濃縮還元オレンジニュース

Paul Graham氏のエッセイ翻訳「死なないために」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

この記事はPaul Graham氏がベンチャー向け投資会社「Y Combinator」のディナー会にて行ったトーク内容です。これから起業しようと頑張っている人に向けたもので,タイトルの「死ぬ」とはスタートアップに失敗して事業をあきらめることを表しています。成功するためにやるべきこととやるべきでないことを1つずつ挙げています。

やるべきことは「定期的に連絡をとること」で,成功しない会社のほとんどは連絡が途絶えてしまうことが共通点としてあるようです。また,やるべきでないことは「スタートアップ以外のほかのこと」とし,「○○をするけれども,スタートアップの仕事は続けていくつもりだ」と話す人は,無意識にスタートアップが失敗する理由をほかのことに転嫁しようとしている,と分析しています。

この話は経営者向けですが,技術者にも十分に当てはまる内容です。

URLhttp://www.aoky.net/articles/paul_graham/die.htm

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入