濃縮還元オレンジニュース

Ruby 1.9.0リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2007年12月26日,Ruby 1.9.0がリリースされました)。1.9.0の主な特徴は次の通りです。

  • YARVによる処理速度の向上
  • M17N(他言語化)のサポート
  • 軽量なスレッドを実現するFiberの導入
  • RubyGems,Rakeの標準付属

また,StringがEnumerableではなくなったり,$KCODEやjcode.rbが廃止されたりなど1.8系との互換性がなくなった部分もあります。変更点についてはリリース記事からリンクしているWiki(英語)に丁寧にまとめられています。

なお,当初は安定板の1.9.1をリリースする予定だったのが,都合上1.9.0になったようですので,業務での利用は控えたほうがよいでしょう。

また1.9.0のリリースに合わせて新しいリファレンスマニュアルもリリースしており,1.8.6用と1.9.0用が用意してあります。

注)
Ruby 1.9について詳しくは本誌連載「Ruby on Rails本格活用」(144ページ)をご覧ください。

URLhttp://www.ruby-lang.org/ja/news/2007/12/25/ruby-1-9-0-release/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

  • Re:

    M17N(他言語化)=多言語化?

    Commented : #1  通りすがり (2008/02/25, 23:10)

コメントの記入