WSEA(Web Site Expert Academia)

【実践編】第1回 AUGMENTED CITY

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

毎回,さまざまな分野の方をゲストに迎え『関心空間』代表取締役 前田邦宏氏との対談をお届けする『Web Site Expert Academia』。

今回からは実践編として連載をリニューアル! 第1回目は,これからの都市空間を有効活用するためのWebアプリケーションに関するヒントを,慶應大学経済学部 武山政直准教授にお伺いしました。

都市と都市性

前田:

関心空間命名のきっかけは7年ほど前に先生の論文を拝見したことです。その内容というのが,'60年代にウェッバーという学者が行ったこと※注1をPCを使って仮想的に可視化していく変遷を書かれたものでしたよね。

先生は地図上に人々の関心を可視化したINTEREST COMMUNITYのことを日本語で関心空間と表現されていまして,これは言い得て妙だな,ということでプロジェクト名にさせていただいて。プロジェクトメンバーたちが「“関心空間という名前はイマジネーションの湧く言葉ですごく良い」と言うので,商品名にもさせていただいて。実際その名前でリリースした商品がもとの社名より有名になるというきっかけを経て,今の社名に変わったんですね。ですので先生には非常に感謝しています(笑)。

その論文中に,都市というのは,物理的なレイヤであるcity(都市)と,その上にメタなレイヤであるurbanism(都市性)が組み合わさって,らしさができあがっていると書かれていて。その都市性というのが,非常に抽象度が高くて本当に可視化できるのかという意味ですごく哲学を含んでいて,社会学に近いニュアンスを受けました。社会学や地理学の中では,都市性というのはどうやって定義付けられているのですか?

武山:

私の専門の地理学では,まず物理学的な空間(Space)と捉えるアプローチが1つあります。幾何学的な形で距離を測ったり,分布の具合を統計的に分析したりするものですね。そしてもう1つは,人間とのかかわりの中で形成される空間(Place)と捉えるものです。人々の都市への思いや感覚,生活様式など,人間と環境をセットで考える場合には,Placeという概念を使うんです。

ですから,たとえば情報空間を示す際にサイバースペースという言葉がよく使われますが,私はその概念に対して,サイバープレイスという概念を推しています。人と人とのコミュニケーションを含めて情報世界を空間として捉える場合は,SpaceよりもPlaceのアプローチに近いのではと考えています。

※注1:M.ウェッバー

1960年代から70年代にかけて米カリフォルニアで活躍した都市デザイナー。地理的近接性を必要とせず,社会的ネットワークによって形成される都市コミュニティの可能性を指摘。

豊かさを示す指標

関心空間代表取締役 前田邦宏氏
(撮影:勝山弘一)

関心空間代表取締役 前田邦宏氏(撮影:勝山弘一)

前田:

なるほど。都市性が人間とのかかわりの中で捉えられるものだというのはわかります。それを踏まえて,たとえば,こっちの都市性よりもこっちの都市性のほうが優れているとか,何か比較できるイメージってありますか? 1つの尺度では測れないと思いますが。

武山:

難しいですよね。ジェイコブス※注2は,都市として一番重要なのは,近隣性・多様性―いろんな人種や業界や年齢の人々が一定の範囲の空間の中で出会うチャンスが多いほうが良いことだと説いています。

都市計画の合理性だけでゾーニングをしていくと,異質なインタラクションが起こりにくくなってくると批判的に指摘していましたね。

前田:

それは出会いが単に多ければ良いということではなく,異質なもの,おもしろい出会いが多いということが,都市性に豊かさを示すという考え方なんですね。

武山:

はい。あと,見えていることも重要だと。厚い壁で覆ってしまうと,その建物の中で何をやっているのかわからない。要するに,建物と道路の間の境界をもっと曖昧にして,何かをしている様子を外から覗くことができる状態が都市として重要だと。いろんな情報が生活の中で飛び交うことが街の活気を呼ぶということです。

前田:

以前,レム・コールハース※注3が書いていたエスカレータとエレベータのメタファが近いですかね。エスカレータは途中の風景が見えることで意外な消費動機がかきたてられる。たとえば4Fに行こうとしていて,3Fの婦人服売り場が見える。自分はそこに用事はないのに,隣に立っていた妻が反応したりとか。

武山:

そうですね。環境の中に埋め込まれている情報や,おもしろいものと偶然出会うということが都市の魅力の1つだと思います。

※注2:J.ジェイコブズ
作家およびジャーナリスト。近郊都市開発の反対運動家であり,近代都市計画を批判した著書『アメリカ大都市の死と生』(196 1)が有名。この著書で,混用地域/小規模ブロック/古い建物の必要性などを説いた。
※注3:R.コールハース
建築家および都市計画家。ジャーナリスト出身という独自の視点を持つ。おもな建築物はユトレヒト大学(1997),プラダ・ニューヨーク店(2001)など。現在進行中のプロジェクトも多い。

