コメントの記入