濃縮還元オレンジニュース

Google Chromeリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2008年9月3日,GoogleはWebブラウザ「Google Chrome」をリリースしました。Safariと同じWebKitをベースにしており,オープンソースでコードも公開しています。現在はWindows版しか公開していませんが,今後MacやLinux版もリリースする予定です。

ほかのブラウザに比べて,各タブが別プロセスで動いていること,JavaScriptエンジン「V8」が非常に高速なこと,などの特徴があります。開発者にとってはgdbのようなCUIベースのJavaScriptデバッガもうれしい機能の1つです。

中でも最も注目されているのは「V8」でしょう。WebKitはJavaScriptエンジンを搭載していますが,Googleは独自に新たなJavaScriptエンジンを開発しました。ベンチマーク上では既存の各ブラウザに比べて圧倒的に高速に動作しています。しかしWebKitチームも既存のJavaScriptエンジンを進化させた「SquirrelFish Extreme」を発表しV8より高いパフォーマンスを見せています。

Mozillaの開発者チームもFirefox用に「TraceMonkey」という新JavaScriptエンジンを開発し,Internet Explorerもバージョン8をベータ公開して「アクセラレータ」など機能面での向上を図っています。今後もブラウザ競争は激しくなりそうです。

URLhttp://www.google.com/chrome/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入