都市性の可視化

前田:

ところで都市を3DCGで可視化することは皆さん思いつきますが,僕の中のテーマとしてずっとあるのは,都市性を可視化するための手法なんです。『関心空間』もその手法の1つですが,まだハッとするようなサービスに出会えていない。Web 2.0 ブームのせいか,皆似たようなWebサービスばかり考案していたりする部分もありますので,そこから一歩先に行くには,都市性を可視化する手法が必要なのではないかと思っています。

慶應大学経済学部 武山政直准教授

慶應大学経済学部 武山政直准教授

武山:

アカデミックに言うと,私は都市の空間を表す手法とWebの空間を表す手法とが共通の土台で語れるようになることが必要ではないかと考えています。図式化もそうですし,概念なんかも。たとえば都市空間のコンピューティングやプログラミング,そういう形で両方のデザインを共通言語で語れる方法も少しずつ生まれてきています。

前田:

僕もすごくそう思っていて。ちょうど慶応大学ORF※注4に行ったとき,知人が話していたことですが,IT業界はWebブラウザのインターフェースやインテリジェンスばかり考えているから最近はそれが少し嫌になってきていて,街に出て何かやりたいと。たとえば野球場があったら,会場に入る前の広告と出るときの広告を変えるとか,そういうフィジカルなものを取り入れて。街をマーケティングしている人から見れば相当わかりやすい動きをデジタルとうまく連携する仕組みを作りたいと。

武山:

場所とタイミングを合わせて情報を提示する仕組みですね。

私はそちらも取り組んでいますが,最近興味を持っているのは,ITを使って仮想ファンタジーの世界を現実の日常空間に埋め込むことです。それによって,子どものときにやったごっこ遊びを再現する。子どもって,物理的には何の価値もないガラクタ置き場をリアリティのあるファンタジーの世界にすりかえたりしますよね。そういう発想を大人の現実の日常世界に持ってこれるんじゃないかと。

つまり,日常生活の世界を使って仮想的なドラマを展開していくという形で,現実のいわゆる当たり前の生活環境を,いわゆる当たり前の見方で見るのではなく,そのような環境で捉えてみたらどう変わって見えるか,という形のことをやっていきたいですね。

前田:

建築の世界で言うコンバージョン,VRやITの技術用語で言うとAugumented Realityでしょうか。

武山:

最近のデジタルエンターテイメントの世界で言うところの,Alternate Reality Gaming(ARG: 代替現実ゲーミング)ですね。

現実の街の世界では,生活者が自分から街の世界に関与して,一度できたものを全然違う文脈に読み替えていく,というのが一部では行われてきたかもしれないけど,デジタルの世界のようには簡単に行われていない。CGMじゃないですけど,おそらく今後,街の使い手が,街のあり方や意味・ストーリーみたいなものを自分たちで参加しながら読み替え作り変えたりしていくということが起こっていくのではないでしょうか。ユビキタスと呼ばれているものが,そういうことの可能性を広げてくれるんじゃないかなという期待もしています。

ちょうど今Webの世界がWeb 2.0的になって社会とくっついてきて,社会的な人間の知性とプログラミングによる人口知性が相乗効果を発揮しやすくなってきていますよね。さらにそれが街とつながることでどういった遊びができるか,どういったビジネスが可能になるのか,非常に楽しみです。

※注4:Open Research Forum
慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)研究所が主催するイベント。

著者プロフィール

前田邦宏(まえだくにひろ)

株式会社関心空間 代表取締役。1967年兵庫県宝塚生まれ。1990年より公共機関や企業向けデジタルコンテンツの企画制作ディレクションに従事。1998年ユニークアイディ設立(現:株式会社関心空間)。2001年クチコミ情報コミュニティサイト「関心空間」を発表。同年に関心空間エンジンを利用したASP事業を,また2005年よりメディア事業を開始。

受賞歴:
2002年10月「関心空間」にてグッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞。
2005年9月日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞受賞。

武山政直(たけやままさなお)

慶應義塾大学経済学部准教授

都市生活に浸透する様々な情報メディアの可能性について,消費者行動調査や空間分析,メディアデザインの観点から境界横断的な研究を行っている。慶應義塾大学経済学部卒業後,米カリフォルニア大に留学しPh.D.取得。

慶應義塾大学環境情報学部助手,武蔵工業大学環境情報学部助教授を経て現職に。

コメント

コメントの記入