WSEA(Web Site Expert Academia)

【実践編】第3回 オーガニックなサイバネティクス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

毎回,さまざまな分野の方をゲストに迎え『関心空間』代表取締役 前田邦宏氏との対談をお届けする『Web Site Expert Academia』。

今回は慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 田中浩也氏をゲストに迎え,ネイチャーインターフェースの話を中心に,ネットワーク社会が現状抱えている悩みまで話が弾みました。

右:慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 田中浩也氏
左:関心空間代表取締役 前田邦宏氏(撮影:武田康宏)

右:慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 田中浩也氏,左:関心空間代表取締役 前田邦宏氏(撮影:武田康宏)

ネイチャーインターフェース

SNSの先にあるもの

前田:

いずれの活動や作品も大好きなのですが, 正直に言うと,とても他人に説明しにくいんです。もしかすると根源的なコンセプトを十分理解できていないかもしれませんので, 今回は腑に落ちるまでお話できたらと思っています。

田中:

確かに未踏領域に入ってきていて,試行錯誤の連続なんです。僕もこの対談で問題点や曖昧な部分,コンセプトが明らかになったら良いなと思います。なのでいろいろと突っ込んでください。

前田:

では, まずこの研究を始めることになったきっかけから教えてください。

田中:

WWWで「世界」中の情報と情報のつながりができて,その後,SNSで「社会」のなかの人間と人間の新しいつながりが実現され,現在に至りますよね。その文明史の上で,近未来にネットワークがもう一段,質的に進展することがありうるとしたら,キーとなるのは「生物と生物の新しいつながり」なのではないか,という仮説を立てて研究を行っています図1)。今までネットワークでつながるのは人間と人間だけでしたが,植物と人間,植物と動物,動物と人間というつながりがネットワーク上でできてきたら,どのような関係が生まれるだろうか? という試みです。

図1

図1

まずやっているのは植物です。植物には微弱な電位が走っているので,それをネットワークに配信するようなサービスを作っています。まったく別々の場所にある植物同士の情報交換や,人間がメールを通じて植物に水をあげたり,植物のほうでも水が足りなくなったら人間にメールで伝える,というようなことができます。

これは,「人間同士だけに閉じられたコミュニケーションの道具」だと多くの人がすでに持ってしまっている情報ネットワークに対する固定観念を変えるところがあって。別の生態系や生物と情報システムがどこか連続的に接続されているという新しい世界観を開くんですね。現代の多様なライフスタイルの中における植物とのコミュニケーションの可能性を拓いたり,チャンネルを豊富化するという目的も持ち合わせている実験です。これ自体は2007年度のグッドデザイン賞をいただきました。

前田:

なるほど。このコンセプトモデル図2~4というのは,1つ1つ作品として作られたんですか?

図2

図2

図3

図3

図4

図4

田中:

これは学生が整理してくれたデザインパターンです。栗林君という学生が植物をネットワークに接続するための汎用的なデバイスキットを完成させたんですが,要はそれを使うと人間がネットワーク上で活動をしている現在のシステムを応用して,「人間」という部分を全部「植物」に置き換えることができるんです。それをいろんなパターンに当てはめるとこういうアプリケーションが考えられますよ,というのを示したデザインパターンがこれ。

前田:

これ図4って可能なんですか?

田中:

可能です。水が足りなくなったら,植物自らが水をあげるというようなシステムを作ります。それを2個用意して,こっちに水が足りなくなったらあっちからあげて,あっちが足りなくなったらこっちから…というふうに,相互依存の関係にするとどうなるのか?という実験です。

著者プロフィール

前田邦宏(まえだくにひろ)

株式会社関心空間 代表取締役。1967年兵庫県宝塚生まれ。1990年より公共機関や企業向けデジタルコンテンツの企画制作ディレクションに従事。1998年ユニークアイディ設立(現:株式会社関心空間)。2001年クチコミ情報コミュニティサイト「関心空間」を発表。同年に関心空間エンジンを利用したASP事業を,また2005年よりメディア事業を開始。

受賞歴:
2002年10月「関心空間」にてグッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞。
2005年9月日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞受賞。

田中浩也(たなかひろや)

1975年北海道札幌生まれ。京都大学総合人間学部,人間環境学研究科,東京大学工学系研究科社会基盤工学専攻修了。博士(工学)。現在,慶應義塾大学 環境情報学部 准教授。国際メディア研究財団客員研究員。大学でエンジニアリング&デザインの研究教育に携わりながら,環境装置開発ユニット”tEnt”を共同主宰し,生態系と情報システムの橋渡しを試行錯誤中。旅好きに端を発したモバイルフィールドワーキングのためのフリーウェアをhttp://www.earth-walker.com/で配布中。

コメント

コメントの記入